スーツケースの選び方 <軽さ・素材・サイズ・TSAロック>

スーツケースをはじめて買ってみるという方へ

前回は、スーツケースを買うべきか?借りるべきか?という話と、レンタルショップの選び方をまとめてみましたが、やっぱりスーツケースは自分で買ったものを使いたい、という方もいらっしゃることと思います。

でも、はじめてスーツケースを買う場合

「いったい何に注意してどう選んだらいいの?」

と、悩んでしまうのでは?

そこで、今回はスーツケースをはじめて買う方の参考になりそうな情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

え?スーツケースは消耗品!?

ちょっと意外かもしれませんが、パラ子はスーツケースは消耗品だと思っています。

前にも書きましたが、空港での航空会社のスーツケースの扱いはきわめて雑です。

搭乗客に見えていないのをいいことにボンボン放り投げます。

だから、よく海外セレブが持っているような高級ブランドのスーツケースを除けば、修理や手入れをしながらひとつのスーツケースをずーっと使い続ける人は少ないと思います。

それよりも、消耗品と割り切って

「ほどほどの値段の、ほどほどのレベルの物を買って、何度か使用して壊れたら(壊されたら?)買い替えよう!」

くらいの気持ちで選んでみてはどうでしょうか。

女性には「軽さ」も大事なポイントです

私は今のスーツケースを3年ほど前に買いましたが、そのときに特に注意してチェックしていたのが重さです。

エコノミークラスのホノルル便の場合、多くの航空会社では無料で預けられる荷物(スーツケースなどの受託手荷物)の重量制限は1個あたり23kg×2個までとなっています。

もし仮に、スーツケース自体の重さが8kgであるとすれば、中身は15kgまでしか入れられませんが、5kgのスーツケースであれば、中身は18kg入れられます。

なにしろお買い物天国ハワイに行って、マカデミアナッツチョコ、パンケーキミックス、スパム缶詰、ジョンマスターオーガニックのシャンプーetc なんて買っていると、あっという間に重くなっちゃいますからねぇ!笑

しかも、万が一重量が超過した場合、けっこう追加料金をとられるってご存じでしたか?

たとえばJAL(ハワイ便)の場合、23~32kgが6,000円、32~45kgの場合なんと45,000円!!! ←いいスーツケースがもう1個買えちゃう!

最近はポリカーボネート製(強度のあるプラスチック)のものも増えていて、これはとっても軽い素材なので、特に女性には取り回しがしやすくておすすめです。

ちなみに大きさにも制限があって、これは航空会社によって異なりますので、各航空会社のWebサイトなどで確認してみてくださいね。

サイズの目安は?

スーツケースのサイズの目安は、そのショップサイトに宿泊日数別に書いてあることが多いですが、これに加えて現地で何をするか?女性か男性か?によってもだいぶ変わってくると思うので、それも考慮して選んだ方がいいと思います。

私たちの場合、ハワイやグアムへ行くときは「シュノーケルセット一式」を持っていくため、これがかなりかさばるんですよね・・・

でも、特に特別な道具を持っていかない女性であれば、ハワイへ1週間程度の日程なら、荷物が少なめな方で高さが60cm程度のもの、荷物量が普通~やや多めの方で高さが70cm程度のものが適当かと思われます。

ちなみに私が持っているスーツケースは高さが72cmのもので、大きすぎないので取り回しもしやすく、1週間程度の旅行にピッタリな大きさでした。

と言っても、行きは半分がほぼカラだったにもかかわらず、帰りはお土産分がちょっとあぶれて手荷物行きになりましたが。笑

スポンサーリンク

TSAロックとは?

スーツケースを探し始めると「TSAロック採用!」と書いてある商品が目に留まると思います。

私はこのTSAロック付きのスーツケースをおすすめします。

もちろん、私自身もTSAロック付きのスーツケースです!

ハワイやグアムを含むアメリカ圏では、荷物の検査で不審物があるとTSA(米国連邦航空省運輸保安局)の職員が荷物を開けて中を確認します。

このため、空港で荷物(スーツケース)を預ける場合、施錠せずに開錠した状態で預けなければならない決まりがあるのです。

でも「TSAロック」であれば、TSA職員が特殊なカギで開錠できるので、施錠して預けてもOKなのです。

貴重品は手荷物に入れているとは言え、施錠したほうがやっぱりちょっと安心ですよね。

ファスナー式?フレームタイプ?

軽さを追求しているためか、最近よく見かけるのがファスナー開閉式のスーツケースです。

国内出張などに利用するキャリーバックにもよく採用されていますよね!

でも、一説によるとこのファスナー式はカッター等で簡単に切ることができるのでセキュリティー面から考えるとあまりおすすめできないそうです。

まぁ、そうは言ってもスーツケースごと盗まれたらおしまいですし、本気で盗む気ならフレームタイプでもバールのようなものでこじ開けられてしまうでしょうし・・・

ということで、フレームタイプの方がセキュリティ上良さそうですが、最終的にはデザインの好みで選んでもいいかも知れませんね。

また、素材も大きく分けるとポリカーボネートなどの「ハードタイプ」と、ナイロンや革などの「ソフトタイプ」があります。

空港でよく見ると気付くのですが、欧米人はナイロン製などの「ソフトタイプ」のスーツケースを持っている人が圧倒的に多いです。

一方、日本人は圧倒的に「ハードタイプ」を持つ人が多いため、治安の良くないところでは「ハードタイプ=日本人の荷物」と思われて狙われる、という話もきいたことがあります。

でもね、これも好みでいいと思うのです。

私は南国のスコールにぬれても大丈夫なハードタイプです。
※こちらのお店で買いました(送料無料でした)≫

さて、少しはスーツケース購入の目安になりましたでしょうか?

新しいピカピカのスーツケースで出発すると、ホントにウキウキしちゃいます。

ぜひ、楽しい旅行をどうぞ!!

フライトスケジュール


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ