[ハワイ]ノースショアってどんなところ?<行き方・おすすめスポット>

ノースショアはどこにある?

ハワイのガイドブックなどで、たまにみかけるノースショアという地名。

名前だけは知っているけれど、

「実はどこにあるのか、どんなところなのかは、よく知らなくて・・・」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ノースショア(North Shore)は、ノース(北の)ショア(海岸)という名前のとおり、オアフ島の北部に位置する海岸地帯の名前なんです。

日本で言うなら「湘南」という名称のような感じでしょうか。

 

オアフ島の南に位置するワイキキとはちょうど反対側になり、およそ50km離れています。

今回は、ワイキキとはまったく異なる魅力を持つ、ノースショアについてご案内します。

スポンサーリンク

ノースショアで有名なものと言えば・・・?

ノースショアでもっとも有名なものと言えば、やっぱりサーフィン。

世界中のサーファー達がビッグウェーブを求めて、サーフィンの聖地 ノースショアに集まってきます。

特に冬には10mを超える特大の波が押し寄せ、世界的なプロサーフィン大会も開催されています。

ノースショアのサーファー

 

観光の中心はハレイワタウン

そんなサーフィンの町、ノースショアの観光拠点となるのが、ハレイワ(Haleiwa)タウンです。

もともとプランテーションで働く移民の町として栄えてきた歴史をもつハレイワは、古き良きハワイを思わせるノスタルジックな雰囲気のオールド・タウン。

ワイキキのような華やかさや派手さはありませんが、随所に見どころ&グルメスポットがあるんです!

 

– ガーリックシュリンプの王道 –
♦ジョバンニ(GIOVANNI’S)

ノースショアを代表するグルメと言えば、やっぱりガーリック・シュリンプ

エビの養殖が盛んなノースショアには、新鮮でプリプリの美味しいエビが味わえる名店がいくつもあるんです!

 

その中でも王道中の王道、ジョバンニ(GIOVANNI’S)のシュリンプワゴンが、ノースショアの入口から川を渡った先の右側にあります。

落書き(お客さんが書いたお店へのメッセージですが・・・)だらけのシュリンプワゴンには、連日このように行列ができています。

ジョバンニ(ハレイワ)

 

いくつかのメニューがありますが、おすすめはこちらのシュリンプ・スキャンピ($14)です!

ガーリック・シュリンプ(ジョバンニ)

 

ぷりっぷりのエビにガーリックがガツーン!ときいたこのプレートは、ご飯までガーリックソースがかけられており、にんにく好きには、それはもぅたまらない一品です!

ジョバンニ(Giovanni’s Shrimp Truck)

住所:66-472 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI [地図
営業時間:10:30am~5:00pm
TEL:808-293-1839
ホームページ:http://www.giovannisshrimptruck.com/

 

ハレイワにはジョバンニ以外にも、いくつもガーリックシュリンプ屋さんがあるので、お腹と相談しながら、いろいろトライしてみてくださいね!

 

– オリジナルグッズも人気のレモネードの有名店-
ワウワウレモネード (Wow Wow Hawaiian Lemonade Haleiwa)

ガーリックシュリンプの名店、ジョバンニからハレイワの入り口方面に少し戻ったところに、レモネードの人気店ワウワウ・レモネード・ハレイワ(Wow Wow Hawaiian Lemonade Haleiwa)があります。

ワウワウレモネード(ハレイワ)

 

ここは、いろんなフレーバーが楽しめるレモネードの人気もさることながら、タンブラーやキャップ、ステッカーなどのオシャレで可愛いオリジナルグッズが大人気なんです。

サーフィンの町らしく、パイナップル柄のサーフボードに「aloha」と描かれた看板が目印です!

 

♦ハレイワ・ストア・ロッツへ行こう

数十年前から変わらない建物も少なくないハレイワですが、2015年には新たなショッピングモール「ハレイワ・ストア・ロッツ」がオープン。

新しいながらも、ハレイワの雰囲気にうまく溶け込んだ可愛らしいショップが20店舗ほど立ち並んでいます。

ハレイワストアロッツ

 

あの有名なかき氷屋さんマツモト・シェイブアイスも、リニューアルオープン!

マツモトシェイブアイスの入り口

 

旧店舗よりもだいぶ広くオシャレになりました!

 

また、ノースショア発のビーチウェア専門店グアバショップや、アロハシャツ選びにピッタリなザ・カハラ・スポーツウェア、サーフデザインのファッションブランドT&Cサーフなどのアパレルショップや、お土産選びにピッタリな雑貨店も揃っています。

グアバショップ

 

♦土日だけのお楽しみノースショア名物「フリフリチキン」とは?

フリフリチキンは、ガーリックシュリンプとならぶ、もうひとつのノースショアの名物グルメです。

フリフリ(HULIHULI)とはハワイ語で「回す」という意味で、フリフリチキンは、文字通りクルクル回しながら炭火でこんがりと焼き上げられた鳥の丸焼きです。

そんなフリフリチキンが食べられるお店レイズ(Ray’s Kiawe Broiled Chicken)は、なんと土日だけオープンするんです。

フリフリチキン(ノースショア)

 

フリフリチキン狙いなら、土日を選んでハレイワに行くのが正解です!

スポンサーリンク

 

 ハレイワへの行き方(ザ・バス/レンタカー)

ワイキキに滞在している方がハレイワまで行く方法は3つあります。

 

♦ザ・バス(The Bus)を利用する

ひとつめは路線バスのザ・バスを利用する方法です。

片道$2.5と、一番安く行かれる方法ではあるのですが・・・どの乗り換えルートで行っても2時間~3時間近くかかります。

そのため、ザ・バスは時間に余裕がある方、費用を抑えたい方向けの行き方となります。

ザ・バスで行くルート

 

いくつかの乗り換えルートがあるので、詳細は上のグーグルマップの「その他のオプション」から大きなグーグルマップを開き、実際に行く日時を入れて検索してみることをお奨めします。

 

 ♦レンタカーを利用する

右ハンドル・右車線の運転がなんとかなりそうなら、レンタカーで行くのが一番早く自由度も高いです。

一番早くワイキキからハレイワまで行かれるのは、H2から99号線を抜けてオアフのど真ん中を縦断するルートで、1時間足らずで到着します。

途中でドールのプランテーションに寄るならこのルートとなります。

オアフ縦断ルート(ドール・プランテーション経由)

 

また、時間は1時間40分ほどかかりますが、オアフ島の東海岸線沿いカネオヘ湾、ライエ、カフクを通るルートも、普段は見られないローカルな海岸や景色が楽しめるのでおすすめです。

カフクでガーリックシュリンプを食べるなら、こちらのルートです!

レンタカーでオアフの東海岸を通るルート

 
♦オプショナルツアーを利用する

もっとも気軽に&気楽に行かれる方法は、やっぱり現地オプショナルツアーです。

オプショナルツアーの良いところは、ホテルまで送迎してくれることと、人気の観光スポットがルートにちゃんと組み込まれていることです。

あとは、価格と自分の行きたい観光スポットが入っているか?などで選んではいかがでしょうか。

 

◆1:ノースショア(ハレイワ)観光 この木なんの木&ドール、ダイヤモンドヘッド登頂ありなし選べる!鉄板ツアー(所要時間6~7.5時間)

ノースショアの有名観光スポットやショッピング、グルメもまとめて楽しめる人気ツアーです。
早朝のダイヤモンドヘッド登頂付きプランも選べます。

<主なルート>

  • モアナルア・ガーデン(この木なんの木)
  • ドール・プランテーション(パイナップルのテーマパーク)
  • ハレイワ散策
  • アリィビーチ(運が良ければウミガメに会えるかも?)
  • ソープファクトリー&ワイアルアコーヒー(モヤさまでおなじみの観光スポット)

»このツアーの詳細を見る

 

◆2:カイルアとノースショア観光 ウミガメとシュノーケルなどアクティビティ満載!7名限定 1日観光ツアー(所要時間:9.5時間)

近年人気上昇中のローカルタウン「カイルア」観光と、ノースショア観光、どちらも楽しめる、欲張りプランです。

<主なルート>

  • モアナルア・ガーデン(この木なんの木)
  • バースストーン(ハワイ王族の出産場所として知られている神聖な場所)
  • ノースショア地区 自由行動(1時間)
  • ジョバンニのガーリックシュリンプでランチ
  • ドール・プランテーション(パイナップルのテーマパーク)
  • ブーツ&キモズ(カイルアのパンケーキ有名店。火曜日はシナモンズです)
  • カイルア地区 自由行動(2.5時間)

»このツアーの詳細を見る

 

ノースショアは、ワイキキとはまったく違う、本当のハワイを感じられる場所です。

いつでも観光客で賑わっている華やかなワイキキから離れて、

「ハワイってこんなにも自然豊かでのんびりとした場所だったんだなぁ」

と、ゆっくりと感じてみてください。ハワイがもっと好きになるはずです。


関連記事&スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ