日帰りで楽しむ、アウラニ・ディズニー・リゾート! in ハワイ

アウラニ、そこは完璧なビーチリゾートだった!

ハワイ オアフ島の西、コオリナにある「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」は、ディズニーが運営するリゾートホテルです。

ディズニーファンなら、いえ、ディズニーファンならずとも一度は泊まってみたい、と思うみんなの憧れのリゾートホテルですよね。

本当は何日か滞在できればそれに越したことはないのですが、ワイキキ方面から日帰りで訪れたビジターでも、実は十分に楽しむことができるんです!

ということで、今回は私たちが実際に行ったルートをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

ワイキキからコオリナまではどうやって行くの?

ワイキキからアウラニディズニーリゾートのあるコオリナまでは、レンタカーがあればイチバン便利ですが、レンタカーがなくても大丈夫!

オプショナルツアーでワイキキから、コオリナまでの送迎も行われています。

»ワイキキ発コオリナ地区ホテル間 シャトル往復送迎サービス<日本語ガイド>

コオリナ・ステーションからアウラニのラグーンまで

私たちは、前回の記事でご紹介したとおり»レンカターでコオリナに向かいました。

「コオリナ・ステーション」という小さなショッピングセンターの駐車場なら、2時間以内は無料で停められそうだったので、

そこに車を置いて、歩いて「アウラニ・ディズニー・リゾート」のビーチまで行ってみることに。

コオリナ・ステーションからアウラニのビーチ(ラグーン)までは、こんな感じでホテルを左手に見ながらのんびり歩いても10分程度です。

ちょうどいいお散歩コースですね。

駐車場からホテルまで出典:http://www.koolina.com/

アウラニのラグーンが天国すぎた!

ホテルのフロントを左手に見ながら進み、さらにパーキングを過ぎ、きれいに舗装されたこんな小径を抜けると・・・

ラグーンへの小径

いよいよアウラニのラグーンに到着です。日除け付きのビーチチェアも完備され、これぞビーチリゾートといった風情ですね。

アウラニのラグーン1

波のない穏やかなラグーンでサップ(スタンドアップ・パドル・サーフィン)に興じる人たち。

実は、こんなに楽しそうなスタンドアップパドルとカヤックは、宿泊者だけでなく、ビジターでも借りることができますが(有料)、今回は時間の都合で諦めました・・・。

サップ

もうひとつ、ラグーンの写真。このまま絵葉書にでもなっちゃいそうですよね。

アウラニには全部で4つのプライベートラグーンがあります。

そのひとつである「レインボーリーフ」では、シュノーケルを楽しむことができ、チョウチョウウオやエンゼルフィッシュなどの熱帯魚を間近で見ることができます。

ラグーン2

こちらはラグーン側からみたアウラニホテルです。

客室数は840室で、すべての客室には簡易キッチンが備えられており、また専用のバルコニーまたはパティオ(中庭)があります。

まさに理想のリゾートステイが楽しめそうですね。

アウラニホテル

「アウラニ」とはハワイ語で「首長の使者」という意味があります。

昔ながらのハワイの伝統を取り入れた建物のデザインには、ハワイの文化、歴史、伝統を伝えたい、というメッセージが込められています。

スポンサーリンク

プール・エリアから建物の中へ

ラグーンと建物の間には、流れるプールやウォータースライダーなどのさまざまなアクティビティを楽しめるプール・エリアがあります。

大人はプール脇のプライベート・カバナをレンタルして、さらに贅沢な時間に過ごす・・・なんてこともできます。

ただ、残念ながらプールの利用は宿泊者限定となっているようです。
(リストバンドできっちり管理されます)

ホテル内のショップが楽しい!

プール・エリアからホテル内に入ってエレベーターで3Fまで行きます。

次の目的はアウラニ限定のディズニーグッズも売られている「カレパストア(Kalepa’s Store)」です。

大きめのコンビニくらいの店内には、ディズニーグッズがいっぱいです。

カレパストア

カレパストアは、ギフトショップというだけなく、ジュースやお菓子なども売られているコンビニ的機能も兼ね備えた便利なショップでした。

そしてこちらはハワイの伝統文化を感じられるエントランスです。

私たちは今回ビーチ側から建物に入りましたが、仮にエントランス側から入った場合には、左に進むとまもなくカレパストアがあります。

アウラニのロビー

アウラニディズニー日帰りプランのまとめ

ここであらためてアウラニディズニーの日帰りプランについてまとめたいと思います。

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ
(Aulani, A Disney Resort & Spa)

住所:92-1185 Ali’inui Dr, Kapolei, HI (地図
※リゾート内のマップはこちら(PDF)»

♣行き方

コオリナまでは、ザ・バスでは行かれないため(実は行かれないことはありませんが、降りたバス停から徒歩3kmなのでおすすめしません)、

オプショナルツアー会社のシャトルバスを利用するか、レンタカーを借りるのが一般的です。

  • シャトルバスを利用する場合

オプショナルツアー会社でシャトルバスを毎日運行しています。

ワイキキ発コオリナ地区ホテル間 シャトル往復送迎サービス<日本語ガイド>»

  • レンタカーの場合

ワイキキ方面からレンタカーで行く場合は、こちらのルートとなります。

♣日帰り(ビジター)で利用できるもの
  • カレパストア(Kalepa’s Store
    ディズニーグッズや飲み物、スナックなどが販売されているショップです。ホテルのフロントデスクを過ぎた左側にあります。
  • ビーチとビーチ用品
    スタンダップパドルボード:1時間30ドル
    シュノーケルセット:1日20ドル / 半日15ドル
    カヤック:ダブルカヤック 1時間 20ドル / シングルカヤック 1時間15ドル など
    ※詳細は「マキキ・ジョーズ」というプールエリアにあるビーチレンタルのカウンターでお尋ねください。タオルのレンタルは宿泊者だけになるようですのでビジターは持参する必要があります。
  • スパ・セラピー
    ボディトリートメントやフェイシャル、マッサージセラピー、男性用トリートメントなどのメニューがあります。
    アウラニのホームページ»
  • レストラン
    詳細はアウラニのホームページでご確認ください。予約が必要だったりドレスコードが定められているレストランもあるようです。
    アウラニのホームページ»
  • 駐車場
    実は、ビジターでもアウラニの駐車場が利用できるようです。
    バレー・パーキング:1日 37ドル
    セルフ・パーキング:1時間 12ドル or  1日最高 37ドル
    ただし、レストランやスパ、ショップなどで規定以上の利用額があると4時間まで無料になるようです。
    アウラニのホームページ»

このほかの日帰り利用については、アウラニのフロントデスクで聞いてみてくださいね。

ということで、日帰りでもなかなか楽しめることがわかったアウラニディスニーですが、パラ子はいつかゆっくりと滞在して、極上のビーチリゾートステイを体験してみたいと思いました。


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ