ハワイの「アイランドスリッパ」は、高いのになぜ人気?

歩きまわっても疲れないサンダルが欲しい・・・!

青空の下、ワイキキのカラカウア通りを散策していると、パラ子はふと気づきました。

行き交う人たちの足元が、ほぼビーチサンダルだということに・・・。

ビーチサンダル

その日、パラ子はあちこち歩きまわるからと、ソックス+ローカットスニーカーというスタイルだったのですが、このチョイスはワイキキでは、だいぶレアでしたね・・・。

だから、その時に思いました。

“歩きまわっても疲れないビーサンが欲しい!”

と。

そこで思い出したのが、以前日本のTV番組で見て以来ずっと気になっていたアイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER)というハワイ発のサンダルブランドでした。

今回は、ちょっと価格は高めだけれど、今、ハワイでとても人気があるビーチサンダルの老舗ブランドアイランドスリッパをご紹介します。

スポンサーリンク

アイランドスリッパとは?

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER)は、1946年の創業のハワイの老舗サンダルブランドです。

ハワイへ移住した日本人の本永瀧蔵(モトナガ・タキゾウ)氏がサンダル原型を作り、息子のエドワード・モトナガ氏によって設立されました。

創業以来、「デザインから製造まですべてハワイで行うリゾートサンダルメーカー」という理念のもと、製品はすべてMade in Hawaiiなんです。

サンダルの仕上げは熟練した職人による「ハンドメイド」にこだわり、それが履き心地の良さとなって製品に反映され、現在は世界中の人から愛されるサンダルとなっています。

アイランドスリッパのハワイの店舗

アイランドスリッパの店舗の中でもワイキキ滞在者が一番行きやすいのは、ロイヤルハワイアンセンター(3F)にある店舗です。

アイランドスリッパ店舗

 

そして・・・!
2015年11月にはアラモアナセンターのエヴァ・ウィング(2F)にも新店舗がオープン!

アイランドスリッパ アラモアナ

アイランドスリッパが、ますます身近になりました。

どんなビーチサンダルがあるの?

アイランドスリッパには、レディースとメンズどちらも揃っています。

写真はロイヤルハワイアンショッピングセンターの店舗ですが、このとおり、ビーチサンダルのほかに、帽子やバッグなど、センスの良い小物もステキにディスプレイされています。

アイランドスリッパ店内

 

こちらはレディースコーナーです。
トング式のサンダルのほか、普通のサンダル(鼻緒がないもの)もありました。

アイランドスリッパ

 

メンズについては、ほとんどがトング式で、普通のサンダルは2種類くらいしかありませんでした。

また、メンズは全般的に横幅が狭いデザインが多いようで、夫のヒデキがいくつか試着していましたが、キツイということで泣く泣く諦めてしまいました。

デザインが気に入って即買いするのではなく、しっかりフィット感を確かめて購入するのが、やっぱり大切ですね。

パラ子はこのサンダルを買いました♪

はじめはトング式にしようかな~?とも思っていましたが、履き心地とデザインで選んだのが、こちらの鼻緒のないタイプのサンダルです。

花が付いている部分のバンドが伸縮性のある素材なので、足の甲に気持よくフィットするんです。

アイランドスリッパのサンダ

 

このサンダルでワイキキ中を歩きまわりましたが、クッション性が良いためかぜんぜん足が痛くなりませんでした。

アイランドスリッパの人気のヒミツはやっぱりこの「履き心地の良さ」にあるんだなぁと実感。

 

価格は定価で$79.95でしたが、これが、JALでハワイに行く場合に申請するともらえるJALOALO(ジャロアロ)カードの当時の特典で10% OFFとなり、税込で$75.35で買えました!

※JALOALOカードの特典は時期により異なります。

10%OFFとなっても、当時の為替レートで換算すれば日本円で1万円近い値段で、サンダルとしては決して安いとは言えません。

それでもこの履き心地なら、その価値は十分にあると思って満足しています。

みなさまも、そんな納得の一足をアイランドスリッパで見つけてみてくださいね♪

 

そして、ハワイに行くまで待てない、今すぐ欲しい、という方!

楽天市場でも買えるようです。

でもハワイで購入するよりやっぱりちょーっとお高めのようですが。

 

アイランド・ソール(island sole)もおすすめ

アイランド・ソールは、オアフ島に6店舗を展開するサンダルとシューズ専門店です。

アイランドソール

 

セレブにも人気のヨガマット素材を使用した「サヌーク(Sanuk)」や「オルカイ(Olukai)」など、いくつかの人気ブランドのサンダルを取り扱っています。

さきほどアイランドスリッパのサンダルは幅が狭くてきついと言って選べなかったヒデキが買ったのが、実はアイランドソールで見つけたアメリカ西海岸のサーフブランド「REEF(リーフ)」のサンダルなんです。

reef缶切りサンダル

 

とっても軽くてラク、というこのサンダル、実はソール(サンダルの裏)にこんなヒミツがありました。

ソール

なんと栓抜き付きなんです!笑

サーファーたちがビッグウェーブに乗った後、アイランドラガーをゴクリ、という時に使うのかな?笑

まぁ、ハワイではビーチでお酒は禁止なのですが・・・。

 

アイランド・ソールはホノルルにいくつかの店舗があります。

中でも私たちが行ったカラカウア通りに面したアウトリガーワイキキ店や、アラモアナセンター店はワイキキ滞在者に行きやすい店舗です。

※アイランド・ソール公式ページはこちら(英語)»

ぜひワイキキに似合う、あなた好みのすてきなフットウェアを見つけてくださいね!

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ