スパムメールの語源は、あの「SPAM」だった!

スパムメール・・・ほんとにイヤですよね。

頼んでもないのに勝手に送られてくる迷惑メール、通称「スパムメール」。

日本だけなく海外からもきていたりしますよね。届くとイラッとするだけでなく、中にはウイルスが仕込まれている悪質なものもあり、本当に腹立たしい限りです。

ところで、このスパムメールの「スパム」の語源をご存じですか?

スポンサーリンク

 

え?あのSPAMが語源なの?

ハワイに行ったことのある方なら、ABCストアなどで一度は目にしたことがあるのが、ハワイで人気のファストフードのひとつ「スパムむすび(Spam musubi)」ではないでしょうか。

ハワイ人がこよなく愛するランチョンミート「スパム」が、四角く握られたご飯の上に海苔で巻かれています。

日本のたまご焼きの握りずしを巨大にしたようなその風貌は、日本人なら親しみやすさを覚えてしまいますよね。

spam_musubi

そして、ハワイのスーパーではこーんなにたくさんのスパムが売られていたりします。どれだけスパム好きなの~?笑

spam

 でも実は、スパムメールの語源はこの「SPAM」だったってご存じでしたか?

ところで、なんでスパムなの?

スパムメールの「スパム」が缶詰の「スパム」に由来する理由はイギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」のコメディ番組にあるそうです。

モンティ・パイソンによるコメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」に「スパム」というコント(sketch)があり、『豚肉と煮豆とスパム』、『卵とソーセージとスパム』、果ては『スパムとスパムとスパムと・・・(執拗に繰り返し)・・・とスパム』といった具合にメニューがスパムだらけで、ウェイトレスがメニューでスパムを連呼する度に他の客(なぜかバイキング)がスパムスパム・・・・・・という歌を歌い出し、番組自体さえスパムだらけになるというものであった。これが、迷惑行為を指すスパムの始源とされている。

出典:wikipedia

なるほど、わかったようなわからないような・・・
その番組自体を見れば「うん、納得!」となるのでしょうね。

・・・ということで、YouTubeでそのシーンを見つけました!なるほど「スパム、スパム」叫んでます。

おまけ

スパムのホームページ(日本語)がちょっと面白かった!
レシピもたくさん載っているから、今日からスパムをもっと楽しめそうですね。
(スパム!スパム!叫びたくなっちゃうかも?笑)

SPAM®(スパム)のウェブサイト(日本語)≫


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ