ワイキキでも食べたい!ハワイ名物「ガーリックシュリンプ」!

ハワイのB級グルメと言えば、やっぱりガーリックシュリンプ!!

パンケーキにエッグベネディクト、アサイボウルにアヒポケ etc.とハワイは魅力的なフードが街中にあふれています。

そんな数あるハワイ名物の中でも、ハワイB級グルメの代表と言えば、あのプリプリのエビがたまらない、ガーリックシュリンプですよね。

ガーリック・シュリンプ(ジョバンニ)

 

でも実は、ガーリックシュリンプの発祥はハワイはハワイでも、ホノルルではなくてノースショアなんです。

ノースショアには人気のシュリンプトラックが点在して、私たちも行けば毎回どこかで必ず食べています。

人気店ジョバンニのシュリンプトラック

ジョバンニ(ハレイワ)

 

でも、ワイキキからノースショアまで行くとなるとだいぶ時間がかかってしまいます。

「それなら、ワイキキでもガーリックシュリンプを食べられるお店はないの?」

と思いますよね。

 

実は、ワイキキにもあるんです!

ということで、今回は私たちがワイキキ周辺で食べた美味しいガーリックシュリンプをご紹介します。

スポンサーリンク

ブルーウォーターガーリックシュリンプ

ブルーウォーターガーリックシュリンプ(Blue Water Shrimp & Seafood Market)は、アラモアナセンター内のフードコート「マカイマーケット」と、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの「レインボー・バザール」にあるカジュアルなシーフードレストランです。

ブルーウォーターガーリックシュリンプ

 

ガーリックシュリンプのほか、ステーキ、カニ、ロブスターなどもチョイスできます。

その場で食べることもできますが、プレートランチで「to go」して、ビーチやホテルのラナイで食べるのもおすすめです。

ブルーウォーターのガーリックシュリンプは、ガーリックがよく利いたオイル系で、Mild、Medium、Spicyと3段階から「辛さ」を選べます。

ガーリックシュリンプ($18+tax)

ブルーウォーターガーリックシュリンプ

 

そんなにしつこくないので、女性でも美味しく食べられると思います。

レモンを絞って食べるとさらにスッキリといただけますが、私はガーリックの香りをしっかり味わいたいのであえてノーレモンで。笑

そして、余ったトロッとしたガーリックオイルは、もちろん!ご飯にかけていただきました。

このちょっとお行儀の悪い(?)食べ方こそB級グルメの醍醐味ですよね~!

 

さて、こちらは、ガーリックシュリンプとフリカケアヒのセットです。

combinations($19+tax)

フリカケアヒ(ブルーウォーター)

 

フリカケアヒ(Seared Ahi Furikake)は、マグロの切り身にフリカケ(日本のあの”ふりかけ”のことです)を付けて焼いたものです。

このフリカケアヒ、焼き加減がミディアムレアで思っていた以上に美味しかったんです!

 

実はこのお店は人気店だけあって、いつも混んでいるんです。

私は最長で30分も待たされたことがあるので、事前に電話で注文しておくのもおすすめです。

■ブルーウォーター・ガーリックシュリンプ

・ヒルトン・ハワイアンビレッジ「レインボーバザール」内
住所:2005 Kalia Rd Honolulu, HI[地図
営業時間:10:00am~10:00pm
TEL:808-955-5400

・アラモアナセンター「マカイマーケット」内
住所:1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI[地図
営業時間:9:30am~9:00pm
TEL:808-946-4759

 

実はブルーウォーターガーリックシュリンプは、日本にも何店舗か出店しており、私は横浜のワールドポーターズの店舗に行ったことがあります。

ハワイのものとはちょっと違っていましたが、そちらも美味しかったです!

スポンサーリンク

 

ギリガンズ

ギリガンズ(Gilligans Beach Shack)は、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのラグーンにほど近い駐車場で営業しているシュリンプトラックです。

ギリガンズ

 

「あれ、この黄色いシュリンプトラックどこかで見たことがある!」

と思った方は、きっとハワイを舞台にした刑事ドラマ「ハワイ・ファイブ・オー」のファンですね!

そのモデルとなったのか?それともこちらが真似をしたのかは不明ですが、ドラマでカマコナがやっているシュリンプトラックとほぼ同じ場所にあるんです。

そして、ギリガンズのシュリンプトラックにこんなシールが貼ってありました。笑

シャツなし!靴なし!問題なし!(カマコナ)

ギリガンズのカマコナシール

 

ここはカハナモクビーチやヒルトンのラグーンで遊んでいるときに気軽に食べられる場所なので、ヒルトンや付近のホテルの滞在者にはとっても便利です。

ガーリックシュリンプは$11.95(+tax)と他店よりもだいぶ安めです。

私たちはこちらの、マヒマヒ(シイラ)がセットになったものを注文しました。

Garlic Shrimp & Grilled Mahi Combo (13.95+tax)

ギリガンズ

 

シュリンプ自体はちょっと小ぶりでしたが、味はガーリックがよく利いてて美味しかったです。

ただ、マヒマヒグリルの味はいたって普通かな?

付け合わせとしてコールスローサラダやフライドポテトが添えられていたので、お腹は十分満足しますよ!

マヒマヒのセットだとガーリックシュリンプがちょっとしか入っていなかったので、次回はガーリックシュリンプのみで行こう!と思いました。

■ギリガンズ(Gilligans Beach Shack)

住所:Duke Kahanamoku Lagoon, Honolulu, HI [地図
営業時間:11:00am~7:00pm
TEL:808-927-9869
ホームページ(英語):http://gilliganswaikiki.com/

 

グーフィー・カフェ&ダイン

グーフィー・カフェ&ダイン(Goofy cafe and dine)は、ワイキキの西、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジにほど近いアラモアナ通り沿いにあるカフェ・レストランです。

1Fは雑貨店、2Fがグーフィー・カフェ&ダインです。

グーフィーカフェアンドダイン

 

実はこのお店、滞在中のコンド(イリカイホテル)のエレベーターで、朝食帰りに偶然会った欧米の方が

「あなた、グーフィー・カフェ&ダインにはもう行った?すごくコーヒーも美味しくていいのよ!とてもおすすめよ!」

と、強力にリコメンドしてくれた店なんです。

朝のカフェメニューにはまだ挑戦できていないのですが、夜のディナータイムに行って食べたのがこちらのガーリックシュリンプです。

KAHUKU GARLIC SHRIMP($16 税込)

グーフィーのガーリックシュリンプ

 

ガーリックシュリンプと言えばオイルで炒めるイメージですが、こちらのガーリックシュリンプはフライになっています。

たとえるなら、日本の居酒屋で出てくる川エビの唐揚げっぽい感じかな?

カフク産(ノースショアにあるガーリックシュリンプの発祥地)の大きなシュリンプがカラッと揚げられていて、殻ごと食べてもOKでした。

ガーリック風味はやや少なめでしたが、美味しかったです!

 

実はグーフィー・カフェ&ダインはロコモコが美味しいことで知られています。

グーフィーカフェアンドダインのロコモコ

 

上品で濃厚なグレービーソースがいいお味でしたので、ガーリックシュリンプと一緒にいかがですか?

■グーフィー・カフェ&ダイン(Goofy cafe and dine)

住所:1831 Ala Moana Blvd #201, Honolulu, HI [地図
営業時間:7:00am~11:00pm
TEL:808-943-0077
ホームページ(英語):http://www.goofy-honolulu.com/

スポンサーリンク

まだまだあります、ガーリックシュリンプ!

今回は時間とお腹の空き具合の都合で行かれなかったのですが、こちらのファイブスターシュリンプもワイキキの有名店です。

ファイブスターシュリンプ

 

ファイブスターシュリンプは、ワイキキ・ビーチ・ウォーク沿いの屋台村「パウハナ・マーケット」内にあるシュリンプトラックです。

オリジナルのガーリックシュリンプ($13.99)のほか、スパイシー、レモンバターなども選べます。

ここのシュリンプは、大ぶりで美味しいカフク産のシュリンプだそうなので、次回は絶対にトライしようと思います!

■ファイブスター・シュリンプ(FIVESTAR SHRIMP)

住所:234 Beach Walk, Honolulu, HI [地図
営業時間:11:00am~10:00pm
TEL:808-286-8900

 

おまけ:自宅でハワイの味を再現したいなら・・・!

大好きなガーリックシュリンプを日本に帰ってから家で再現したい!と思う方も多いですよね。

そんなときに便利なのがこちらのガーリックシュリンプの素、ミナト ハワイアンスタイル・シュリンプ・マリネードです。

ミナトガーリックシュリンプ

 

このシュリンプマリネードに、ブラックタイガーなどのエビを数時間漬け込んで炒めると、自宅でも手軽に美味しいガーリックシュリンプが作れるんです!

ドン・キホーテを始めとするスーパーで売られていますので、自分や友だちへのお土産にいかがでしょうか?

 

時間があれば、次こそはノースショアへ!

さて、いかがでしょうか?

ワイキキでも美味しいガーリックシュリンプが味わえることがわかりましたよね?

でも、やっぱり本場にはいろんなガーリックシュリンプがそろっています。

もし時間ができたら、ぜひノースショアへどうぞ!

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ