お酒好きにおすすめ!ハワイで人気の「BYOB」レストラン

どうして?レストランなのにお酒のメニューがない!

心地よい潮風に吹かれて開放的な気分を楽しむハワイアンナイト。

でもせっかく入ったレストランのメニューはソフトドリンクばかりでアルコールがまったくない!

いったいどうして!?

スポンサーリンク

 

それはもしかしたら「BYOB」のお店だからかも?

皆さんは「BYOB」というコトバを聞いたことはありますか?

英語で”Bring your own bottle”  (または、Bring your own booze)の略で、

「自分のお酒は自分で持ってきてね」

という意味となります。

つまりアルコールの持ち込みがOKの店ということなんです!

ここまで読んで目がキラーン!とされた方、きっと酒豪ですネ!笑

BYOB対応のお店の入り口には、きっとこんな感じの表示がされているはずです。

byob

なんでもアメリカではアルコールを提供するライセンスを取得するのがとても難しく、またお金もかかるため、ハワイにもBYOBのシステムを取り入れたお店がそこそこあります。

パラ子は以前、海外のレストランで食事をしたときに、会計時の金額を見てかなり慌てた経験があります。

なんと食事代よりも、食前に飲んだシャンペンの値段の方が高かったんです!

シャンペンの値段も見ずに(そもそも書いてあったのかな?)頼んだ私がいけなかったのですが・・・。

これは極端な例ですが、お酒をたくさん召し上がる方にとって、レストランでのお酒代ってバカにならないですよねぇ・・・

でも、BYOB対応のレストランなら、近くのABCストアやスーパーマーケットで、好きなビールやワインなどを買って持ち込めばいいので、とっても安上がり!

その分、食事代にお金をかけられるから、とってもリーズナブルで満足度の高いディナータイムを楽しめますよ!

スポンサーリンク

 BYOBのお店を探そう!

先ほども書いたとおり、BYOBのお店の入り口にはそれとわかる表示がされていますが、やっぱり調べてから行きたいですよね!

そんなときは、日本の「食べログ」のようなアメリカの口コミサイト「yelp」がおすすめです。

下記リンクはyelpでワイキキ周辺のBYOB対応のお店に絞ったページです。

スシバーやキムカツ(ミルフィーユかつの店)などの日本食のお店もあるので、楽しみながら探してみてくださいね!

※ワイキキ周辺のBYOBのお店(yelp)»

参考情報!

こちらは、セーフウェイで売られていたハワイのラガービール(ロングボードアイランドビール)です。

6本入りで、たったの9.9ドル!つまり、1本 $1.7くらいで買えちゃうのです♪

日本よりもはるかに物価が高いハワイで、貴重な「日本よりも安いもの」それがビールなんです。

さぁ、左党のみなさま、さっそくBYOBのお店を探しましょう~

・・・でも、くれぐれも飲み過ぎにご注意を!

ロングボードアイランドビール

※ハワイの便利で安いスーパー「セーフウェイ」の行き方はこちらをご覧ください。


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ