海外旅行先で洗濯するときのコツと注意

どうすればいい?海外旅行先での洗濯物

洗濯物

海外旅行の荷造りをしているときに

「そういえば、何泊分の着替えを用意すればいいんだろう?」

と、悩んだことはありませんか?

 

1日、2日の国内旅行なら、その日数分持っていけばいいのですが、

1週間、10日と現地で過ごすことになる場合、それだけたくさんの

着替えを持っていくのも大変ですよね。

 

それに、そもそもそんなにたくさんの服や下着を持っていない!

という方も多いと思います。そうなるなると、やっぱり

「現地で洗濯したい!」

となりますよね!

 

ということで、今回は海外旅行先で洗濯をするときのコツと注意点などをご案内させていただきます。

スポンサーリンク

 

少量なら手洗いで済ませる

下着や靴下、ハンカチ、Tシャツなどの小物だけを少量洗う場合は、手洗いで済ませるのがもっとも手軽な方法です。

手洗いの場合、ちょっとした工夫をするとグーンと乾きやすくなるので、ぜひやってみてくださいね。

♦手洗いの方法
1) 洗い

洗面所の洗面台にぬるま湯を溜めて、洗剤を溶かします。

洗剤が無ければボディソープで代用しても大丈夫です。

ビーチで着用した水着を洗う場合は、あらかじめ砂を落としてから洗うようにします。
というのも、海外の下水は日本よりも詰まりやすいところが多いので、ゴミや砂などを流すと水のトラブルにつながりかねないためです。

2)すすぎ

手で軽く絞ってから、泡がなくなるまできれいにすすぎます。

3)脱水

すすぎ終わったら、手でしっかりと絞ります。ここは生地を傷めない程度にしっかり絞ったほうがいいです。

4)さらに脱水

実はここからのひと手間が、早く乾かすためのテクニックなんです。

きれいなタオルを持ってきて広げ、左半分に洗濯物を重ならないように広げてのせます。

洗濯物の上に右半分のタオルをかぶせます。つまりタオルで洗濯物をサンドした感じになります。

 洗濯物を挟んだ状態で、タオルをしっかりしぼります。

こうすることにより、タオルが水分をかなり吸収してくれるのでとても乾きやすくなるんです。あとは干すだけです!

♦基本は部屋干しにしよう

日本人の場合、どうしても「外に干したい」という気持ちになってしまいますが、海外ではそういった習慣がなかったり、例えばハワイのように、ホテルのベランダなどに干すのは景観条例違反となってしまう、なんて場所もありますので注意が必要です。

どうしても外に干したい場合は、外から見えないような工夫をして、コッソリと隠して干すのがミソです。

 

私の場合は、部屋に備え付けのハンガーを使ったり、手すりやイスにかけたり、といった感じで、部屋にあるものを使って干してしまいますが、

100均などでも手に入る洗濯ロープや小さなピンチハンガーなどを持参してもいいかもしれませんね。


clothespin

ホテルによってはバスルームに洗濯ロープが備えられているところもあります。

ホテルの部屋は乾燥していることが多いので、部屋干しでも、一晩干しておけば大抵のものは乾きます。

スポンサーリンク

旅先での洗濯に関するあれこれ

私がこれまで海外旅行先で洗濯をして気づいたことも、ちょっとお伝えしたいと思います。

♦デニムは洗わない方がいい

ジーンズやジャケットなどデニム素材のものは、カジュアルファッションの定番なので、旅先でも活用したいアイテムですよね!

でも、もしデニム素材のものを何か着たいと思っているなら、旅行先では「洗わない」つもりでいたほうがいいと思います。

というのも、デニムは生地が厚手なので、さきほど紹介したタオルドライをしてもなかなか乾かないんです。

 

ホテルなどにある乾燥機を使えばもちろん乾きますが、それでもほかの洗濯物よりは時間がかかります。

また、デニムは乾燥機で乾かすとちょっと縮んだ質感になってしまうので、それが心配な方は乾燥機は使わないことをオススメします。

♦ブラジャーは乾きにくい

女性の必須アイテムであるブラジャーも実はちょっと厄介なんです。

手洗いの後、タオルドライで思い切り絞ってしまうと、型崩れをしたり、ワイヤーが曲がってしまう可能性があります。

 

そのため、ブラジャーをタオルドライする場合は、絞るのではなく、タオルで挟んだ状態でポンポン叩いて水分をタオルに移すようにするといいですよ。

また、パッドが取り外せるタイプなら、あらかじめ取り外してから洗って、干すときも別々にしたほうがダンゼン早く乾きます。

 

・・・でも、気づいちゃったんですよね。

ハワイなどビーチリゾートの場合、「キャミソール」+「ブラジャー」という組み合わせではなく、ユニクロなどで売っているブラトップを着れば、1アイテムだけの洗濯で済む、ということに!!

おまけに荷物も減って一石二鳥♪
これはホント、便利でしたよ~!ぜひお試しくださいね。

ユニクロのブラトップ

ブラトップ

出典:http://www.uniqlo.com/jp/

♦速乾性のある素材はやっぱりスゴイ

よく夏に見かける「速乾Tシャツ」など、速乾素材で作られたものは、やっぱり乾くのがとても早いです。

一緒に手洗いをした綿のTシャツと比べてもその差は歴然でした。

 

ただ、速乾素材はスポーツ系のデザインが多いので、ファッションにこだわる女性はなかなか普段着として選びにくかったりもしますが、男性の方、いかがですか?

荷物を少しでも減らしたい派の夫(ヒデキ)は、速乾素材のポロシャツを毎度愛用しています。

コインランドリーについて

ホテルによってはコインランドリーが備わっているところもありますので、自分が泊まる予定のホテルのホームページで確認してみると良いと思います。

そうそう!ひとつ日本人が気をつけたほうがいい注意点があるんです!

実は英語ではコインランドリーのことは「コインランドリー」とは言わず、正しくは「laundromat」(ランドロマット/実際の発音はロゥンドロマットみたいな感じ)と呼ぶんです。

 

ホテルのスタッフなどに場所を尋ねるときに、うっかり

Where is a coin laundry?

なんて聞いてしまうと「コイン(硬貨)の洗濯場はどこですか?」みたいなヘンな意味になっちゃいますので気をつけてくださいね。笑

やっぱり一度にたくさん洗える洗濯機は手洗いよりずーっと便利です。(当たり前ですが・・・)

海外旅行の経験としても面白いと思いますので、時間があれば使ってみるといいと思います!

♦洗濯洗剤について

ほとんどのコインランドリーでは、自動販売機や近くの売店などで1回分の洗濯洗剤が販売されています。

この機会に海外の洗剤も試してみよう!という方はそれを使ってみるのもいいと思います。

ただ、海外の洗剤って、けっこう香りのキツイものが多いんですよね・・・。

 

私は普段使っている洗剤以外で洗った衣類を着ていると、1日中、匂いが気になってしまうんです。
“神経質か~”って感じですが。

そのため、私はいつも日本で使っている液体洗剤を、100均で買った小さなボトルに詰め替えて持っていきます。

でも、最近人気のキューブ型洗剤ならそのまま持っていかれるので、もっと便利そうですね!

♦洗濯ネットは持参した方がいい

海外のコインランドリーの中には、パワーが強力なものがけっこうあります。

このため、ちょっとデリケートな下着などはやっぱり洗濯ネットに入れて洗ったり、乾燥機をかけたほうが傷まずに済みます。

洗濯ネットなら大した荷物にもなりませんし、旅行先で探して買うのも面倒ですので、ここは日本から持参されることをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか?

次回の海外旅行は「洗濯」することを前提に、少し荷物を減らしてみませんか?


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ