これは要らない!ハワイ旅行で使わないもの・不要なもの

さぁ、海外旅行グッズを買わなきゃ!・・・でも

ハワイやその他の海外への旅行が決まったら、揃えたくなるのがさまざま海外旅行用グッズですよね!

旅行関連のネットショップを眺めているだけで、つい、あれもこれも欲しくなってしまいます。

でも、ちょっと待って!

それはもしかしたら、実際は使わないものかも知れませんよ!

スポンサーリンク

 

パラ子が選ぶ、海外旅行で使えないもの・要らないものとは?

私がこれまでの海外旅行で

「これは要らないな~」

と思ったものや、旅行先でそのアイテムを持っている人を見て

「それはNGでしょ~」

と思ったものがいくつかありました。

× 要らないものの筆頭!「パスポートカバー」

海外旅行になくてはならないものと言えば、まずはパスポートですよね。

5年用、10年用、どちらにしてもけっこう長いこと使うので、大切にしたい気持ちはわかります。

でもね、こういうブックカバータイプのパスポートカバーは買わない方がいいんです。

passportcover

なぜかと言うと、出入国審査の際、パスポートカバーの類は必ず外さなければならないからです。

もし買うとすれば、こういったパスポートや航空チケットなどを入れられるポーチのようなタイプが便利です。

私もそういうタイプの方を愛用しております!

× キケンな透明バッグや閉まらないバッグ

日本は本当に治安のいい国だと思います。

なので、ずーっと日本で暮らしていると、つい海外は日本ほど治安が良くない、ということを忘れてしまいます。

常夏の楽園ハワイだって、こちらの記事でご紹介したように、実は危険がいっぱいなんです。

自分の身を守るのは自分です。

だからこそ、犯罪者にスキを見せるような(見せてるつもりはなくても)持ち物はNGなんです。

たとえば、日本ではたまに見かけるPVC素材(ポリ塩化ビニル)のバッグも危険です。

see-throughbag

これではまるで

私はお財布とスマホを持っています!と犯罪者にPRして歩いているようなもの

です。

もしシースルーバッグを使うなら、内袋やバッグインバッグの併用をおすすめします。

また、大きくてなんでも入るトートバッグ。とっても便利ですよね。

でも、もし口がオープンになっているタイプだとすれば、それもとっても危険です。

横から手を入れて、中身を簡単に持ち去られてしまうからです。

トートバッグに限らず口が開いたバッグを使うなら、やっぱりこういったファスナー付きのバッグインバッグがあると安心ですね。

× 気合いの入りすぎた高価な貴金属類

せっかくのハワイなんだから、オシャレをして歩きたい・・・その気持ちはよーくわかります。

でも、高価なネックレスや時計や指輪なども、海外旅行にはなるべく持っていかない方がいいと私は思います。

理由はもうお察しかもしれませんが、貴金属をたくさん身に着けてキンキンキラキラで歩いていると「私はお金持ちです」と宣伝して歩いているようなものになってしまいますので。

もちろん、芸能人とかセレブは別ですよ!

一般の人は、万が一無くしたりあるいは盗まれたりしても、絶望的にな気持ちにならないくらいの、気軽な「アクセセリー」くらいにとどめておくのが無難です。

necklace

女性はもちろん、男性の高価な時計もそうです。

日本で普段使っている高価な腕時計には日本でお留守番をしてもらい、旅行用にはカジュアルな時計をひとつ用意するのがベストです。

ハワイなら防水タイプがあるといいかもしれませんね!

スポンサーリンク

 その他の不要な物はこちらです

トラベラーズチェック

トラベラーズチェック(T/C)とは旅行小切手のことで、旅先で支払いを行う場合にサインをすることでお金と同様に使えます。

銀行などで現金より有利な為替レートで購入できるうえ、現金より安全ということで、以前は旅行者に結構人気がありました。

が、トラベラーズチェックの販売は平成24年3月をもって終了となっています。

クレジットカードが普及したので需要がなくなったためと言われています。

実は、何年か前の旅行の際に、使い残しの50ドル分のT/Cがひょっこり出てきました。

ハワイでこれまだ使えるかな~と思ってロングズドラッグスで提示したところ、やっぱりいまさらそんなもの使う人はいないようで、でレジ係の人がちょっとあわてていました。

最終的には、店長っぽい人に確認してくれて、ちゃんと使えたのですが、やっぱりもうレア物みたいなので、手元に残している人は早めに使った方が良さそうですよ!

ヘアドライヤー

女性がハワイに持って行った方がいいのかな?

と考える電気製品のひとつがヘアドライヤーですよね。

でも、日本と同様ドライヤーはホテルに備え付けのところが多いです。

備えていない場合でもフロントに言えば貸してくれるので、日本からわざわざ持っていく必要はありません。

というより、日本のヘアドライヤーはハワイの電圧(110~120V)に対応していないものが多いのです。

乾かすだけのドライヤーではなく、特殊なドライヤー(カールドライヤー)やヘアアイロンを持ち込みたい人は、ハワイの電圧(110~120V)に対応しているか確認してみてくださいね。

※ハワイの電圧についてはこちらの記事もご参照ください»

変圧器(トランス)

繰り返しになりますが、日本の電圧が100Vであるのに対し、ハワイは110~120Vと若干高めです。

なので、日本仕様の家電をハワイで使う場合は変圧器が必要となりますが、これまで私は一度も使ったことはありません。

というのも、そもそもハワイでは日本の電源プラグでそのまま挿し込めますし、そしてiPhoneやパソコンの充電器は海外でも使えるユニバーサル対応なのでそのまま使えますし、ドライヤーは宿泊先で借ります。

ヒデキは電気シェーバーではなく、カミソリ派なので電源は不要だし・・・そうなると、その他の家電製品はほぼ持っていかないので、変圧器も不要なんです。

もちろん、何か特別な家電製品を持ち込む方は、電源が110V以上に対応していないなら変圧器が必要となりますのでご用意くださいね。

慌てて変圧器を買う前に、「本当に自分は何か家電製品を持ち込む必要があるか?」を冷静に考えてみるといいと思います。

いかがでしたでしょうか?次のハワイ旅行の参考にしていただけたらとても嬉しいです♥

なおハワイに持って行ってよかったものもご紹介しているので併せてご覧くださいね。


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ