[ハワイ]アラモアナセンターの「フードランド」は、便利で広くて、おしゃれだった!

アラモアナにフードランド復活!バンザイ♪

フードランド(Foodland)は、ハワイ全島に30以上の店舗を展開している、ハワイ独自のスーパーマーケットチェーンです。

実は、以前もアラモアナセンターに店舗があったのですが、惜しまれながら2014年12月に閉店。

そして、2016年8月には、フードランド・ファームズ(Foodland Farms)に生まれ変わって、再びアラモアナセンターに帰ってきました!

フードランドファームズアラモアナ

ということで、今回は待望の復活を遂げたフードランドファームズの場所や様子、お土産おすすめ品、そしてみんなが気になる会員割引についてご案内します!

スポンサーリンク

フードランドファームズの場所は?

フードランドファームズは、アラモアナセンターのストリートレベル1F「エヴァウィング」の一番端にあります。

行き方としては、アラモアナセンターの中に入らずに、駐車場づたいに西にずーっと歩いて行くのが一番近道です。フードコートのマカイマーケットあたりからでも、そこそこ距離があります。

とてもザックリと案内すると、こんな位置です。

フードランドファームズの場所

買い物をした後、ワイキキに帰るための各トロリー(ピンクラインなど)乗り場までも駐車場づたいに結構歩きますが、それでも行く価値はアリ!です。

フードランドファームズはこんなところ!

フードランドファームズは、新しくできただけあって、やっぱり広くて、きれいで、とってもオシャレです!

店内マップ ※クリックで大きな画像が開きます

フードランドファームズ店内マップ

出典:http://www.foodlandalamoana.com/location-services/

左側の入り口を入ってすぐ左手には、昔のフードランド店舗時代にもあったLA発のコーヒーチェーンコーヒービーン&ティーリーフがあります。

このコーヒーチェーンは日本にも東京などにいくつか店舗がありますが、ハワイ各島にはもっと多くの店舗があって、本格的で美味しいコーヒーと、さまざまな種類のお茶が飲めるので、おすすめです。

右側の入り口を入ると、シェーブアイス(かき氷)、ピザ、ドーナツ、パンなどのショップが並んでいます。

お買い物の前や後にお腹が空いたら、手軽に間食ができますね!

食品が充実しています

フードランドファームズは、ハワイ産の生鮮食品やオーガニックアイテムなどを中心に食品が充実しています。

私がハワイで一番おすすめなフルーツパパイヤも、ほらこのとおり!

1ポンド(約453g)=1.59ドルとなっていますので、大きめのものでも1コ200円以内で買えます。

パパイヤ

 

ノースショアにある有名店「テッズ・ベーカリー(Ted’s Bakery)」のパイも、1カットで買えます!

テッズベーカリーのパイ

 

デリコーナーも充実!コンドミニアム滞在者や、持ち帰ってホテルでゆっくり食べたい・・・という方にはありがたいですよね。

フードランドのデリ

 

カット野菜もほら、こんなに!ハワイで陥りがちが野菜不足解消にもってこいです。

フードランドの野菜

 

そしてパラ子が最近ハマっている、コールドプレスジュースも、いろいろ種類がありました。1本5.99ドルです。

この棚がある場所のすぐ隣りで絞られていて、ちょっと試飲をさせてもらったのですが、ジンジャーやオレンジの入ったジュースが、フレッシュでとてもおいしかったです♥

フードランドのコールドプレスジュース

 

ハワイビール好きにはおなじみのロングボードアイランドラガーも、もちろんあります。

6本入りで9.99ドルは、ハワイのスーパーマーケットでの一般的な価格ですが、ABCストアやホテルの売店などで買うよりは安いので、ちょっと重たいですが頑張って持ち帰ってもいいかも?

ビール

 

そして、ハワイステイに欠かせないミネラルウォーターですが、ここでは、1ガロン(約3.78L)ボトルのクリスタルガイザーが2本で5ドルでした。これは、そこそこ安い価格です。

クリスタルガイザー

スポンサーリンク

おみやげ探しにもおすすめ!

お土産にもピッタリなエコバッグ(ショッピングバッグ)いろいろ!スパム柄が可愛い!値段は物により1.99~3.99ドルくらいでした。

フードランドファームズのエコバッグ

 

こちらは、キャンバストート。値段は確か10ドルくらいだったかと思います(すみません、忘れました)。

フードランドのエコバック(布)

ハワイアンホーストのチョコレート(16コ入り)は、8.69ドルと、ちょっと高めでした。

※参考:ハワイ土産の定番「Hawaiian Host(ハワイアンホースト)」はどこで買うのが正解?

ハワイアンホースト

 

可愛らしい、カラフルなキッチンツール。同じカラーでいくつか揃えたいですね。

キッチンツール

 

店舗の左奥には、カリフォルニアはビバリーヒルズ発のラグジュアリーなキャンディショップ「シュガーフィナ(Sugarfina)」のコーナーがあります。

シュガーフィーナ(フードランド内)

シュガーフィナはアラモアナセンター内(2F)にも直営店があります。

パッケージもとっても可愛らしいので、女子向け土産に喜ばれること間違いなしです!

買うものが少なければエクスプレスレーンへ

ハワイのスーパーマーケットには、大きなショッピングカートに、大量の商品を入れているローカルの方がけっこういらっしゃいます。

そういった方が多いときは、レジでの会計にけっこうな時間がかかってしまいます。

でも、あなたの買うものが10コ以下なら、エクスプレスレーンの利用がおすすめです。

エクスプレスレーンは、10コ以下の商品点数の人だけが並ぶレジなので、素早く会計を済ますことができます。

エクスプレスレーン

 

会員カードはなくても会員割引が効くってホント?

フードランドにも他のスーパーのように会員割引が適用される会員カード「マイカイカード(Maika’i Card)」というものがあります。

「Maika’i」とはハワイ語で「優秀」という意味があります。

マイカイカード(フードランド会員カード)

出典:http://www.foodland.com/maikai-card

このマイカイカードは誰でもスグにもらえるワケではなく、フードランドで累計で$250以上の買い物をしないと発行してもらえないのです。

でも、言い換えれば、私たち観光客でも多くの買い物をして、フードランドにとって「マイカイ(優秀)」な顧客に鳴れば、カードを発行してもらえる、ということになります。

では、それまで一切割引をしてもらえないのか?と言えばそうではなくて、次の方法で誰でもその日から会員価格でお買い物ができるんです!

会員カードなしで割引を適用してもらう方法

会員割引を適用してもらうには、マイカイメンバー(Maika’i Member)になる必要があります。

実はこれがとってもカンタン!

レジで精算するときに、

I would like to become a Maika’i Member. (マイカイ会員になりたいのですが)

と申し出ると、電話番号(phone number)を聞かれますので、日本の電話番号(携帯でOK)を言えばOK!

これだけで、その回の買い物から会員割引を適用してもらえます。

次回からの割引はどうすればいい?

そうは言っても、$250まではちょっと道のりが長いですよね。

そうなると、次回からの割引はどうやってレジで適用してもらうかが気になるところですが、いくつか方法があります。

  1. 登録した電話番号を申し出る。
  2. 会員番号を申し出る。
  3. 前回のレシートの下部に印字されているバーコードを提示する

どれでもOKですが、楽なのは1番か3番ですね。

ちなみに、レシートはこんな感じです。

Maikai Customer Identification Barcode(お客様識別バーコード)が印字されています。

フードランドのレシート(会員割引)

 

参考までに、Total Maikai Savings Todayというのが、そのとき適用された割引額です。

これを見ると得した気分になっちゃいます♪

 

観光客である私たちが行きやすく、割引も適用してもらえる、アラモアナセンター内のフードランドファームズ。

スーパーならではの面白いアイテムも揃っているので、アラモアナセンターに来たついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■フードランドファームズ(Foodland Farms)

営業時間:5:00 am~10:00pm (年中無休)
住所:1450 Ala Moana Blvd. Honolulu, HI, 96814
ホームページ:http://www.foodlandalamoana.com/

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ