エスタ(ESTA)からメールが届いたら、どうすればいい?

なんか怪しい英語のメール!と思ったらESTAからだった・・・

ある日パラ子あてに、発信元が海外かららしきメールが届きました。

なにしろ、海外にあまり知り合いが多くないパラ子なので、海外からメールがくると、まずスパムを疑ってしまいます。

しかもタイトルが「ESTA Expiration Warning」なんてなっていたものですから、ますます怪しい・・・と思ってしましたが、メールを恐る恐る開いて内容を確認したら、本物のESTA(エスタ)からでした。

ということで、ESTAからある日突然メールが届いたとき、パラ子と同じようにみなさんが悩まないように、このメールの意味と、届いたらどうしたらいいのか?についてご案内します。

スポンサーリンク

 

そもそもESTA(エスタ)ってなんだっけ?

ESTAとはアメリカにビザ(査証)がなくても入国できる「ビザ免除プログラム用の電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)」のことです。

ビザ無しで90日以内の旅行およびビジネスで米国に入国する人は、14ドル支払ってインターネットから取得する必要があるのですが、この有効期限が2年またはパスポートの有効期限までとなっています。

今回のパラ子の場合、パスポートの有効期限が近づいていたため、ご親切にもESTAさんはわざわざメールでそれを知らせてくれた・・・ということだったのです。

ESTAから届いたメールの内容と日本語訳

では、さっそくESTAから届いたメールの原文と、その日本語訳をご案内しますね。

<ESTAからのメール原文>

ESTA Expiration Warning   <no-reply@cbp.dhs.gov>

ATTENTION!
The travel authorization submitted on August 9, 2014 via ESTA will expire within the next 30 days.
It is not possible to extend or renew a current ESTA travel authorization.
You will need to apply for a new ESTA travel authorization.
Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if travel to the United States is intended in the near future.
If there are 30 or more days left on the old authorization you will receive a warning message during the application and be asked if you wish to proceed.

E-mail Security: If you are concerned about clicking the above link, ESTA can be accessed by typing https://esta.cbp.dhs.gov in the address bar of your browser.

そしてこちらが日本語訳となります。わかりやすいように多少意訳しました。

<ESTAからのメール日本語訳>

エスタ期限失効の予告  <no-reply@cbp.dhs.gov>

お知らせします!
ESTAにて2014年8月9日に提示された旅行認可は30日以内に終了します。

現在のESTAの旅行認可は延長または更新することができません。
あなたは、新しいESTAの旅行認可を申し込む必要があります。

アメリカ合衆国への旅行を近々考えているなら、https://esta.cbp.dhs.govで再度ESTAの申請をしてください。

仮に前のESTAの認可が30日以上残っている場合は、新しいESTAの申請中に警告メッセージが出て、申請を続けるかどうか尋ねられます。

e-mailのセキュリティ:もしあなたが上記のリンクをクリックすることが心配なら、あなたのブラウザーのアドレス・バーでhttps://esta.cbp.dhs.govを入力することによりESTAにアクセスできます。

スポンサーリンク

このメールが届いたら、結局どうすればいいのか?

メールの内容を簡潔に言うと、

“ESTAの期限がもうすぐ切れるので、近々アメリカに行く予定があるなら新たに申請してね。”

ということになります。

つまり、近いうちにアメリカ(ハワイ含む)に行く予定がある方は、新たにESTAを申請する必要があり、今のところ予定がなければ、必要な時期にあらためて申請すればOKということになります。

私の場合は、もうすぐまたハワイに行くことになったのであらためて申請を行いました。

でも、特に2回目だからといって1回目と違うことは何もありません。もちろん、料金の優遇もありません・・・。
フツーにはじめから申請をすればOKです。

そうそう!

最近、ESTAの公式サイトを装った代行サービスのサイトやフィッシングサイトが横行しているようなので、公式サイトと間違えて申請をして、法外な手数料を取られないようにご注意を!

ESTAの申請方法や、このあたりの怪しいサイトの情報は、»ハワイに行くなら、自分でエスタ(ESTA)の申請をしよう!の記事を参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ