ハワイの時差と時差ボケ予防法&解消法!

ハワイと日本 の時差はどのくらいあるの?

ハワイに行った人からよく聞く感想のひとつに

「ハワイは楽しかったけど、時差がね・・・

というものがありますよね。

実は、ハワイと日本の時差は19時間。

日本の方が、ハワイより19時間進んでいるのですが、これは体感的に5時間分の差があり、この時差がもどかしいことも少なくありません。

たとえば、ハワイが朝8時だとしたら、日本ではまだ夜中3時ということになるので、迂闊にメールや電話はできないですよね。

また、日本から旅立った7時間半後に、スパッと体内時計を切り替えて現地時刻で活動するのが大変・・・ということも多々あります。

ということで、本日はハワイと日本の時差について、そして時差ボケにならないための予防法と解消法についてご案内します。

スポンサーリンク

 

ハワイの現在時刻は?

日本とハワイの現在時刻はこちらのとおりです。

※ネット環境につながっていないと更新されません。

現在時刻早見表

ハワイと日本の現在時刻

※画像クリックで拡大します

先ほども書いたとおり、日本はハワイより19時間先を行っています。

ただ、+19の計算は結構めんどうなので、私はこう考えるようにしています。

ハワイは日本より5時間進んでいる、ただし一日前だけどネ!

これが、イチバン簡単なイメージ方法です♪

そもそも、時差ボケって何?

なんとかお休みを取って憧れのハワイに来たものの、時差のせいで

「日中、眠くて観光する気になれない。だるい。」
「胃腸の調子が悪くて食欲がまったくわかない。」
「夜なのに眠れない。」

という旅行者の残念な話もチラホラ聞きます。

時差ボケとは、数時間以上の時差がある地域間を飛行機などで短時間で移動した際に起こる、心身の不調状態を指します。

英語ではjet (ジェット機)lag(ずれ。タイムラグとかの”ラグ”です)と言い、まさにジェット機による”時間のずれ”というような意味になっています。

Wikipediaによると、

人間の身体は外的刺激(光の明暗、社会的な刺激)により生活リズムを刻んでいるが、旅行・出張などによる長距離移動を短時間に行った際、周囲で発生している外因性リズムと身体に刻まれている生活リズム(内因性リズム)に同期のずれが生じる。この同期のずれが修正されるまでの期間、身体に発生する不調状態を総じて「時差ぼけ」と呼ぶ。

とのことです。

時差ボケは普段から規則正しい生活をしている人こそ気をつけたほうが良さそうですね。

時差ボケ予防は、出発前からはじめよう!

時差ボケになる原因のひとつとして、睡眠不足があります。

出発前は、家事や仕事を片付けておかなきゃ!

などと何かと忙しくなることが多いですが、しっかり睡眠時間を確保できるようにしましょう。

また、もし可能なら、数日前から渡航先の生活時間に近づけられるような生活をするのも効果があります。

ハワイの場合、体感的に日本より5時間先を行っていますので、ハワイ時間に合わせていつもより数時間早起きをして、

数時間早めに寝る、というような生活スタイルにしておくと、ハワイに着いたときに少し楽に過ごせます。

フライト中の過ごし方も大切だった!

ハワイまでの行きのフライト時間はおよそ6.5~7時間です。

さぁ、これからハワイだ♪

と思うと気持ちが高ぶってなかなかリラックスできなかったりしますが、機内食を食べたあとは、できれば映画などは見ずに仮眠をとることをおすすめします。

ハワイ便の場合、現地に早朝から午前中に到着する場合が多いのですが、睡眠不足のまま朝から一日を始めることくらい辛いことはないですよね。

体を休めて、睡眠時間を確保することで、初日の長い一日を乗り切ることができるようになります。

私は、機内でしっかり仮眠をとるために、毎回「U字型ピロー」「アイマスク」「耳栓」(勝手に”エコノミークラス三種の神器”と呼んでいます)を必ず持参しています。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

また、飛行機に乗ったら、腕時計は早々にハワイ時間に合わせましょう。

意識の部分からハワイモードにすることにより、少しずつ体も慣らしていくことができます。

なるべく「日本は今、何時かな?」なんて考えないように、心はもうハワイで!笑

現地での過ごし方

現地に着いたら、まずは太陽の光を浴びましょう

前述のとおり、ハワイには午前中に着くことが多いので、気持ちのいい朝日を浴びることができます。

暗い飛行機から出て、太陽光を浴びることで、体内時計が

「おっ、朝が来たんだな!」

と認識するのです。

たとえそれが本当は日本時間で夜中の1時、2時であっても「今は、朝なんだ」と体に思わせることが大切なんです。

そして、ハワイに着いたら、たとえ眠くてもとりあえずは現地時間で行動するようにします。

私の場合、単純な性格なので、ショッピングや観光をしている間に、すっかり初日からハワイ時間に馴染んでしまいます。

でも、日中にどうしても眠くなってしまったら、そこは我慢せずに1時間程度仮眠をとると良いそうです。

ただし、寝過ぎは禁物です。

昼間に寝過ぎると、夜になっても眠れずに、そのまま時差ボケモードに突入してしまいますので・・・!

スポンサーリンク

初日の夜は早めに寝よう

ハワイ初日は、嬉しくて♪楽しくて♪ついつい夜まで遊びまわって夜更かしをしてしまいがちですが、それは2日目以降のお楽しみにとっておいて、初日の夜はなるべく早めに寝ることをおすすめします。

どんなに目と頭が冴えていても、長距離移動と睡眠不足、加えて慣れない土地にいることで、身体は思ったより疲労しているからです。

しっかり睡眠をとって疲れをリセットすることで、身体のコンディションが整い、翌日からのハワイ生活をよりアクティブに過ごせるようになるはずです!

そして、朝起きたらシャワーを浴びるのもおすすめです。

朝のシャワーには交感神経のスイッチをONにする働きがあるため、スッキリ目覚められますよ!

そして、ハワイの眩しい朝日を浴びて「う~~ん!」と腕を大きく広げてストレッチ。

これでその日のスタートはパーフェクトです♪

ビーチの近くのホテルなら、海辺を軽くお散歩してみることもおすすめですよ。

帰国に向けてすること、帰国後の過ごし方

すっかりハワイ時間に慣れた身体を日本時間に戻すこと、これが帰国に向けた準備です。

基本的には行きのフライトでやったこと逆のことをはればいいので、まずは時計を日本時間に戻します(私はこの瞬間がいつもすごく寂しいです)。

そして、帰りの機内での睡眠時間は日本時間の何時に帰国になるか?によって調整するようにします。

  • 日本に「朝」到着する場合 ・・・ 一日を過ごせるよう、機内でしっかり睡眠をとっておきましょう。
  • 日本に「昼」到着する場合 ・・・ あと半日を過ごせる程度の仮眠をとっておきましょう。
  • 日本に「夜」到着する場合 ・・・ 間もなく寝なければならないので、仮眠を取り過ぎないようにしましょう。

私の場合、帰国の翌日にもう一日だけ休みを取って、日本時間に身体を戻すために使っています。

日本時間に合わせてがんばって起床をして、片付けやおみやげの整理などをしながら、眠ければ少しだけ昼寝をして、生活リズムを取り戻しています。

なかなか長く会社を休めない、という方も多いと思いますが、この一日があるだけで帰国後1週間のコンディションがぜんぜん変わってくるので、旅行日程プラス一日の休みをなんとか確保してみてくださいね。

それでも、どうしても時差ボケが解消しない、という方は早めにお医者さんに相談してください。

特に年配の方は時差ボケになりやすく治りにくいという傾向があるようですので、くれぐれも無理をされないようにご注意ください。

ぜひ、19時間の時差に負けない楽しいハワイ旅行をどうぞ~♥

時差ボケ


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ