あと数年で、ハワイ(オアフ島)に本格的な鉄道が開通します!

これまでハワイの鉄道といえば・・・

ハワイ(オアフ島)の主要な公共交通機関といえば、バス(TheBus)、タクシー、シャトルバスなどが一般的ですよね。

そして、オアフ島の鉄道と言えば、オアフ島西部のエヴァからカヘ・ポイント間で運行中の、知る人ぞ知るこの観光列車のみです。

ハワイ鉄道(Hawaiian Railway)

ハワイアンレイルウェイ

引用:http://www.hawaiianrailway.com/

そんなオアフ島で、2018年から本格的な鉄道がいよいよ開業されることになりました。

スポンサーリンク

 

実はホノルルは渋滞のメッカ

年々観光客が増え続けているという観光都市ホノルルの悩みの種、それはホノルル空港からワイキキ方面へ通じているH1ハイウェイをはじめとする主要道路の慢性的な交通渋滞。

この渋滞、全米でもワースト1位、2位を争うひどさで、わずか10kmの距離を進むのに1時間以上かかることもザラなんだとか。

ホノルルの渋滞

引用:http://www.odometer.com/

そういえば、私が以前訪れたときも、H1ハイウェイのワイキキ側から空港に向かうルートが、大きな事故の影響で大渋滞になっていました。

そのせいで市内から空港にタクシーがまったく周ってこなくて、空港のタクシー乗り場では観光客が長蛇の列を作っていました。

そんなホノルル市が渋滞対策として推進しているのが、50億ドル以上の予算を投じた米国初の自動無人運転を目指している鉄道建設プロジェクト(Honolulu Rail Transit Project)です。

新たな鉄道の運行ルートは?いつ開業するの?

私たち観光客が気になるのは、この新たな鉄道の運行ルートと、果たしてそれがいつ開業するのか、というところですよね。

まず、路線ですが、オアフ島西部のカポレイからスタートし、ワイケレ・プレミアム・アウトレットがあるワイパフ、パールシティ、ホノルル空港、カカアコなどを経由し、終点アラモアナセンターまでの約32kmとなっています。

この間に21駅の設置が計画されていますので、これまで行きづらかった場所にも気軽に行かれようになったり、バスよりも早く目的地に到着できるようになるなど、ホノルル観光の便利な足になってくれることは間違いなさそうですね!

なお、この鉄道は、2018年にまず9駅分の区間が開業し、その後2021年までにかけて順次開通する予定となっています。

ハワイの新鉄道の路線予定図  ※クリックで画像が別ウィンドウで開きます

ホノルル新鉄道路線

http://www.honolulutransit.org/

私が感動してしまったのは、ホノルル国際空港からアラモアナセンターまで、車なら渋滞なしでも30分前後かかっていたのが、鉄道だとわずか10~15分ほどになるという情報です!

しかも、料金も良心的で、路線バス(TheBus 1回 $2.5)と同程度が予定されているそうなんです。

ただ、アラモアナセンターからワイキキ中心部までは5km前後は離れているので、この距離はどうするのかな~?という懸念はありますが、それにしてもこの鉄道に期待せずにはいられません!

高架で建設中の線路(ワイパフ)

建設中の鉄道

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/

スポンサーリンク

日立さんがココでも頑張っていた

この〜木、なんの木、気になる木~♪で有名な「日立の樹」のあるモアナルア・ガーデンパークの維持に貢献している日立製作所グループも、近頃この鉄道向けに車両を納入したそうです。

車内には、サーフボードが積める棚や、自転車を載せられる専用スペースもあり、観光客の使いやすさが考慮された設計になっています。

また外側には、ハワイ州のシンボルでもある「虹」が描かれており、ハワイらしさがあふれるとってもすてきなデザインとなっているんです!

かなりカッコイイ! 日立製作所製の鉄道車両

HART日立の鉄道車両

引用:http://www.nikkei.com/

この鉄道が開通した暁には、私たちのハワイ旅行がますます便利で快適なものとなりそうです。

私たちも早く乗りたくて、早くもウズウズしてきました!

2018年の開業が今から待ち遠しいですね。

※「この木なんの木」のモアナルア・ガーデンパークについてはこちら»


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ