[ハワイ]マノアチョコレートの工場が楽しい!美味しい!

メイドイン・ハワイの美味しいチョコレートをご存じですか?

アメリカのチョコレートと聞くと、なんとなく甘すぎるというイメージを持っていませんか?

でも、ご存じですか?

甘さ控えめで、香り高く、かなり本格的なチョコレートがハワイにあったんです!

 

それが、メイドイン・ハワイのチョコレートマノアチョコレート(Manoa Chocolate)です。

今回は、本当に美味しい本物のチョコレートマノアチョコレートと、それを作っている小さな工場についてご案内します。

スポンサーリンク

マノアチョコレートとは?

マノアチョコレート(Manoa Chocolate)は、「メイドイン・ハワイ」のチョコレートカンパニーです。

2010年の工場設立以来、厳選したカカオ豆の焙煎から、チョコレートバーになるまでのすべての工程を、手作りで行っているんです。

 マノアチョコレートでは、これをMade in Hawaii from Bean-To-Bar(豆からバーまで)と表現しています。

マノアチョコレート

 

マノア(Manoa)というと、近年ハワイの大自然に触れることができる観光スポットとしての人気が高まっている、マノア渓谷やマノアの滝の方をイメージする方が多いと思います。

でも、マノアチョコレートの工場は、マノア渓谷とはだいぶ離れた、オアフ島の東海岸に位置するローカルタウンカイルアにあります。

もともとma noaとはハワイ語で「厚い」「広大な」「深さ」「厚さ」などの意味があり、そちらの方がお店の名前の由来のようです。

マノアチョコレートの小さな工場へ

マノアチョコレートの工場は、グアバシフォンパンケーキで有名な、あのシナモンズ・レストランが1階に入っている、カイルア・スクエアというビルの2階にあり、店舗に併設のとても小さな工場となっています。

カイルアスクエア

 

階段で2階に上がると、マノアチョコレートの店舗兼工場への入口があります。

OPENの下に日本語で「開」の文字が見えるとおり、日本語が話せる店員さんもいらっしゃいます。

マノアチョコレートの工場

 

店内はハワイらしい暖かな雰囲気で、チョコレートやグッズが販売されています。

パッケージがどれもおしゃれなので、お土産にもピッタリですね。

マノアチョコレート店内

 

カカオについて学ぶ!

さて、チョコレートの原料と言えば、カカオですよね。

でも、実物のカカオって、こんな風にラグビーボールみたいに大きいってご存じでしたか?

カカオ

 

パラ子は今回初めて本物のカカオを見たのですが、その大きさに本当に驚きました。

(てっきりアーモンドくらいの大きさかと思っていました・・・。笑)

カカオの実の中には、今度こそアーモンドと同じくらいのサイズのカカオ豆がいっぱい入っています。

まだ焙煎する前のフレッシュなカカオ豆をひとつ食べさせてもらったのですが、まわりについている果肉が甘酸っぱいんです。普通のフルーツのようです。

ここまではハッキリ言って、チョコレート感ゼロです。

 

そしてこちらが焙煎後のカカオ豆です。(資料を撮影したので光ってしまっています)

ようやく、これからチョコレートになるんだ!という雰囲気がちょっとでてきましたね。

焙煎後のカカオ豆

 

ちなみに、この焙煎後のカカオ豆を砕いたものをカカオニブ(cacao nibs)と呼ぶのですが、これが近年、スーパーフードとして海外では人気となっています。

カカオニブには多くのポリフェノールや鉄、マグネシウムが含まれており、抗酸化作用や抗がん作用があると言われているためです。

 

マノアチョコレートの公式ホームページには「ブルーベリーの約30倍の抗酸化物質を含む」と書かれていました。

もちろん、マノアチョコレートでもカカオニブが販売されています。

食べ方は、ヨーグルトやシリアルに入れたり、そのままポリポリ食べるといった感じなのだそうです。

カカオニブ

出典:http://manoachocolate.com/

マノアチョコレートの工場の様子

店舗のすぐ隣りがマノアチョコレートの工場となっていて、誰でもガラス越しに工場内を見ることができます。

マノアチョコレートでは、ハワイ産や他の産地から取り寄せた厳選されたカカオ豆だけを、左奥に見える焙煎機(ロースター)で焙煎します。

マノアチョコレートの工場

 

カカオ豆を焙煎したものを砕いてカカオニブにし、さらに圧搾してカカオマス(ペースト)にしたものを、こちらの機械で職人さんが練ってチョコレートにしていきます。

トロ~ンとした液状のチョコレートがすでに美味しそう!!

マノアチョコレートの工程

 

これを型に入れて固めると、ようやくチョコレートバーとなります。

本当にぜんぶ手作りなんだなぁと、感動です!!

スポンサーリンク

試食&試飲をしてみました!

マノアチョコレートでは、それぞれのチョコレートの試食と、焙煎したカカオ豆の「殻」を使ったカカオティーの試飲ができます。

まずは、こちらがカカオティーです。

チョコレートティー

 

見た目は普通の紅茶のような色ですが、香りと風味はまさにチョコレート。

甘くはないので、クッキーやチョコレートと一緒にいただきたい、フレーバーティーといった感じでした。

カカオティーにもポリフェノールが含まれているそうなので、健康にも良さそうです。

続いてチョコレートの試食です。

マノアチョコレートの試食

 

私たちは8種類のチョコレートを、ビターなものから順番に試食させてもらいました。

それぞれのチョコレートにはカカオ85%とか70%とかカカオの含まれる割合が書かれているのですが、このパーセンテージが高いほどビターなチョコレートになります。

 

そして、それぞれを食べ比べてみてビックリ!

カカオの産地や配合量により、味も香りもまったく異なるんです。

特にチョコレートに対してこんなに「香り」を感じたのは初めての体験でした。

まるで高級なワインのテイスティングでもしているような気分でした。(実際はワインがあまり飲めないパラ子ですが。)

 

そして、パラ子とヒデキが気に入ったものを3つ選び、購入したのがこちら。

エクアドル産のカカオ70%のもの、ハワイ島のヒロ産のカカオ70%のもの、コスタリカ産のカカオ72%のものです。

マノアチョコレート

 

どれも1枚$10(税込)で、まとめ買いする枚数によって割引があり、3枚で5% off、4枚で10% off、6枚で20%offとなります。

1枚2 oz(約56.7g)で、ちょっと小さめの板チョコといった感じのサイズなので、チョコレートの値段としてはだいぶ高いと思います。

でも、日本で100円くらいで買えるチョコレートとはまったくの別物なので、チョコレート好きの方にはぜひ味わってみていただきたいです。

ちなみに、マノアチョコレートは、ホールフーズマーケットなどでも売られています。たまにセールをやっているのこちらも要チェック!です。

工場見学ツアーについて

マノアチョコレートは、予約制で工場見学ツアーが開催されており、チョコレート職人達と一緒に、チョコレートについて楽しく学ぶことができます。

火曜日は日本語のツアーとなっているので、この日が狙い目ですね!

■マノアチョコレート(Manoa Chocolate Hawaii)

住所:315 Uluniu St Suite 203, Kailua, HI 96734 [地図
営業時間:月~土 9:00 am~5:00 pm / 日 9:00 am~2:00 pm

■ 工場見学ツアー(日本語)

開催日:毎週火曜日 3:00 pm~
料金:$10
予約:必要(電話 or インターネット)
※インターネット予約はこちらから(英語)
TEL:808-262-6789

»カイルアへのシャトルバスツアーを探す

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ