バックパックでハワイへ!スーツケースなしで身軽なハワイ旅行!

空港に着いてからの時間がかかりすぎる・・・。

日本から飛行機ではるばる7時間。

ようやくハワイのホノルル国際空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)に着陸!

ユナイテッド・エアライン

 

・・・でも、実際に晴れてハワイで自由の身になれるまでに、ここからまだ結構時間が掛かるんですよね。

まずは入国審査の長~い列に並び、

「サイトシーイング!8デイズ!」

なんて入国審査官の質問に答え終わったかと思ったら、今度は手荷物受取所(Baggage Claim)で

「まだかなぁ~」

と思いながら、自分のスーツケースが出てくるまでターンテーブルをじーっと見つめて待たねばなりません。

手荷物受取所

 

家族や友達同士など、いくつものスーツケースを預けた場合は、全員分のスーツケースが出てくるまでにここで30分くらい待たされてしまう・・・なんてことも少なくありませんよね。

「この時間って無駄だなぁ~」

ただでさえ貴重なハワイ滞在時間。

こんな場所で時間を浪費してしまうのはもったいない、とパラ子たちはいつもそう思っていました。

 

そんなときに思いついたのが、

「次回は、スーツケースを使わずにハワイに行ってみようか?」

というアイディアでした。

 

ということで、本当にやっちゃいました!

スーツケースなしの身軽なハワイ旅行。

今回はそのおすすめポイントや注意点などをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

スーツケースに替わるものは?

スーツケースなど機内預け荷物を持たないということは、言い換えれば機内持ち込み手荷物だけでハワイへ行くということになります。

でもご存じのとおり機内持ち込み手荷物にはサイズや重さ、そして個数の制限があります。

航空会社や座席のクラスにより異なりますが、パラ子たちの利用したユナイテッド・エアラインでは22 cm x 35 cm x 56 cmまでがOKだったため、パラ子もヒデキもそれぞれバックパックを利用しました。

ヒデキはコレ(の旧型)です。

»オスプレーパック(ファーポイント40パック)

 

そして、パラ子はコレです。

»モンベル トライパック 45

本当はキャスター付きのタイプにしようかとも思ったのですが、その分1.5kgも重くなってしまうことがわかったので、あえてキャスター無しを選びました。

ホノルル空港に到着、そして・・・

この日は予定より少し早くホノルル空港に到着。

早朝にホノルル空港に着く便だったため、ラッキーなことに空港自体がかなり空いていました。

 

そして、いつものとおり入国審査場に向かったわけですが、ここでちょっとビックリ!

知らないうちに自動入国審査端末(Automated Passport Control)が導入されていたのです。

このエリアは撮影禁止なのでホノルル空港にあったものではありませんが、こんな感じの端末で操作します。

言語も「日本語」が選べるので、スムーズに扱えます。

Automated Passport Control (APC)

ホノルル空港自動入国審査端末

引用:https://www.cbp.gov/travel/us-citizens/apc

これによってかなり時短となり、審査官とは一言二言話しただけであっという間に入国審査が終了!

そしてこの後、いつもなら手荷物受取所のターンテーブルとの長時間にらめっこをしなければなりませんが、この日はターンテーブルを一瞥したら、そのままスルーです。笑

このときの気分ときたら、ホントに爽快でした!

 

そして、荷物を背負ってスーッと税関まで行き、税関申告書を提出したら、ハイ、おしまい!

狙いどおり、入国にかかる時間の大幅な短縮に成功♪

着陸してからここまで30分もかかってないのでは?と思うほど素早く、ハワイの地で自由の身になれました♥

スポンサーリンク

そして、ザ・バスでワイキキへ

スーツケースレスで良かったことの2つ目、それはザ・バスでワイキキまで行かれたこと!

ザ・バス20番(ホノルル空港からワイキキ)

 

実は、ザ・バスは大きなスーツケースを持って乗ることはできないんですが、膝の上に載せられるバックパックならOKなんです。

ザ・バスに乗れないスーツケース持参のときは、空港からワイキキまでは主にシャトルバスやタクシーを利用するようになるのですが、この場合2人で優に$35以上はかかってしまうんですよね。

それが、一回$2.5のザ・バスなら、2人で$5ポッキリで済んでしますので、その差額でパンケーキ2人分が食べられます!笑

 

ザ・バスでワイキキへ行く方法の詳細はこちらにレポートしていますので、あわせてご覧くださいね。

スーツケースなしのデメリットや注意点

さて今回、スーツケースをやめて機動性は格段にアップしましたが、いくつかの注意点やデメリットにも気づいたのでご紹介しますね。

 

持ち込めない物が増える

スーツケース持参の場合、機内持ち込み手荷物にできないもの(100ml以上の液体や刃物・ハサミ類)は、スーツケースに入れて預け入れ荷物にしてしまえばOKでした。

でも、今回はすべてが機内持ち込み手荷物となるので、そういうわけにもいきません。

行きはまだいいのですが、問題は帰りです。

 

たとえば、100ml(100g)を超える容量の化粧品、ハンドクリーム、歯磨き粉や、ビールなどの酒類、液体調味料(ガーリックシュリンプの素やドレッシング、ソースなど)は、お土産として持ち帰ることができないのです。

だから、可愛いセレクトショップで見つけたルームフレグランスなども、買うときには

「ちょっと待って!容量はどのくらい?」

といちいち確認してから買う必要があります。

ただし、現地のTギャラリア ハワイ by DFS(3F)で購入した酒類、香水など、ホノルル空港受け取りとなるものは問題ありません。

バックパックが邪魔に感じるときがある

これは、行きと帰りだけの話なので、大した問題ではないのですが・・・

スーツケースの場合、行き帰りの空港でチェックインをする時に預けてしまえるので、その後は飛行機を降りるまでとても身軽になれますよね。

でも、バックパックの場合は預けないのでずーっと一緒です。

 

たとえば、空港内のショップを見て回るときも、空港ラウンジで休んでいる間もずーっとです。

特に帰りは行きよりも荷物が増えてバックパックが重くなってしまったので、それを空港内で背負って歩くのは女性のパラ子にとってはちょっとだけ大変でした。

キャスター付きにしておけばよかったかな?とここでも少し思いました。

併用すると便利な「フライバッグ」

行きよりも帰りの方が、お土産などでどうしても荷物は増えてしまいますよね。

私たちの家族の場合、ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートが大好きなので、6箱入りなんて買ってしまった日には、バックパックになんて入るはずもなく・・・苦笑

そんなときに便利なのがコレです。

»フライバッグ (折り畳みバッグ)

重さはたったの160gと超軽量。

行きは小さく折り畳んで荷物の奥底に忍ばせておき、帰り支度の際に初めて登場させるこの便利なフライバッグをもう何度使ったかわかりません。

スーツケースやキャリーバッグの場合は、ハンドル部分に通して使えるのでホントに便利ですよ!

まとめ

そういえば、スーツケースを持っていく最大のリスクを言い忘れていました。

それは、ロストバゲージ(航空会社に預けた荷物が紛失してしまうこと)です。

私たちは幸いにしてまだ一度もないのですが、私の周りには何人もそういう目に遭った人がいます。

旅行先で荷物が無くなってしまっては、滞在に支障をきたすことは確実ですし、その手続きをしている時間的なロスも発生します。

その点、機内持ち込み手荷物だけなら、ロストバゲージとは無縁な旅ができますよね。

 

実は今回、バックパックハワイ旅行にするあたり、次のような細かい工夫も行いました。

  • 着替えを少なめにする
    今回7泊だったのですが3日分だけ持参し、現地で洗濯をしました。
  • 各荷物を小さくする
    基礎化粧品や洗顔料などをごく小さな詰め替え容器に入れました。
  • なくてもなんとかなりそうな物は置いていく
    ビーチサンダルは持たず、サンダル(アイランドスリッパ)だけにしました。etc.

まぁ、必要になったらその時ハワイで買えばいいかな!くらいのゆるい気持ちになると、だいぶ荷物が減らせました。

 

その他の旅行に便利なグッズをこちらにまとめてますので参考にしてみてくださいね。

もし次回のハワイ旅行はスーツケースで行く?それともバックパックで行く?と誰かに聞かれたら

「もちろん、バックパックで!!」

と即答します。

いくつかのデメリットを考慮しても、やっぱりスーツケースなしの旅は快適♥だったんです。

次回のハワイ旅行は、スーツケースなしでもっと身軽に行ってみませんか?

オスプレイのバックパック

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ