[ハワイ]道路横断中の「歩きスマホ」で最高$99の罰金!

ハワイでの歩きスマホにご注意

スマホ全盛の今、駅のホームや人混みなどでの「歩きスマホ」が日本でも大きな社会問題になっていますよね。

ハワイ歩きスマホ

 

それは、世界的な観光地ハワイでも同じです。

そして、ワイキキがあるハワイ州ホノルル市では、交通事故を削減する目的で、米国で初となるスマートフォンを操作しながらの道路横断を禁止とする条例(Distracted Walking Law -注意散漫歩行条例-)が2017年10月25日から施行されました。

条例違反をすればローカルの方々だけでなく、旅行者である私たちでも「罰金」が科せられることとなりますので、十分注意が必要です。

ということで、ハワイでのスマホ使用は何が良くて何がいけないのか?どのくらい罰金を払わなければならないのか?などについてご案内します。

スポンサーリンク

道路横断中のスマホ使用は全面禁止なの?

私たちが一番気になるのは、道路横断中のスマホ使用は一切がっさいダメなのか?という点ですよね。

実は道路横断中に利用可能な内容もあるんです。

 

✕ 条例違反となる使用法
  • スマホ画面を見ながら渡ること
  • スマホ画面を操作しながら渡ること

 

◯ 条例違反とならない使用法
  • スマホ(+イヤフォンやヘッドフォン)で音楽を聴きながら渡ること
  • 911などの緊急連絡に関する利用(緊急通報)

 

なお、横断しながらの「通話」については、禁止行為に含まれていませんが、通話をするために画面を「操作」することは、緊急時以外の場合は禁止行為になるはずですので注意が必要です。

また、今のところ道路横断中でなければ歩きスマホは禁止ではありませんが、日本にいるときと同様、危険な行為に変わりありませんので、ほかの人の迷惑にならないように気をつけたいものです。

スポンサーリンク

条例の対象は「スマートフォン」だけ?タブレットは?

私たちは、ホノルルで道順などを調べるのに、iPhoneより画面が大きくて見やすいiPadでGoogleマップをよく利用します。

では、こういったタブレットを道路横断中に使った場合はどうなのでしょうか?

ハワイでタブレット

 

実は「歩きタブレット」もNGなのです!

この条例は「モバイル電子機器(mobile electronic device)」が対象とされており、その対象には次のようなアイテムも含まれます。

  • スマートフォン
  • 携帯電話(ガラケー)
  • タブレット
  • 携帯ゲーム機
  • パソコン
  • デジタルカメラ

特に、デジタルカメラは意外な盲点だと思いますので、私自身も気をつけなければ!と思いました。

罰金はいくら払うのか?

気になるのがやはり罰金の額ですよね。

実は、道路横断中の歩きスマホの罰金は3段階となっており、回を重ねるごとに罰金額がアップします。

初回 $15~$35
2回め(※) $35~$75
3回め(※) $75~$99

(※)初回の違反から1年以内の場合

ハワイ滞在中に何度も違反するような人はさすがにいないと思いますが、お互いに十分気をつけたいものですね!

スポンサーリンク

 

「横断歩道」でなければいいのか?

道路横断中の利用が違反ということは、「横断歩道上」ではない場所を渡るときは大丈夫だろう、なんて思ってたりしていませんか?

もしそう思っているならば、とんでもない誤解です!

そもそもハワイでは横断歩道がないところや交差点以外の場所で道路を横切ることを「ジェイウォーク」あるいは「ジェイウォーキング(Jay Walking)」と言い、もともと法律違反なのです!

 

しかも、違反をすると歩きスマホよりも高い$130の罰金が科せられます。

仮に家族4人で違反をした場合、x4倍の$520というとんでもない額の罰金となってしまいます!

日本ではフツーにやってしまいがちなことだけに、注意が必要ですね。

実はほかにもまだあります、ハワイの禁止事項

ハワイでは、日本人の私たちからしてみれば

「ウソでしょ?そんなことがダメなの?」

と思ってしまうような禁止事項がまだいろいろあります。

こちらにまとめていますので、旅行前に必ず目を通しておいてくださいね。

 

それでは、きちんとルールを守って楽しいハワイ旅を!ALOHA!

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ