ハワイの離島に滞在するなら知っておきたい3つのこと

ネイバーアイランド(離島)にも泊まってみたい♪と思った方へ

前回までマウイ島(ハワイのネイバーアイランドのひとつ)の魅力をダイジェストでお伝えしてまいりましたが、実際に“マウイ島に泊まってみたい”と思ってくれた方が一人でもいらっしゃるとすれば、パラ子はとてもうれしいです♪

また別の機会に、カウアイ島やハワイ島の魅力も書いてみたいと思っていますが、その前に、今日は離島滞在を希望される方に、ぜひ知っておいてほしいな!と思うことを3つお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

 

1.滞在するなら、離島→ホノルルコースがおすすめ!

離島の魅力は、なんと言っても自然や海の美しさ、そして地方特有の、の~んびりとした雰囲気です。

都会の喧騒から離れてリゾート気分を味わうなら、こんなにすてきなところはありません。

でも、ハワイに来たからには、やっぱりショッピングやグルメだって楽しみたい・・・というのが本音ですよね!

お買い物リゾートハワイなら、そんな欲張りなプランだってもちろんOK!

パラ子は、そのプランを狙うなら初めに離島に滞在してから、ホノルル(オアフ島)へ移動して宿泊するコースをおすすめします♪

というのも、ホノルル(オアフ島)は他のどの離島よりもお店の数も、グルメスポットも桁違いに多いので、最初に訪れた離島で買えなかったものや食べられなかったものを、後でホノルルでゲット!

というパターンが一番満足度が高いのでは?と思うんですよね。

これが逆のコース(ホノルル→離島)の場合は、ホノルルでゲットした戦利品(ブランド品&お土産)を、ヨイショ、ヨイショと離島までに持っていかなければなりません。これはかなり面倒ですよね。

また、ただでさえ偏西風の影響で行きより帰りの方がフライト時間が長いのに、これに離島→ホノルルの国内移動が加わるとさらに時間がかかってしまいます。

やっぱり離島へは、勢いのある(モチベーションが高い)行きのときに一気に移動しちゃった方がラクなのでは?と私は思います。

2.離島からホノルルに移動してガッカリすることって?

これは私の経験上ですが、同じ予算でホテルを選んだ場合、ホノルルより離島の方が、広くていいホテルに泊まれることが多かったです。

部屋自体も離島の方が広いことが多かったですが、部屋の広さがあまり変わらなくても、付帯する施設は格段に離島の方が充実していました。

ツアーの場合は、離島とホノルルのホテルが同等クラスになるよう設定されている場合も多いようですが、個人手配の場合に離島とホノルルのホテルを同じ予算で選んでしまうと、ホノルルのホテルに着いたときに

「なにこの部屋、狭いっ!」

とガッカリしてしまう可能性が・・・。

この“ガッカリ感”を防ぐためには、ホノルルのホテル予算を少し多めにした方がいいと思います。

あとは、部屋の広さや付帯施設をしっかり確認しながら選ぶといいかも知れませんね。

だって、折角ホノルルまで来て、ガッカリするのはイヤじゃないですか・・・と、これは実は以前、そんなガッカリ体験をしたことがあるパラ子の反省点なのでした。

スポンサーリンク

3.泳ぐなら離島がおすすめ!

こんなことを書くとワイキキビーチが好きな方に怒られちゃいそうですが、パラ子の中ではワイキキビーチは「眺める場所」であって「泳ぎたい場所」ではないんです。

確かにその辺の日本の海(ってどこ?)と比べたら格段にきれいですが、なにしろいつも混んでいます。

カラカウア大通りというメインストリートの真横なので人通りも車通りも一番多い場所ですので(東京で言えば環八沿いにあるビーチみたいなイメージ?)、なんだろう、解放感・リゾート感もいまひとつという気がして・・・。

ダイヤモンドヘッドもよく見えるし、景色はとってもきれいです。

日光浴とか、夕暮れどきに黄昏れる、というのにはとってもすてきな場所なので、やっぱり私にとっては「眺める場所」なんですよね。

一方離島の場合、ビーチフロントのホテルやコンドミニアムが数多くあります。

そして、どこもあまり混んでいませんので、シーズンオフの平日ならほとんど独占!なんてこともあり得ます。

ということで、もしハワイで泳ぐ計画があるなら、離島のビーチがおすすめです!

そうは言っても「ワイキキで泳いだ」という実績もほしいですよね。だから経験として一度は泳いでみてもいいかもしれません。

WAIKIKI BEACH
ワイキキビーチ

実はパラ子も初めてハワイを訪れたときに一度だけワイキキで泳ぎましたー(笑)


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ