成田空港の前泊にオススメのホテル

新東京国際空港、通称「成田空港」って、遠いですよね・・・

私たちは、海外旅行の際に成田空港から旅立つことが多いのですが、成田って結構遠いですよね。

このため、朝早い出発だったり、多少日にちに余裕があったりするときには、成田空港付近のホテルで前泊することがあります。

そのときにいつも利用するのが「成田東武ホテルエアポート」です。

今日はそのおすすめポイントについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

そもそも前泊するメリットは?

  • 朝早いフライト(午前便)の場合に便利!(真夜中に家を出て始発列車で・・・なんてことが不要に)
  • 成田まで遠い場所に住んでいる場合、特にお子さんやご年配の方は国内移動+フライトをぶっ続けでするととても疲れてしまうので、前泊すれば体を一旦休めることができる。
  • イオンモール成田で結構遊べる(成田東武ホテルエアポートの場合、送迎バスもでていました・・・今もそうなのかな?)

成田東武ホテルエアポートのおすすめポイント

その1:空港に激近っ!送迎バスでわずか10分!

ホテルのホームページにも「成田空港から一番近いホテル」と大きく書かれていますが、実際、このホテルは空港のほぼお隣りなのです。

ホテルから空港まではどこのホテルも無料の送迎バスが出ているのですが、あまり離れた場所のホテルですと”道が渋滞してどのくらいかかるかわからない・・・”という心配がでてきてしまいます。

でも、ここならそんな心配はご無用です。

以前、このホテルの空港側の部屋に宿泊したときは、夜の空港の様子が見られ、とっても綺麗でした!

その2:価格が安い!

実は、ここは高級ホテルでありません。よくあるビジネスホテルレベルです。でも部屋は思ったより広いんです。

こちらのホテルには東館と西館があるのですが、西館の方が新しくて広いです。

たとえば、一般的なツインルームの場合、東館が26平方メートル、西館が32平方メートルとなっています。

当然、値段も西館の方が高くなります。

予約時期(早割など)や部屋のレベルなどによっていろいろあると思いますが、私たちが夫婦二人で東館のツインに泊まったときは、1泊朝食付きで1万円程度でした。1人ではなくて2人の値段です。

素泊まりプランだったらもっと安くなると思いますが、ここの朝食は和洋食ビュッフェでそこそこ良いので、旅立つ前にしっかり和食で腹ごしらえするといいと思います!

スポンサーリンク

その3:スタッフがフレンドリーで親切!

ここは日本人はもちろん、諸外国の方もよく利用するようでとても活気があるホテルですが、フロントやスタッフの方々が親切なので助かります。

前回泊まったときは、持参したノートPCを部屋でインターネットをしたかったためLANケーブルを頼んだらすぐに持ってきてくれました。

この安さなのにこのおもてなし、さすが日本の玄関口にあるホテルだなって思います。

その4:車を格安で預かっておいてくれる!

実は、以前(平成25年3月まで)は、14日間は自家用車を無料で預かってくれたんです!

私たちがこのホテルを選んでいる大きな理由の一つがこれだったのですが、平成25年4月からは有料になってしまいました・・・。

それでもとても良心的な価格で、こんな感じです。

駐車場料金(平成25年4月1日より)
● 1泊~3泊まで1泊につき ¥300
● 4泊~7泊まで一律 ¥1,000
● 8泊以降1泊超過ごとに ¥300
(出典:成田東武ホテルエアポートホームページ)

普通に駐車場だけ借りても1週間で5千円程度はするので、これはかなりな特典だと思います。

ということで、実はほかの成田周辺ホテルには泊まったことがないので、比較はできないですが、私たちが気に入っているホテル、ということで紹介させていただきました。

前泊はもちろん、深夜到着便利用なら後泊にも利用できますね!機会があればぜひ便利にご活用くださいね。

成田東武ホテルエアポート

Narita_Tobu_Hotel_Airport


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ