[ハワイ]ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンターが最高に楽しい!

ハワイを代表するカフェチェーン「ホノルルコーヒー」

ホノルルコーヒー(HONOLULU COFFEE)は、1991年にホノルルダウンタウンの街角の一軒のカフェ・スタンドから始まったコーヒーチェーンです。

今では、オアフ島(ワイキキ)のモアナサーフライダーやアラモアナセンターをはじめ、マウイ島、ハワイ島など計10店舗以上を展開しており、実はグアムや日本にも進出済みなんです!

ホノルルコーヒー・モアナサーフライダー店

ホノルルコーヒー(モアナサーフライダー)

 

そんな数あるホノルルコーヒーの店舗の中でも、パラ子たちが特におすすめしたいのが、2015年に誕生した「ホノルルコーヒー・エクスペリエンス・センター(HONOLULU COFFEE EXPERIENCE CENTER)」です!

今回は、ほかのホノルルコーヒーの店舗とはちょっと違った体験(エクスペリエンス)ができる、「ホノルルコーヒー・エクスペリエンス・センター」をご紹介します!

スポンサーリンク

それは、ワイキキの西側にあります。

いつも多くの観光客で賑わって活気にあふれてるワイキキ中心部は、ただ歩いているだけなのになぜかウキウキしてしまう楽しい場所ですよね。

そんなワイキキ中心部から1.5kmほど西に行ったハワイ・コンベンション・センターの向かい側に、ホノルルコーヒー・エクスペリエンス・センターはあります。

 

たった1.5km離れただけなのに、このあたりはワイキキ中心部とは比べ物にならないほど落ち着いた雰囲気があります。

だから、ワイキキの喧騒からちょっぴり離れて、ゆっくりコーヒータイムを楽しみたい、という方におすすめのスポットなんです。

エクスペリエンスセンターの入り口

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンターには2カ所のエントランスがあります。

こちらの写真は西側(アラモアナセンター側)から来た場合の入り口となり、このように建物の手前にテラス席があります。

ホノルルコーヒー・エクスペリエンス・センター入り口(西側)

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

中央がドーム状になった白亜の建物が青空によく映えてステキですよね!

そして、東側(ワイキキ方面)からやって来た場合の入り口はコチラ側となります。

ホノルルコーヒー・エクスペリエンス・センター入り口(東側)

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

 

ハイビスカスの髪飾りを付けた女性がモチーフとなったホノルルコーヒーのロゴが中央に配置されていますね。

こちら側には駐車場が完備されていますので、レンタカー組も安心です。

エクスペリエンスセンター内の様子

さて中に入ると、さきほど外から見えたドームの内側が、丸く膨らんでいるのがわかります。

天井が高くなっているので、とても開放感があります。

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター(内部)

 

そのドームの中央にはコーヒー豆のロースター(焙煎機)が配置されていて、この日はちょうど豆の焙煎作業が始まり、建物内にはコーヒーのアロマがふわぁーっと漂いました。

それだけでも、コーヒー好きなパラ子はシアワセな気分になれるんです♥

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

 

建物の壁づたいにコーヒーの栽培に関する展示があり、コーヒーの歴史などを学ぶことができます。

文章は英語なので読むのは大変ですが、絵を見るだけでもなんとなく理解できるので楽しいですよ♪

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

 

また、店内にはカッピング・ラボ(CUPPING LAB)があり、予約をするとカッピング(コーヒーのテイスティング)体験ができます。

ホントにいろんな「体験」ができる施設なんですね!!

カッピングラボ(ホノルルコーヒー)

お土産探しにもピッタリ!

東側(ワイキキ方面)の入り口から入ると、すぐ右手にお土産コーナーがあります。

コーヒー豆はもちろん、紅茶やジャム、マグカップ、グラス、ポーチ、クラッチバッグ・・・

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

 

シンプルで使いやすいカラーリングのトートバッグは自分用にも、友だちのお土産用にも欲しくなってしまいますね。

ホノルルコーヒーのお土産

 

また、お土産コーナーの近くでは、ポットに入ったコーヒーが自由に試飲できますので、味見をしてから気に入った豆を選ぶことができます。

ホノルルコーヒー試飲

手作りスイーツが気になる!

パラ子がエントランスから入ったときにすぐに目についたのが、日本語で「新作のレモンゆずエクレアをお試しください。」と書かれたこの看板です。

レモン柚子エクレア(ホノルルコーヒー)

 

この可愛らしいビジュアルに加え、レモン&柚子なんていうハワイには珍しい組み合わせのフレーバーに惹かれて、

「ヨシッ!これは絶対に食べよう!」

と心に決めたのでした。

 

実は、エクスペリエンスセンター内にはスイーツの厨房があります。

センター内やオアフ島の各店舗では、ここで手作りされているケーキやペストリーなどを食べることができるんです。

そしてこのとき偶然にも、ちょうどパティシエさんがレモンゆずエクレアをひとつひとつ丁寧に作っていらっしゃいました!

ゆずレモンエクレア(ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター)

 

さっそく注文カウンターの方に移動して、コーヒーと一緒に頼もうとしたのですが、レモンゆずエクレアはまだ用意できていないとのこと。

よく考えてみれば当然ですよね、いまちょうど作っているところなんですから・・・。

ということで、テラスでコーヒーを飲みながら、でき上がるのをしぶとく30分ほど待ってようやく手に入れることができたレモンゆずエクレアがこちら!

ゆずレモンエクレア(ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター)

 

サクサクのエクレア生地に、適度に酸味のあるレモンと柚子香りのクリームがON!

さらに焦げ目のついたメレンゲとチョコレートが添えられているこのオシャレなエクレアは、ホントに美味しかったです♥

・・・ただね、とっても小さいんです!!おそらく10センチちょっとかと。

 

あと3コは食べたい気分になります。(オイオイ・・・)

それなのに$6は、ちょっと高いなぁと思いましたが、美味しかったので満足です!!

おすすめはやっぱりテラス席!

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンターでは、会計後に自分で好きな席を選んで座ることができます。

もちろん、天井が高くて開放的な店内にもゆっくりコーヒータイムを楽しめる席はいくつもあります。

でもね、晴れた日にはやっぱりテラス席に出て、ハワイの心地よい風に吹かれながらくつろぐのがサイコー!!なんです。

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

 

こちらはアイスコーヒーと、バナナが丸ごと1本使われたアサイボウルです。

アサイボウル(ホノルルコーヒー)

 

会計時に「ハニーは要りますか?」と聞かれたので当然「Yes!」と答え、グラノーラの上にかけてもらいました。

ベリー系がのっているわけではないため、華やかさはないですが、食べやすくて美味しいアサイボウルでした!

テラス席の注意点とは?

そうそう!

テラス席に座るときにひとつだけ注意した方がいいことがあるんです。

それは、やたらとハトなどの野鳥が近づいてくることです。しかも何羽も!

 

日本の野鳥と比べると、ハワイの鳥たちは何倍も図々しく、まったく人間を恐れないんです。

私たちがテラス席に座ったときも、ちょっと目を離した隙に、なんと食べ終わったアサイボウルのカップのフチにハトが止まっていてビックリ!苦笑

図々しい鳩(ホノルルコーヒー)

 

ハトが苦手な方は、店内の席のほうがいいかも知れませんね。

ちなみに、ハワイ州法では野鳥にエサをやることが禁じられており、見つかると罰金となりますのでご注意を!

スポンサーリンク

ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンターへの行き方

最後にワイキキから、そしてアラモアナセンターからの行き方をご案内します。

実はアラモアナセンターからも1kmほどしか離れていないので、むしろそちらからの方が近いかも!です。

♦ワイキキ(ロイヤルハワイアンセンターあたり)から・・・

・徒歩:約18分
・ザ・バス:約12分 (13番、2L番)

♦アラモアナセンターから

・徒歩:約6分
・ザ・バス:約12分 (3番、9番、13番)

 

ワイキキ中心部からちょっと離れただけの場所に、こんな素敵なスポットがあることは、意外に知られていないですよね?

コーヒーがお好きならぜひ立ち寄ってみてくださいね。

きっと素敵なエクスペリエンス(体験)ができるはず・・・!

■ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター

住所:1800 Kalakaua Ave, Honolulu, HI [地図
営業時間:6:00 am~6:00 pm(定休日なし)
TEL:808-202-2562
ホームページ:https://www.honolulucoffee.com/

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ