ハワイ旅行には少なくとも何泊必要?おすすめ泊数は?

ハワイ旅行に初めて行くなら、何日間がベスト?

初めて行く、憧れのハワイ。

できれば長く行きたいけれど、なかなか長いお休みがとれない・・・というのが現状ですよね。

 

それなら、

“ミニマムのプランは何日間から?”

“何泊すればハワイの主な有名スポットを楽しめそうか?”

など、ハワイの旅行日数を決めるときに参考になりそうな情報を、今回はご案内してまいります。

waikikibeach

スポンサーリンク

 

ハワイ旅行の最短日程は?

大手旅行会社のJTBやHISのパッケージツアーでは、4日間が最短となっています。

でも、

「えっ?4日もまるまる遊べるの!?」

というワケではないんです。

 

日本からハワイまでのフライトは7時間前後。

ツアー日程のうち2日間は、ほぼ移動の時間となってしまうのです。

このため、4日間と書いてあるツアーの場合、2泊4日という意味になります。

2泊4日のイメージはこんな感じで、黄色い部分が現地での自由時間となります。

ハワイ4日間(2泊4日)の日程イメージ

ハワイ2泊4日

このように、2泊4日の場合、現地での自由時間は、2日弱(ツアー日程に寄っては1.5日ほど)となりますので、弾丸ツアーに近いイメージとなります。

 

ということで、この日程は、

“長いお休みは確保できないけれど、どうしてもハワイに行きたい!”

という方向けの最短日数と言えそうです。

一番スタンダードな旅行日数は?

「ハワイ4日間」というパッケージツアーの場合、2泊4日となることを上でご案内しましたが、これが5日間の場合は3泊5日、6日間の場合は4泊6日となります。

つまり、旅行日数からマイナス2をしたのが宿泊回数となり、日にちが1日延びるごとに、終日自由になる日が1日ずつ増えていきます。

ツアーの表示 旅行日程 現地での自由時間
ハワイ4日間 2泊4日 1.5日~2日弱
ハワイ5日間 3泊5日 2.5日~3日弱
ハワイ6日間 4泊6日 3.5日~4日弱

みなさんは、何日くらいハワイに滞在したいですか?

ある調査に寄ると、日本人のハワイ旅行で最もスタンダートな日数は6日間、つまり4泊6日だということです。

 

そういえば、私も初めてのハワイ旅行は4泊6日でした。

4泊6日の場合、このようなイメージとなります。(飛行機の発着時間により多少異なります)

ハワイ6日間(4泊6日)の日程イメージ

ハワイ4泊6日

さきほどの2泊4日と比べると、終日自由な日がまるまる2日増えて、3.5日~4日弱は自由時間を確保できます。

これなら、ショッピングも観光も、どちらも楽しめそうですね。

ということで、初めてのハワイ旅行は、まずは4泊6日を目指して計画してはいかがでしょうか?

初めてのハワイ旅行(4泊6日)のおすすめプランは?

ハワイリピート歴10回を超えるパラ子が、4泊6日の初めてのハワイ旅行で、ハワイの魅力をたっぷり感じられるプランを考えてみました。

初めてのハワイ旅行(4泊6日)おすすめプラン♥

1日目
(到着日)

まずは、ホテルの周りのABCストアやロイヤルハワイアンセンターなどのショッピングスポットをまわってワイキキの雰囲気を楽しみます。

また、天気が良ければワイキキビーチにも出てみましょう。
夕方には、素敵なサンセットが見られるかもしれません。

夕食は、ワイキキ周辺の景色がきれいそうなレストランへ。
ホテルのプールが夜まで営業しているなら、寝る前にちょっと寄ってみても良さそうですね。

2日目

オアフ島半日観光のオプショナルツアーに参加します。

初めて訪れたオアフ島の見どころを短時間で効率的に巡るには、やっぱりオプショナルツアーが確実です。

夕食は、船上から夕日が見られるサンセットディナークルーズがおすすめです。
ハワイの良い思い出となる、特別な夜になること間違いなし!です。

3日目

アラモアナセンターでショッピングを存分に楽しみましょう。

日本で待っている家族や友だちのお土産はもちろん、自分のお土産もここなら選びたい放題です。
毎日午後1時からは、無料で楽しめるフラショーが開催されますのでお見逃しなく!

また、アラモアナセンターから徒歩5分程度で行かれるスーパーマーケット(ドン・キホーテやウォルマート)でローカルアイテム探しも楽しいですよ♪

4日目

4日目は、あえてノープランに!

これまでの3日間に行って気になった場所にもう一度訪れたり、ホテルのプールやワイキキビーチで泳いだり、アクティビティに参加してみたり、旅行雑誌に載っていた素敵なカフェを訪ねてみたり・・・。

「好きなこと」をして過ごす日、それを4日目にあてて、思い残すことがないハワイ旅行にしましょう。

5日目
(帰国日)

5日目は、帰国日です。

帰国便が午前だったら、チェックアウト後にそのままホノルル空港に向かいます。

夕方など、遅い時刻の場合は、多くのホテルではチェックアウト後にホテルで荷物を預かってくれるので、

Could you keep my baggage until ○ p.m.?
(○は荷物を取りに戻る時刻)

と言って預けて、ホテルの周りでショッピングなどをしていてもOKです。
預けた荷物をポーターから受け取るときは、荷物1つにつき1ドル程度のチップをお忘れなく!

あくまでも一例なので、ショッピングが好きな方はショッピングDAYを増やし、ビーチが好きな方は、ビーチで過ごす時間を増やしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめプランでご紹介した内容

上の4泊6日ハワイ旅行のおすすめプランで紹介した内容を、詳しくご案内いたします。

♦オアフ島半日観光

なんと、「オアフ島の名所巡り」をたった半日(約5時間)でできちゃう欲張りなオプショナルツアーがあるんです。

朝7時頃に出発するおよそ5時間の短時間ツアーなので、残りの半日も有効に使えるのがポイントです。

  1. ダイヤモンドヘッド入り口ルックアウト
  2. ハナウマ湾展望
  3. 潮吹き岩
  4. マカプウ岬
  5. ワイマナロショッピングセンター
  6. パールハーバー記念館
  7. この木なんの木(モアナルアガーデン)
  8. アロハタワー
  9. カメハメハ大王像とイオラニ宮殿
  10. アラモアナショッピングセンター(希望により)

※オアフ島半日観光の詳細 を見る»

この木なんの木

この木なんの木(モアナルアガーデン)

♦サンセットディナークルーズ

◊豪華クルーズ船で・・・

ハワイの美しいサンセットと夜景を見るなら、船上からゆったりと楽しめるディナークルーズが一番!

カップルやご家族連れに人気の高いスターオブホノルル号のサンセットディナークルーズでは、カニ、ロブスターとステーキ、フレンチコースが用意されています。

もし金曜日の夜の参加なら、船上からヒルトンの花火も楽しめます。

※スターオブホノルル号 サンセットディナークルーズの詳細を見る»

スターオブホノルル号

出典:http://www.starofhonolulu.com/

◊新テクノロジーで揺れを抑えた「マジェスティック号」で

2016年5月より就航となった次世代クルーズ船「マジェスティック号」。

1-2階デッキの客室は、パノラマ展望窓や高い天井があり、高級感あふれる雰囲気、3階はオープンエアのトップデッキがあり、船上からの大パノラマを楽しめます。

また、さらなる快適なクルーズを実現するために、船体の安定を保つ「シーキーパー」と呼ばれる最新テクノロジーが採用されているので、船の揺れが苦手という方にもおすすめです。

こちらも運行は毎日行われていますが、沈みゆく夕日を見ながらディナーを楽しんだ後に花火が堪能できる金曜日が狙い目です!

マジェスティック号

出典:http://www.atlantisadventures.jp

※マジェスティック号サンセット・ディナークルーズ $117.40~ 

あと1日自由な時間があったら?

もしも、あと1日お休みがとれて、5泊7日で行かれるなら、私は「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」をおすすめします。

ワイケレ・プレミアム・アウトレットは、オアフ島で唯一のアウトレットモールで、コーチやケイト・スペードを始めとするアメリカブランドが特に安く手に入るんです。

ただ、ワイキキからはちょっと距離があるため、何らかの公共機関を使って行くようになるのですが、私はシャトルバスの利用をおすすめします。

シャトルバスのおすすめ理由や価格の目安ついては、下記リンク先ページでご案内していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※ワイケレ・プレミアム・アウトレットへのシャトルバスを予約しよう»

 

この期に及んでこんなことを書くのも何ですが、ハワイは楽しすぎて何日間滞在しても、

「まだまだハワイに居たい~!日本に帰りたくない~!!」

という気分になってしまうはずです。

だからこそ、また次回、また次回、と何度も訪れるリピーターが生まれるんですね。

(はい、私たちのことです!笑)

だから、結局は何日間でもいいんです!とにかくハワイの魅力をたっぷり感じてきてくださいね。

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】ハワイのホテル予約


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ