ハイドロフラスク(Hydro Flask)は、ハワイで買うのがお得です!

ハワイではみんなが愛用!街中ハイドロフラスクがあふれていた!

ハイドロフラスク(Hydro Flask®)は、ハワイで大人気となっているステンレスボトル(タンブラー)です。ハイドロフラスコとも呼ばれています。

ハワイでは、町中を行き交う人々の手に、よくハイドロフラスクが握られています。

また、カフェでくつろいでいる学生さんも、こんな風に「マイ・ハイドロフラスク」を持参しています。

ハイドロフラスク

パラ子も、

「今度ハワイに行ったら、絶対に手に入れたい!」

とかねがね思っていたハイドロフラスクを、いよいよ手に入れましたので、今回はその使用感や買える場所などをご案内しようと思います。

スポンサーリンク

 

そもそも、ハイドロフラスクとは?

ハイドロフラスク(Hydro Flask)は、アメリカはオレゴン発のステンレスボトル(魔法瓶・タンブラー)です。

TempShield™というステンレス二重構造の技術が採用されており、冷たいものは24時間、温かいものなら6時間保温ができます。

一年を通して暑いハワイで爆発的な人気となっている理由は、やっぱり「冷たいものは24時間保冷できる」という ところかもしれませんね。

 

そして、もうひとつの人気の理由は、カラーとサイズのバリエーションが豊富にそろっているところです。

たとえば、こんな風に!

ハイドロフラスク

出典:https://www.hydroflask.com/

また、キャップの部分は実店舗にもいくつか種類が用意されており、Webショップでは、さらにカラフルなキャップやカバーなどをカスタマイズすることもできます。

見ているだけで楽しくなってきて、いろんなサイズやカラーで、いくつも揃えたくなってしまいます。

・・・残念ながら、日本への発送は行っていないようですが。

ハイドロフラスコ

出典:https://www.hydroflask.com/

私が買ったハイドロフラスクはコレ!

ハイドロフラスクは、ハワイ中、結構いろんなところで売られていますが、特にホールフーズマーケットは品揃えが豊富だと事前に聞いていたので、私はカイルアのホールフーズマーケットで手に入れました。

そして、実際にこのとおり、圧巻の品揃えでした。

ホールフーズのハイドロフラスク

 

また、こんな可愛らしいボトルカバーも!

わかります?ハワイ諸島がモチーフになっている、ハワイオリジナルのカバーなんです。

ハイドロフラスクのカバー

 

そして私にとっては、今回が1つめのハイドロフラスクだったので、まずは使いやすそうなサイズとカラーを選びました。

18オンス(約532ml)入るスタンダードなタイプ(ホワイト)です。

カイルアのホールフーズマーケットで$27.99(税別)でした。

18 oz Standard Mouth

パラ子のハイドロフラスク

 

ハイドロフラスクの使用感

持ちやすい!

私がこのステンレスボトルを手に持ってまず感じたのは

「これは、滑りにくくていいかも!」

ということでした。

 

写真ではわかりづらいのですが、ボトル表面のコーティングがちょっとザラザラしているんです。

これが、日本でよくあるツルツルのタンブラーと比べて、だいぶ持ちやすいな、と思いました。

18ozの場合、重さは約275gなので、500mlクラスのタンブラーとしては標準的かちょっと軽めかもしれませんね。

 

結露しない!

ハイドロフラスクは、ステンレス真空二重構造となっているため、冷たい飲み物を入れても結露しません。

そのため、暑い日中にバックパックに入れて持ち歩くのにも便利でした。

ただ、飲み口に近いステンレスがむき出しになっている部分数センチだけは結露します。

大した影響はないですが、手帳など濡らしたくないものをバッグに入れているときなどは、ちょっとだけ気をつけたほうがいいかもしれません。

 

保温性は?

日本でよく見かけるステンレスボトルとどう違うか?と言えば、保温に関しては性能的な違いはあまりないように思います。

ただ、構造がシンプルなので洗いやすいというメリットはあると感じました。

あとは、日本ではあまり持っている人がいないので、持っているとなんとなくオシャレな感じがする、というところかな?と思います。笑

ハワイで買うなら、早めに手に入れるのがおすすめ!

私は今回、ハワイに着いたらなるべく早めにハイドロフラスクを手に入れる!と決めていました。

それは、早めに手に入れて現地ですぐに活用したかったからです。

 

ハワイは毎日暑いので、歩いているとすぐに喉が乾きますが、そのたびにABCストアやスターバックスで飲み物を買うのも面倒です。

また、ペットボトルをむき出しで持っていると結露するうえ、すぐにぬるくなってしまいます。

でも、ハイドロフラスクを使えば、冷たい飲み物(私の場合はミネラルウォーターのみ)を冷たいまま持ち歩けるので、とても便利でした。

 

こんな風に、アラモアナセンターの無料ヨガレッスンにも早速持参しましたよ♪

ハイドロフラスクをヨガレッスンで

どうやら、現地のヨギーニにも、ハイドロフラスクは人気のようで、ほかにも持っている方がいらっしゃいました。

ぜひ現地に着いたら早めに手に入れて、ロコ気分でどんどん活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

ハイドロフラスクが買える場所は?

ハイドロフラスクは、ホールフーズマーケット以外にもいろんなところで販売されています。

ワイキキ周辺で言えば、アラモアナセンターからほど近い場所にあるドン・キホーテ(カヘカ店)は、やはり品揃えが豊富だと聞いたことがあります。

私は未確認ですが、まずはそちらをのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

そのほかにも、各サーフショップなどでもよく見かけますが、こちらはあまり種類は多くなさそうでした。

また、お店によっては限定のコラボ商品が用意されているところもありますので、それを狙うのもアリですね!

クイックシルバーとのコラボ商品

クイックシルバーのハイドロフラスク

出典:www.quiksilver.com

コーヒビーン&ティーリーフとのコラボ商品

コーヒビーン&ティーリーフコラボハイドロフラスク

 

ホノルル周辺の取扱店舗(抜粋)
  • ドン・キホーテ(カヘカ店)[地図
  • ホールフーズマーケット ホノルル店[地図
  • ホールフーズマーケット カイルア店[地図
  • アラモアナセンター[地図](センタコートのキオスク、ハワイアン・アイランド・クリエーションズ、ザ・コーヒービーン&ティーリーフ、グリーンティ・ハワイなど)
  • ダウン・トゥ・アース各店
  • ハワイアン・アイランド・クリエーションズ(HIC)各店
  • クイックシルバー各店 ※オリジナルコラボ商品あり
  • コーヒービーン&ティーリーフ各店 ※オリジナルコラボ商品あり
  • ボルコム(Volcom)各店

などなど。

 

公式サイトのこちらのページから、住所や郵便番号を入力して、さらに取扱店舗を探すこともできます。

Hydro Flask Find a Store»

日本国内で手に入れるには?

パラ子が知る限りでは公式ショップ(実店舗)は、日本未上陸です。

ただし、楽天市場などのECサイトでは、かなりいろんな種類のハイドロフラスクが売られています。

・・・が、やっぱりハワイよりはだいぶ高め(2倍くらい?)のプライスです。

ということで、もしハワイに行く予定があるなら、ダンゼン、ハワイ現地で手に入れるのがお得です!!


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ