マイルでハワイへ、ちょっと優雅なビジネスクラス旅!

ANAマイルが貯まったので、ビジネスクラスでハワイへ

日本からハワイまでの飛行時間は約7.5時間。

飛行機

 

一般的なハワイツアーの場合、飛行機の座席はエコノミークラスとなり、座席は狭いし、リクライニングもほとんどできないので、なかなかゆっくりくつろげないのが現状ですね・・・。

でも、パラ子たちは今回マイルが貯まったので、初めてビジネスクラスでハワイに行きました!

 

初めは

「エコノミークラスとそんなに違うのものなのかなぁ?」

と思っていましたが、いざ乗ってみると、それはもぅ優遇に次ぐ優遇で、月とスッポンくらいの差があったんです!

ということで、ANAと同じスターアライアンスの「ユナイテッド航空」ビジネスクラスのハワイ旅についてレポートします!

スポンサーリンク

ビジネスクラスは空港のチェックインから違う

エコノミークラスのチェックインカウンターと言えば、いつも長蛇の列ができていて、それを見ただけでもウンザリしてしまう、という方も少なくありませんよね・・・

成田空港

 

でも、ビジネスクラスの場合は専用のチェックインカウンターがあるため、長蛇の列に並ぶ必要はありません。

そして、私たちが旅立った日はそもそも列すらなくて、すぐに専用カウンターで手続きOK!

待ち時間ゼロであっという間にチェックインを済ませることができました。

ビジネスクラスチェックインカウンター

 

そして、次は出国手続きのセキュリティチェックですが、エコノミークラスの場合はここでもまた長~い列に並ばなければなりませんよね。

でも、ビジネスクラスの場合は、ビジネスクラス以上の人やハンディキャップがある方の専用入り口(GOLD TRACK)があり、やっぱり並ばずにスィーと手続きを済ませられます。

ビジネスクラスGOLD TRACK

 

税関と出国審査はエコノミークラスの場合と同じですが、この日は混んでいなかったのであっという間に出国手続きが完了!

なんてスピーディーなんだろう!とちょっと感動してしまいました。

が、本当の感動はまだまだこれからだったのです!

出発までラウンジでくつろぐ、という贅沢

飛行機の搭乗時刻までの待ち時間は免税店で買い物をしたり、カフェでお茶をしたりして過ごすのが一般的ですよね。

でも、ビジネスクラス以上の搭乗客は、航空会社のラウンジが利用できるため、そちらでゆったり過ごす方が多くなっています。

空港ラウンジと言えば、以前羽田空港の例でもご紹介したゴールドカードやAMEX保有者なら誰でも利用できるカードラウンジもありますが、航空会社のラウンジはそれとは比べものにならないほどラグジュアリーな空間で、サービスも格段に上なんです。

成田空港ユナイテッドクラブの雰囲気

 

そして、私たちが利用したユナイテッド航空の場合、成田空港ではANAラウンジとユナイテッドのラウンジのどちらも利用が可能でした。

ということで、せっかくの機会なので両方をハシゴして利用してみることに・・・

それぞれ違った良さがあったので、詳細は下記ページで細かくレポートしています。
ご興味があれば、ぜひじっくりご覧くださいね!

 

※ANAラウンジについてはこちら

※ユナイテッド航空の「ユナイテッドクラブ」についてはこちら

いよいよビジネスクラスに搭乗!

さて、ANAラウンジとユナイテッドラウンジを堪能したら、いよいよ飛行機に搭乗する時間です。

搭乗券に書かれている「BOARDING GROUP 」が搭乗できるグループの順番となっているのですが、私たちのチケットには「1」と書かれていました。

ビジネスクラスの搭乗券

 

そしてグループ1の場合、ハンディキャップがある方や、2歳以下のお子様連れの方の次に優先搭乗することができました。

グループ1

 

早く搭乗したからと言って早くハワイに着くわけではありませんが、早めに着席して休めるのがいいですよね。

スポンサーリンク

座席は広く、そしてフルフラットになる!

さて、ビジネスクラスの良さと言えば、なんと言っても座席が広いことです!

エコノミークラスの場合は、ほとんど背もたれが倒せない座席が多いですが、ビジネスクラスはこのとおり余裕がある座席スペースとなっています。

ユナイテッドビジネスクラスの座席

 

そして、この背もたれは後ろに180度倒せるため、いわゆるフルフラットとなり、ベッドで眠るときのような寝心地を確保できるんです!

よく見ると、ピローやブランケットは、インターナショナル・マーケットプレイスにハワイ初の店舗がオープンしたことでも注目されている、NY発の高級百貨店サックス・フィフス・アベニュー(Saks Fifth Avenue)のものでした。

米国の航空会社らしいこだわりですね。

ビジネスクラスはサックス・フィフス・アベニュー

 

そして、座席についているTVもそこそこ大きな画面です。

フットレストが水平になるので、TVの下まで足をまっすぐ伸ばして座れるのもGOODです!

もちろん!機内で使えるスリッパもついています。

フカフカとしたパイル地で肌触りの良いものだったので、私たちはこれを持ち帰ってハワイ滞在中のホテルでも使用していました。

ユナイテッドビジネスクラス座席

 

ビジネスクラス専用のアメニティの中身は?

アメニティももちろんビジネスクラス専用です。

こういったファスナー付きのブックタイプのケースに入って用意されています。

ユナイテッド ポラリス ビジネスクラスのアメニティ

 

ファスナーを開けると、中はこんな感じになっています。

ユナイテッド ポラリス ビジネスクラスのアメニティ

 

用途ごとにポケットが分かれていて、それぞれの中身はこんな内容でした。

ポケット アイテム
SLEEP アイマスク、耳栓、「Do not disturb」と書かれたカード
RELAX COWSHEDのハンドクリーム、リップクリーム、ピローミスト、ウェットティッシュ
REST 星柄の靴下、ティッシュ
REFRESH 歯ブラシ&歯磨き粉、デンタルフロス、ハンドサニタイザー、コーム
中央 ボールペン

 

ちなみにCOWSHED(カウシェッド)は英国発のセレブ御用達の自然派ボディケアブランドです。

デザインがとても可愛らしくて気に入りました!

ウェルカムドリンク、そしてお待ちかねの機内食(ディナー)へ

ビジネスクラスは搭乗すると、まずはウェルカムドリンクをいただくことができます。

ワインやビール、ソフトドリンクなど大抵のものはオーダーできますが、ここはベタにシャンパンで乾杯です。

添えられていたチョコレートもとても美味しかったです♥

ユナイテッドビジネスクラスのウェルカムドリンク

 

ビジネスクラス用の機内食メニューは、英語や日本語を含む数カ国語で書かれています。

ユナイテッドポラリス専用メニュー

 

ヒデキは無難に和食ダイニングサービスをチョイスし、パラ子は普段はあまり牛肉を食べないくせに、何を思ったのか、洋食のテンダーロインソテーをオーダーしてしまいました。

ユナイテッドビジネスクラス ポラリスの夕食メニュー

 

和食のメニュー

ヒデキが選んだ和食ダイニングサービスのメニューはこちらです。

前菜(左上)・・・鶏肉の塩焼き、味噌ふきのとう

煮物(右下)・・・荒切りわさび、野菜の巾着に、麩の八方煮、塩辛チーズ、菜の花

小鉢(左下)・・・飯蛸、菊と湯葉の白和え

香の物、緑茶

ユナイテッドの和食

 

主菜・・・金目鯛のグリル、蟹入り銀餡ソース、にんじん、さやえんどう

ユナイテッドの和食

 

味付きご飯

ユナイテッドの和食

 

洋食のメニュー

にわか肉食系 パラ子が選んだ洋食ダイニングサービスのメニューがこちらです。

冷製アペタイザー(写真右)・・・エビのグリル、カラメライズドパイナップル、サフラン風味のクレームフレーシュ

サラダ(写真左)・・・ミックスグリーン、チェリートマト、大根、さつまいも

ユナイテッドの洋食コース

 

パン・・・ガーリックトーストほか

ユナイテッドの洋食コース

 

アントレ・・・牛テンダーロインソテー、ポテト、ほうれん草

ユナイテッドの洋食コース

 

この破壊力バツグンな、ぶ厚いテンダーロインソテーを見た瞬間、パラ子は心の中でこうつぶやきました。

「ごめんなさい、私が悪かったです。調子に乗りすぎました・・・」

だいたい、搭乗前に散々ラウンジで飲み食いしたばかりだと言うのに、こんな立派なものが食べられるはずもなく・・・。

そして、ヒデキの協力も虚しく、完食できず・・・。

 

個人的には、コレが一番気に入りました!何か分かりますか?

ユナイテッドの洋食コース

ユナイテッド航空のマーク(地球儀)をモチーフにしたソルト&ペッパーなんです。可愛すぎっ!

なんだかスターウォーズに登場しそうですよね。笑

スポンサーリンク

そして別腹、発動!~魅惑のデザートタイム

さて、巨大なテンダーロインソテーを完食できなかったパラ子ですが、デザートはやっぱり別腹です♥

ワゴンでいろいろ運んできてくれたCAさんが

「お好きなものをお選びください。いくつでも結構ですよ。」

なんておっしゃるものですから、調子に乗ってこ~んなにチョイスしちゃいました。笑

ユナイテッド ビジネスクラスのデザート

 

あっ、こちらのフォンダンショコラもでしたー(汗)

ユナイテッド ビジネスクラスのデザート

 

ヒデキの方はと言えば、堅実に(?)バニラアイスクリーム1点のみです。

このあたりに性格の違いがでますね。。。

ユナイテッド ビジネスクラスのデザート

 

このほかに、世界のチーズ&ワインなどもオーダーできたのですが、さすがにムリでした。

そして、フライト中ならいつでも季節のフルーツ、スナック、カレーなどを注文できるのですが、もちろんこれもパスしました・・・。

そしてお腹の空く間もなく。。。

ハワイ到着前からすでに食べ過ぎのパラ子たちですが、この後はようやく座席をフルフラットにしての就寝タイムです。

飛行機の中で水平に寝られるのって、本当に贅沢なことだなぁと思いました。

機内食よりも、優先搭乗よりも、やっぱり何よりもこれがビジネスクラスの一番のメリットでした。

でも、そんな快適な空間でほんの数時間休んだだけで、もう到着前の軽食のアナウンスが・・・!

 

何かいつもより早いような・・・?と思って気づきました。

ビジネスクラスでは機内食がコース料理なので、エコノミークラスよりも食事にだいぶ時間がかかったんです。

そのため、あっという間に時間が経ち、さぁまたまた食事の時間です・・・もちろんお腹空いてませんが。

アライバル・ダイニングサービス

到着前の朝食はこちらです。

牛乳、ヨーグルト、オレンジジュース、シリアル、フルーツ

ユナイテッドアライバルダイニングサービス

 

かなり軽いメニューですが、やっぱり食べきれませんでした・・・。

そして、食べ終わってしばらくするともうホノルル空港でした。

気分的にはいつもの半分の時間で着いたような感じです。

そのくらいビジネスクラスが快適だった、ということですよね!

マイルで行くとこんなにお得!

なんだか後半は食レポのようになってしまいましたが、ビジネスクラスの良さが少しは伝わりましたでしょうか?

このビジネスクラスの航空券ですが、フツーに買うといくらだと思いますか?

パラ子たちが利用した時期の場合、二人分の往復チケットが79万円くらいでした。

もちろん、庶民のパラ子たちにはそんな大金が払えるわけありません!!

 

そして、今回私たちはマイルを利用したわけですが、13万マイルで2人分のユナイテッド航空ビジネスクラスハワイ往復航空券が手に入りました!

この13万マイルも、クレジットカードのポイント(1ポイント=1円の場合)だけで貯めようとすると1,300万円分の買い物をしなければならないのですが、もちろん、そんなこともできるはずありません・・・。

ではいったい、このマイルをどう集めたのかと言うと・・・!

 

実は、マイルを貯めるには裏技があるそうなんです。

ヒデキはそういうことを本当によく知っていて、今回の13万マイルも1年足らずで貯めてしまいました。

それだけでなく、さらにもう1回ハワイをビジネスクラスで往復できる分以上のマイルがすでに貯まっているのだとか・・・!

そんな裏技やら何やらは、ヒデキのメルマガに登録した方は無料でゲットできるようなので、ご興味があれば登録してみてくださいね。

ビジネスクラス、ホントに最高なので、ぜひあなたにも味わっていただきたいです!!

»ヒデキ公式メルマガ登録はこちらからどうぞ!

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ