[ハワイ]ワイキキトロリー「ピンクライン」を無料で乗りこなそう!

ワイキキトロリーとは?

ワイキキトロリーは、オアフ島内で運行されている観光用トロリーバスです。

運行ルート別にピンクライン、レッドライン、ブルーライン、グリーンライン、パープルラインの5つが運行されています。

その中で、ワイキキ滞在者が「ワイキキの足」として便利に使えるのがピンクラインです。

ワイキキトロリーグリーンライン

 

今回はこの便利なワイキキトロリー「ピンクライン」の運行ルート、注意点、そして無料で乗れる方法!をご案内します!

スポンサーリンク

ピンクラインの運行ルートは?

ピンクラインの正式な名前は「ワイキキ・アラモアナショッピングコース」です。

その名のとおり、ワイキキとアラモアナセンターを循環している路線です。

トロリーのデザインはどのラインも同じなので、バスの正面や側面に「ピンクライン」と書かれているのが目印となります。

ワイキキトロリー ピンクライン

車内ではフリーWi-Fiが利用できるので、スマホで調べものをしながら乗ることもできます!

ピンクラインの運行ルート

ピンクラインは約10分間隔、1周約1時間で循環しています。

トロリーの種類は、冒頭の写真のように、ノスタルジックな小さなタイプの車両もあれば、上の写真のように2階建て(ダブルデッカー)のものもあります。

ただ、ピンクラインは利用者が多いためか、よくダブルデッカータイプを見かけます。

【運行時間】
始発  8:55 am(Tギャラリアハワイ発)
終発  9:56 pm(月~土)/8:06 pm(日) アラモアナセンター(海側)発

日曜日はアラモアナセンターの終発が8:06 pmととても早くなっていますので、気をつけてくださいね。

※詳細はワイキキトロリーの公式ホームページでご確認ください。

  アラモアナセンター方面
1 Tギャラリアハワイ(ロイヤルハワイアン通り)
2 モアナ・サーフライダー・ウエスティン
3 デューク・カハナモク像
4 アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル
5 ヒルトン・ワイキキ・ビーチ
6 ワイキキ・マーケットプレイス
7 コートヤード・バイ・マリオット
8 ワイキキ・ゲートウェイ・ホテル
9 サラトガ通り(郵便局前)
10 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ(カリア通り)
11 アクア・パームズ・ワイキキ
12 アラモアナセンター(海側)
  ワイキキ方面
13 イリカイ・ホテル
14 サラトガ通り(トランプ・ホテル)
15 エッグスンシングス(サラトガ本店)
 ↓
1  へ戻ります。

なお、現地に着いたらホテルやツアーデスクなどに置いてあるワイキキトロリー・マップ・ガイド(日本語版)を手に入れることをおすすめします。

全路線のマップはもちろん、お得なクーポンも付いています!

ワイキキトロリーマップガイド

 

ワイキキトロリーに無料で乗る方法とは?

ワイキキトロリー(ピンクライン)の料金は片道$2となっています。

ザ・バスが$2.5なので、大して安くはありませんよね。

 

でも、実はこのピンクラインを何回でも無料で乗れる方法があるんです!

それは、JCBカードを運転手さんに見せることなんです。たったそれだけです!

JCBカード保有者1名につき、同乗の家族は大人1名、子ども2名(11歳以下)まで無料となります。

乗車時には運転手さんに「ファミリー」とお伝えくださいね。

それ以外の方の場合、一人につき$2ドルがかかりますが、2歳以下は無料です。

 

実は、これはJCBカードのキャンペーン特典なんです。

JCBキャンペーン

出典:http://www.jcb.co.jp/campaign/c07_060trolley.html

 

JCBのホームページを見ると2009年4月1日~2019年3月31日がキャンペーン期間となっていますので、2019年4月からは無料で乗れなくなってしまうのかもしれませんが・・・今のところ大丈夫です!

JCBカードにはほかにもハワイで利用できる優待特典がありますので、こちらのページも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

ワイキキトロリーの停留所はわかりづらい?

ワイキキトロリーの停留所は、日本と同じようにベンチがあって遠目からでも「あれは停留所だ!」とわかるものもあれば、電柱に小さな看板が付いているだけのものもあります。

この電柱+看板タイプはハッキリ言ってわかりづらいです。

私も以前「8 ワイキキ・ゲートウェイホテル」から乗ろうと思ったのに停留所の場所がわからず、数分間ウロウロ探し回ってしまったことがあります。

このため、自分が乗降したい停留所が電柱+看板タイプの場合、一度下見をしておくと良いと思います。

 

また「11 アクア・パームス・ワイキキ」と「13 イリカイ・ホテル」には、そもそもトロリー停留所の看板すらありません。

この2か所については、ホテル前の道路沿い(アラモアナ通り沿い)で待っていればOKです。

 

ちなみに、こちらの写真はグリーンラインのものですが、これは(これでも)わかりやすい停留所の方です。笑

グリーンラインバス停

 

もうひとつ、つい日本人が忘れてしまいがちなことがあります。

それは、ハワイはアメリカなので右側通行だということです。

何を今さら・・・と思いますよね?

 

でも、私もいまだにワイキキ方面からアラモアナセンター行きのピンクラインに乗ろうと思ったとき、つい車道の左側のバス停を探してしまうんです。

違います、車道の右側です。

もし左側から乗ってしまったとすれば、恐らく自分が行きたい方面とは逆の方面にバスは動き出します・・・苦笑

その他の注意事項

大きな荷物は持ち込めない

ワイキトロリーには、あまり大きな荷物は持ち込めません。

最大60×45×30cmまでで、着席時に両膝に抱えることができる範囲までとなっています。

スーツケースや大型のベビーバギー等をお持ちの場合は乗車できない場合がありますのでご注意ください。

ほかの路線は有料

また、JCBカードを見せると無料になるのはピンクラインのみです。

その他のライン(レッドライン、ブルーライン、グリーンライン、パープルライン)は普通に運賃がかかります。

よく遅れてくる

10分間隔となってはいるものの、渋滞するとかなり待つこともあります。

ようやく来た!と思ったら、グリーンラインだったり、ブルーラインだったりして、なかなかピンクライン来ないことも・・・。

また、アラモアナセンターでのショッピング後、ワイキキ方面へ帰ろうと思って列に並んでいたら、乗客が多すぎて乗り切れなかったり・・・

でも、そこはハワイです。

イライラせずに南国気分での~んびりと待つのが正解です!笑

では、ピンクラインを活用して、ワイキキをたっぷり楽しんでくださいね!

 

JCBカードを持っているとハワイではほかにもお得なことがあるんです!詳しくはこちらの記事でご確認くださいね。

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ