海外旅行の機内でメイクは落とすべき?おすすめ化粧品は?

機内ではメイクを落とす?落とさない?

日本からハワイまで約7時間。

「メイクは一度落とした方がいいのかな?」

と悩みますよね。

機内でメイク落とし

 

パラ子のおすすめは

「メイクは一旦落としたほうがいいですよ!」

となります。

 

なぜなら、ハワイ便は日本を夜出発して、ホノルル空港に早朝に着くことが多くなっていますので、飛行機の中でしっかり睡眠をとる必要があるのです。

そして、肌は眠っている間に再生されるのですが、メイクをしたままでは再生するどころか、むしろ肌に負担がかかり続けることになってしまうからです。

 

そのため、

「面倒だから、落とさなくてもいいや!」

と思ってメイクをしたまま7時間半を過ごすと、機内の乾燥によるダメージもあいまってホノルルに付く頃にはボロボロ&カサカサ肌になっていしまいます。

 

せっかくのハワイ旅行なのに、初日からそんな肌状態で過ごすのはイヤですよね!

そこで今回はメイク落としのコツとハワイ旅行におすすめの化粧品についてご案内します。

メイクはいつ落とせばいい?

家から空港までマイカーで行く人は、初めから「すっぴん」もアリかもしれません。

でも、多くの人は電車やバスなど公共交通機関を使うため、空港まではメイクをして行きますよね。

そうすると、メイクを落とすタイミングとしては、

  1. 搭乗前に空港で落とす
  2. 搭乗してから機内で落とす

のどちらかになります。

おすすめは空港で落としてしまう方法

パラ子のおすすめは、搭乗前に空港の化粧室やシャワー室などでメイクを落としてしまう方法です。

日本の空港の化粧室はとてもきれいですので、時間があればきちんと「洗顔」をして、メイクを落とすことをおすすめします。

洗顔

 

また、多くの人が利用する出発ロビーにある化粧室ではなく、出国審査が済んだ後の保安区域内の化粧室の方が比較的空いていますのでおすすめです。

その方が多くの人の前ですっぴんで居る時間も短縮されますしね。

それでも、どうしても人前ですっぴんになるには抵抗がある、という方は、眉だけ描いてマスクをして過ごす、という方法はいかがでしょうか?

 

ただし、マスクはハワイ現地では外してくださいね。

伊達マスクの習慣がないハワイでは、マスク着用者=重病人だと思われてしまうためです。

機内でメイクオフするタイミングとコツ

搭乗前に空港でメイクを落とす時間がない場合は、機内で行うことになりますが、そのとき気になるのが

  1. いつ落とせばいいのか?
  2. どうやってメイクを落とせばいいのか?
  3. いつメイクをし直せばいいのか?

の3つかと思いますので順番にご案内します。

 

1. いつメイクを落とせばいいのか?

飛行機に乗り込んで離陸をすると、間もなくウェルカムドリンクが提供され、その後、しばらくすると機内食となります。

離陸からウェルカムドリンクまでの間は、シートベルト着用となり、荷物を自由に出すことができないのでNGです。

また、ウェルカムドリンクと食事の間に素早くメイク落としを済ませても良いと思いますが、ちょっとのんびりしていて、メイクオフ中に機内食の準備が始まるようなことになれば慌ててしまいますよね。

 

そのため、私は食事が済んで、食べ終わった容器がすっかり片付けられ、落ち着いてからメイクオフすることをおすすめします。

ただ、隣の席が家族や友人ではなく他人の場合、機内で堂々とメイクオフするのは気が引けると思います。

その場合は、やはりできるだけ搭乗前に落としておく、またどうしても搭乗後でなければできない場合は遠慮がちにササッと済ませるのが良さそうです。

2. どうやってメイクを落とせばいいのか?

機内にも化粧室はありますが、広さ的にも衛生的にも洗顔には不向きですし、数少ない化粧室をひとりで長く占領するのもはばかられますのでおすすめできません。

となると、自席でメイクオフすることになるのですが、おすすめはメイク落としシートです。

 

ドラッグストアで手に入るものでも良いと思いますが、エコリュクス のクレンジングシートなら、1枚でメイク落とし・洗顔・化粧水まで済んでしまいます。

また、1枚ずつ小分けにされているので、必要な分だけ持ち込めるため旅行にピッタリなんです。

天然由来成分100%でできているため肌への負担が少なく、やさしいラベンダーの香りに癒やされますよ。

 

3.いつメイクをし直せばいいのか?

さて、機内でしっかり休んだら、ハワイ到着前にメイクをし直しておきたいものですよね。

ハワイの空港で飛行機を降りてからは、入国審査の列に並んだり、空港送迎シャトルバスなどが待っていることもあるかと思いますので、恐らくほとんど時間が取れないはずです。

そのため、やはり機内で済ませておくのがおすすめです。

 

タイミングとしては、ハワイ到着前の軽食前か、あるいは軽食が済んで着陸に向けてシートベルト着用サインが出るまでの間のどちらかとなります。

あまり時間的な余裕はありませんので、ササッと済ませるのがコツです。

バッチリメイクをしているほどの時間はないかもしれませんが、ハワイの日差しは強烈ですので、最低でも日焼け止めのUVクリームを塗ることはお忘れなく!

機内に化粧品を持ち込むときの注意

海外旅行の荷造りをするときにやってしまいがちなのが、

「しまった!化粧品類一式スーツケースに入れて預けちゃった!」

という痛恨のミスです。

 

機内で使う化粧品類はしっかり機内持込手荷物の方に入れてくださいね。

ただ、ご存じの方も多いと思いますが、機内に化粧水やコンタクトの保存液などの「液体」を持ち込む場合には制限があります。

100ml以内の容器に入れて、さらにジップロックのような透明のジッパー付き保存袋(20x20cm以内)に入れなければならないルールとなっています。

機内持ち込み用液体出典:http://www.narita-airport.jp/jp/security/liquid

液体だけでなく歯磨き粉、ハンドクリーム、リップグロス、リキッドファンデーション、日焼け止めUVクリームなど「半固形物」も対象です。

化粧品を「カンタン」に用意する意外な方法とは?

女性がハワイ旅行に行く場合、洗顔用具に、化粧水などの基礎化粧品、そしてファンデーションなどのメイク用品など、化粧品類の用意がけっこう大変ですよね。

おまけに、機内持ち込みの制限(100ml)を気にしながら、小分け用の容器も用意し、それぞれの化粧品をこぼさないように詰め替えて・・・うーん、ホント手間がかかります。

 

そんなときに、パラ子よりずっと旅慣れた友人が

「これを買うと、すっごくラクで便利だよ!」

と言って教えてくれたものがあります。

それが、こちらのエトヴォス(ETVOS)のミネラルメイクスターターキットです。

エトヴォスのミネラルメイクスターターキット

 

こちらは、ETVOS公式ショップ限定品で、もともとはミネラルファンデーションの2週間お試し用なのですが、これを旅行用にしちゃえ!というのが、頭が柔らかい友人のアイディアだったのです。

値段は、以下の内容すべてと次回の500円OFFクーポンが入って1,800円(税別・送料無料)です。

 

洗顔・基礎化粧品

  • 洗顔石けん(クリアソープバー 5g)
  • モイスチャライジングローション(化粧水 20ml)
  • モイスチャライジングセラム(美容液 10ml)
  • アルガンオイル(美容オイル 3ml)

 

ベースメイク用品

  • ナイトミネラルファンデーション(下地 1g)
  • エンリッチシルキープライマー(下地 0.3g)
  • マットスムースミネラルファンデーション(ファンデーション 0.8g)
  • フェイスカブキブラシ(フェイスブラシ)

 

何が良いかと言えば、これだけで1~2週間程度のハワイ旅行で使う洗顔・基礎化粧品と、ベースメイク用品がほぼ賄えてしまうことです。

つまり面倒な化粧品類の小分け作業から解放されるというわけなのです!

 

でも、肝心な化粧品としての品質が良くなければ意味がありませんよね。

そこでパラ子が実際に使ってみた使用感をお伝えします。

ミネラルファンデーション×ハワイ=相性抜群!

実は、パラ子はこれまでミネラルファンデーションというものを使ったことがありませんでした。

天然の鉱物だけのファンデーションは、なんとなくカバー力が足りないのでは?という先入観があったためです。

 

でも、エトヴォスのミネラルファンデーションを実際に使って感じたのは、

  • 下地(ナイトミネラルファンデーション)で毛穴隠しができる
  • 気になる部分に重ね付けすれば、カバー力もそこそこOK
  • 仕上がりがとても自然で時間が経ってもくすみにくい
  • 汗をかいても崩れにくく、汗が引けばサラッとした肌に戻る

ということです。

 

これまで、暑いハワイでは、リキッドファンデーションを使っていたときのベタ付きと化粧崩れがとてもイヤだったんです。

でも、ミネラルファンデーションを使ってみたら、それが解消されたので、

「そうか、ミネラルファンデーションって暑いハワイにピッタリなんだ!」

と気づきました。

ETVOS(エトヴォス)ミネラルファンデーション

 

実はエトヴォスのミネラルファンデーションはSPF30 PA++とUV対策仕様。

その点でも、ハワイ向きですね。

ただ、ハワイの日差しは何しろ強烈ですので、パラ子は万全を期してUVクリームだけは初めに付けていました。

 

そうそう!

スターターキットに含まれているフェイスブラシ(上の写真右)の毛がやけに肌触りが良くて気持ちいいなぁと思って調べてみたら、本来はこのフェイスカブキブラシだけで2,000円もするようでした。

スターターキットの1,800円ってかなり破格だったんです。

 

あえてマイナスポイントを挙げるとすれば、やはりリキッドファンデーションと比べてカバー力は落ちますので、カバー力最優先の方には物足りないかもしれません。

また、ミネラルファンデーションが初めての方は、慣れるまで何度か使ってコツを掴む必要があります。

そして、いくらケミカルではないミネラルが成分の化粧品であっても、人によっては肌に合わないこともあり得ます。

そのため、必ず日本で一度試してからハワイにお持ちになってくださいね。

洗顔・基礎化粧品も優秀!

スターターキットの内容を見て

「あれ?メイク落としが含まれてないけど?」

と、気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、ミネラルファンデーションはクレンジング不要で洗顔石けん(クリアソープバー)だけで落とせるためなんです。

これだけでも毎晩の洗顔がとてもラクになりますよ!

そして、クリアソープバーを使うときは、泡立てネットでしっかり泡立ててから洗うと、よりスッキリした洗い上がりになるのでぜひお試しください。

 

そして、化粧水と美容液も保湿がしっかりできる優秀なものだったのですが、何と言ってもアルガンオイルです。

アルガンオイルは、アルガンツリーの実から抽出する希少なオイルなのですが、基礎化粧品の最後にこれを使うとしっとりと仕上がります。

また、ハワイの日差しでパサつきがちな髪にも使えて便利です!

 

ハワイ旅行で意外なパフォーマンスを発揮するこのスターターキット、ぜひあなたも活用してみてくださいね。

それでは、よいハワイ旅を!!

»エトヴォス(ETVOS)のミネラルメイクスターターキットを見る

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ