ハワイで楽しむ!スタンドアップパドルサーフィン(SUP)!

サップは気軽に楽しめるマリンスポーツ!

サップ

ハワイで人気のマリンスポーツのひとつにスタンドアップパドルサーフィン(スタドアップパドルボード)があります。

頭文字を取って、通称:サップ(SUP)とよばれています。

ロコはもちろん観光客にも大人気で、毎日大勢の人々がハワイの青い空の下でサップを楽しんでいます♪

 

「でも、サーフィンなんて、初心者には難しいのでは・・・?」

と思いますよね?

たしかにサップ専用のサーフボードの上に立って乗るので、ちょっと難しそうに感じてしまいますが、パラ子もヒデキも、なんと一回でボードに立つことができました!

 

今回は、そんな初心者でもすぐに楽しめてしまうサップの魅力、そして、ワンランク上のサップアクティビティ「サップヨガ」が体験できる場所についてお伝えします!

スポンサーリンク

初心者のサップデビューにピッタリの場所とは?

実は、パラ子とヒデキが1回でボードの上に立てたのには理由があったんです。

それは、波のない場所だったからです。

 

私たちは以前、カイルアビーチ近くのレンタルハウスに滞在したときに、サップボードを借りることができたので挑戦しようかな!と思ったことがあったのですが、あえなく断念。

その理由は、カイルアビーチの波が高すぎて、怖くてチャレンジする気になれなかったためです。

犬とカイルアビーチ

 

だから、今回は波のない場所を選びました。

それがこちら、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジにあるラグーンです。

ヒルトンのラグーン

 

ヒルトンのラグーン(デューク・カハナモク・ラグーン)は、外海とは完全に切り離された海水プール(人工池)です。

そのため、波がまったくないので、初心者がサップデビューするのにピッタリ!

しかも、ヒルトンのプールは宿泊者専用ですが、ラグーンでは宿泊者以外でも無料で利用できるんです。

「スタンドアップパドルボード」はどこで借りる?

さて、ラグーンでサップをするなら、サップボードをどこかで借りる必要がありますよね。

ラグーンから少し東に歩いたところにビーチ用品のレンタルを行っている、ワイキキビーチ・アクティビティーズのカウンターがあるのですが、ここで、スタンドアップパドルボード、足こぎボート、カヤック、アクアバイクなどが借りられます。

スタンドアップパドルボードの料金は1時間で$35(税別)、2時間で$55(税別)となっていました。

■ワイキキビーチ・アクティビティーズ

営業時間:8:30 am ~4:30 pm
ホームページ:http://waikikibeachactivities.com/rentals/(英語)

 

このほかに、ラグーンのすぐ隣でスタンドアップパドルボードのレンタルを行っている別の業者の方もいました。

こちらのお兄さんにスタンドアップパドルボードの価格を聞いたら「1時間$40」と言われたので、

「あっちは(ワイキキビーチアクティビティーズを指差して)1時間$35だったよ!」(←英語です)

と言ったら、

「キャッシュで払うなら、ひとり$35でいいよ。」

と、アッサリ負けてくれました。

 

税金は加算されなかったので、税金(4.712%)分だけ得だったかも?

ということで、ラグーン脇の業者からボードを借りて、いよいよパラ子たちも初めてのサップに挑戦です!

サップボードの安全な乗り方

ボードを借りると簡単にボードの乗り方をレクチャーしてくれます。

英語でのレクチャーですが、実際に水の上で行う動作を砂浜で練習させてくれるのでまったく問題ないです!

 

私たちが習ったサップボードへの安全な乗り方はこんな感じです。

  1. まずは、ボードの前半分が水面、後ろ半分は砂浜にある状態にする(ボードが安定する)
  2. 次にボードの中央に正座し、そのままお尻を浮かして膝立ちをする 
  3. 片足ずつそっと立ち上がる(ボード揺らさないように注意)
  4. パドルを使ってラグーンへ漕ぎ出す

すると、だいぶへっぴり腰ですが、初心者でもこのようにすぐに立って乗ることができます。

スタンドアップパドルボード(ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ)

 

パドルは、片手を一番上に、もう一方は真ん中あたりで持ちます。

きっと正式にはきちんとしたルールがあるのかもしれませんが、これでも十分進みました!笑

 

でも、だんだん慣れてくると、ラグーンの波のなさがちょっと退屈に思えてきて、

「海でやってもいい?」

とさっきのお兄さんに聞いたら、

「ダメだよ!マウイまで行っちゃうよ!」

と、ジョーク混じりに断られました。うーん、行けるものなら行きたい。笑

ということで、ここで借りたスタンドアップパドルボードは、ラグーン限定で、海では使えませんでした。

スポンサーリンク

 

次回挑戦してみたい!2つのサップ体験

私たちは今回、とりあえずスタンドアップパドルボードってどんなものかな?という体験が目的だったので、それについては十分に果たすことができました!

ということで、次回やってみたいなぁ~と思うサップ体験を2つご紹介します。

♦ヒルトンのラグーンで開催されるサップヨガレッスン

セレブの間でも人気になっているサップを使ったアクティビティーと言えば、サップヨガです。

ヒルトンのラグーンでも、サップヨガのレッスンが開催されています。

サップヨガ(ヒルトンハワイアンビレッジ)

 

朝からこんな感じでヨガができたら、本当に気持ちいいでしょうね~♥

申込みはさきほど紹介したワイキキビーチ・アクティビティーズのWebサイト(英語)からできます。

また、現地のラグーン近くにあるカウンターでも申し込めます。

■ワイキキビーチ・アクティビティーズ サップヨガレッスン

・グループクラス
開催日:火・木・土 8:30 am~10:00 acm
料金:$59

・プライベートクラス/プライベートグループ
URLでご確認ください

ホームページ:http://waikikibeachactivities.com/stand-up-paddle-board-yoga/(英語)

 

♦次はやっぱり「海」でサップをしたい!

次にサップをするならやっぱり海がいい!と思ってます。

ラグーンでのサップは安全ではあったものの、1時間もやっていると慣れてきてちょっぴり退屈に感じてしまったんですよね・・・。

特に、マリンスポーツが得意な男性なら、なおさらそう感じてしまうかも知れません。

 

そういった方にピッタリなのが、海でインストラクターがちゃんと教えてくれるレッスン付きの体験です。

シェラトンやハイアットなどの主要なホテルからも近い場所で開催されるので、気軽に参加できそうですね。

※サーフィン/スタンドアップパドルレッスンから選べる ワイキキビーチ 波乗り体験!»

日焼け対策はしっかりと!

ハワイは日差しがとても強いので、ほんの数分素肌を太陽の下にさらすだけで、日焼けしてしまいます。

スタンドアップパドルボードやその他のビーチアクティビティを楽しむときは、必ずラッシュガードを着用してくださいね。

 

ラッシュガードからはみ出る部分(顔、足、手首など)は、しっかり日焼け止めクリームを塗ってください。

塗り忘れると・・・一日でパンダのような白黒模様ができあがります。苦笑

♦どんなラッシュガードがおすすめ?

ラッシュガードには大きく分けて2タイプあります。

プールや海での簡単なアクティビティーで使うなら、手軽に羽織れて見た目にもオシャレなこういったパーカータイプが最近は人気となっています。

 

でも、海でシュノーケリングをしたり、泳いだり、もう少し本格的な用途にも使うなら、こういうタイプの方がおすすめです。

 

ちなみに私は両方とも持っていて、状況によって使い分けています。

それでは、ハワイで手軽なマリンスポーツ「サップ」を楽しんでくださいね♪

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ