[ハワイ]ワイキキの移動手段「トロリー」はどれがおすすめ?無料で乗るには?

ワイキキにはいろんな「トロリー」が走っています

ハワイに到着して、ワイキキやアラモアナセンター周辺を散策していると、よくこういったトロリーを見かけます。

ワイキキトロリーグリーンライン

 

そして、しばらく見ているとトロリーにはいくつかの種類があることに気づきます。

でも、初めてハワイに来た場合などは

「いったいどれに乗ればいいんだろう?無料で乗れないのかな?」

と、戸惑ってしまうことも少なくありませんよね。

そこで今回は、初心者でも安心して乗りこなせる、便利なトロリーの種類と無料で乗る方法についてご案内します!

スポンサーリンク

トロリーは4社が運営しています

ハワイ(ホノルル・ワイキキ周辺)では、4社のトロリーが運行されています。

そのうち3つは旅行代理店・航空会社が運営するもので、残りのひとつは現地のトロリー運営会社のものとなっています。

名称 運営会社
1. LeaLeaトロリー(レアレアトロリー) H.I.S.
2. `OLI`OLIウォーカー・トロリー JTB
3. レインボートロリー JAL
4. ワイキキトロリー エノアコーポレーション

 

トロリーの運営会社自体は4つですが、それぞれの会社でいくつかの運行ルートをもっていますので、実はかなり複雑なんです。

でも、ちょっと下調べをしておけば便利に活用できるはずです。

それではさっそく順番に特徴をご紹介します。

1. LeaLeaトロリー(レアレアトロリー)

レアレアトロリー

出典:https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_trolley.html

 

ハワイ語で「楽しく、愉快に」という意味をもつLeaLea(レアレア)トロリーは、旅行代理店「H.I.S.」が運行するトロリーです。

ワイキキから7分間隔という高頻度で運行されているアラモアナ/ドンキ・ラインをはじめとする、11ルートが運行されています。

レアレアトロリーのホームページによると、停留所の数はレアレアトロリーが最多ということですので、滞在中の頼もしい移動手段となってくれるのは間違いなさそうですね!

運行ライン
  • アラモアナ/ドンキライン
  • ダウンタウンライン
  • ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
  • イーストディナーライン
  • ウエストディナーライン
  • ワイケレモアナルアライン
  • イーストコーストライン
  • ウエストオアフライン

 

このほかに、目的地まで素早く移動できる、アラモアナエクスプレス、ダイヤモンドヘッドエクスプレス、KCCファーマーズマーケットエクスプレスも時間限定で運行されています。

»レアレアトロリーの詳細

無料で乗る方法は?(Lea Leaトロリー)

レアレアトロリーに無料で乗る方法ですが、まずはH.I.S Ciaoのパッケージツアーでハワイに行くことです!

このツアーには、Lea Leaトロリーの滞在中乗り放題パスが付いてくるんです。

»H.I.S.の ハワイ旅行ツアーを見る

 

また、ダイナースクラブカードを保有している会員の場合、Lea Leaラウンジで1日乗車券がもらえます。

1日乗車券のため、毎日乗りたい場合には毎日Lea Leaラウンジに通って手続きをする必要があるので、それがちょっと面倒かもしれませんね。

 

なお、H.I.Sのパッケージツアーを利用しない方でも、H.I.Sのホームページにてオプショナルツアー扱いで7日間乗り放題パス(有料)の予約ができます。

このほかに、現地のLea Leaラウンジでは一日券の販売も行っているようです。

»詳細はこちら

スポンサーリンク

2. `OLI`OLIウォーカー・トロリー

オリオリトロリー

出典:http://www.jtb.co.jp/kaigai_air/promotion/olioliwalker/

 

`OLI`OLIウォーカーと・`OLI`OLIトロリーは、旅行代理店「JTB」が運行するトロリーバスです。

上の写真のタイプが`OLI`OLIトロリーで、バスのようなタイプが`OLI`OLIウォーカーとなっています。

運行ライン
  • アラモアナルート
  • ワード/ダウンタウンルート
  • カハラルート
  • ダイヤモンドヘッドルート
  • KCCファーマーズ・マーケット便
  • ホノルルファーマーズ・マーケット便
  • イート・ザ・ストリート便

 

無料で乗る方法は?(`OLI`OLIウォーカー・トロリー)

JTBのハワイツアーを予約すると無料で乗れそうな気がしますが、実は無料ではなく有料となります。

JTB海外ダイナミックパッケージ・海外航空券・海外ホテルを予約すると、$50(2歳~11歳は$45)で7日間乗り放題のパスが購入できます。

»`OLI`OLIウォーカー・トロリー詳細はこちら

 

でも・・・

実は同じような運行ラインを利用できるレアレアトロリーのレギュラーパスなら、誰でも7日間$49(2歳~11歳は$39)で購入できます。

それなのにJTBのハワイツアー利用者限定で$50って、うーん、正直どうなんだろうと個人的に思ってしまうパラ子です。

あえて言うなら、レアレアトロリーよりも「空いている」のがメリットなのかも知れませんが・・・。

3. レインボートロリー/レインボースカイ

レインボートロリー

出典:https://tabi.jal.co.jp/tabicolumn/2014/05/post-618.html

 

レインボートロリーは、航空会社であるJALが運営するトロリーです。

上の写真のトロリーがレインボートロリーで、2階建てのものはレインボースカイという名称になっています。

運行ライン
  • アラモアナルート(エキスプレスルート・ウクレレバス)
  • ダイヤモンドヘッドルート
  • KCC”スカイ”エキスプレス
  • カイムキ・カハラルート
  • ダウンタウンルート
  • イルミネーションルート

 

無料で乗る方法は?(レインボートロリー/レインボースカイ)

レインボートロリーはJALパックまたは、JALダイナミックパッケージ利用者なら全ルートを無料で乗ることができます。

また、JALパックを利用しない場合、個人運賃、またはマイル利用で日本からハワイへJAL便で行く場合に無料で作れるジャロアロ(JALOALO)カードを提示すれば、アラモアナルートのみ無料で乗ることができます。

利用できる人が限られているため、比較的空いているのがメリットのひとつです。

»レインボートロリー/レインボースカイの詳細

スポンサーリンク

 

4. ワイキキトロリー

ワイキキトロリー ピンクライン

 

ワイキキトロリーは、現地の企業(エノアコーポレーション)が運行している私営のトロリーです。

どこのパッケージツアーで来たのかなどは関係なく誰でも利用できるのが特徴です。

よくあるトロリーのタイプのほか、上の写真のようなダブルデッカーのタイプもあります。

運行ライン
  • ピンクライン(アラモアナルート)
  • グリーンライン(ダイヤモンドヘッド方面)
  • レッドライン(ホノルルダウンタウン方面)
  • ブルーライン(オアフ島の東海岸方面)
  • パープルライン(パールハーバーやパールリッジ方面)

 

無料で乗る方法は?(ワイキキトロリー)

ワイキキトロリーの運行ラインのうち、ワイキキとアラモアナセンターを循環しているピンクライン(ワイキキ・アラモアナショッピングコース)のみ、乗車の際にJCBカードを提示すると無料で乗ることができます。

無料で乗れるハードルが低いピンクラインは、混み合うことも多いですが、ワイキキ滞在者にはとても便利なトロリーです。

 

ちなみに、ピンクライン以外は有料となりますので詳細はワイキキトロリーのホームページにてご確認ください。

»ワイキキトロリーの詳細

結局どのトロリーがおすすめなのか

ここまで4社のトロリーをご紹介してきましたが、いったいどれがおすすめなのでしょうか?

それは、その人がハワイ旅行で利用するツアーや航空会社、カードの保有状況によって異なります。

そして、無料で乗れる条件とトロリーをザックリまとめるとこんな感じになります

対象者 無料で乗れるトロリー
H.I.S.のツアー利用者 レアレアトロリー(滞在中乗り放題)
ダイナースカード保有者 レアレアトロリー(一日券)
JALパック利用者
JAL ダイナミックパッケージ利用者
レインボートロリー/レインボースカイ(滞在中乗り放題)
ジャロアロカード保有者 レインボートロリー(アラモアナルートのみ)
JCBカード保有者 ワイキキトロリー(ピンクラインのみ)

 

こうやって見ると、H.I.Sのツアー利用者とJALパック/JALダイナミックパッケージ利用者が一番便利かもしれませんね!

»H.I.S.の ハワイ旅行ツアーを見る

»JAL海外ダイナミックパッケージを見る

ザ・バスとの併用が便利!

私たちは各種トロリーと、路線バスの「ザ・バス」を併用しています。

ザ・バスは1回$2.5、1日乗り放題でも$5という安さで乗れるうえ、島中いろんなところへ行かれるとても便利な交通手段です。

最初はちょっとコツが要りますが慣れてくると乗るのが楽しくて仕方なくなってきます♥

 

トロリーは近くへ移動するのには観光気分が味わえてとても楽しいのですが、距離がある場所に行く場合には時間が多めにかかるうえ、乗り心地(クッション性)がちょっと・・・なので、遠出なら断然ザ・バスがおすすめなんです。

クーラーもよーく効いてますし!(ちょっと効きすぎですが)

 

トロリー乗り場はどこにある?

各トロリーの乗り場は、ザ・バスのバス停と一緒になっていることが多くなっています。

こんな感じで、街灯のポール部分に看板が取り付けられているタイプが一般的です。

ハワイのトロリー乗り場

 

実はもっと雑(適当?)な看板もあるので、見つけづらいバス停もあります。

また、たまにLea Leaトロリー独自のトロリー乗り場があったりするので、あらかじめホームページやパンフレットで確認しておくといいと思います。

 

トロリー利用時の注意点

詳しい注意点は各トロリーのホームページなどで確認していただきたいのですが、重要なポイントだけピックアップしてご紹介します。

 

予約はできず、先着順となる

トロリーは先着順の乗車となり、混んでいる場合は次のトロリーを待つようになります。

特に夕方のワイキキトロリー(ピンクライン)のワイキキ方面行きはかなり混み合うため、乗れないことがよくあります。

ピンクラインは10分間隔で運行されているので、イライラせずにハワイらしくの~んびり待つのが正解です。

 

持ち込める荷物のサイズに制限がある

各トロリーに持ち込める荷物のサイズには上限があります。

レアレアトロリー、レインボートロリー/レインボースカイ、ワイキキトロリーは、60cm×45cm×30cmまでと規定されています。

`OLI`OLIウォーカー・トロリーは明記されていませんが、同等と考えて良いと思います。

スーツケースはもちろん、膨らませたままの浮き輪やボディボードなども持ち込めないので、その場合はタクシーを利用するか徒歩でがんばりましょう!笑

 

時間どおりに来るとは限らない

日本の路線バスは本当にきっちり時間どおりに運行されていますよね。

でも、トロリーは「10分間隔で運行」なんてなっていても、渋滞などによって遅れてくることもよくあります。

反対に、乗る人がいなければ予定時刻前でもサーッと通過してしまうことも!

時刻表があるルートでも、それはあくまでも「目安」と考え、ここはやっぱり気長にの~んびり待ちましょう。

 

いかがでしょうか?

なんだかトロリーに乗るのがワクワク楽しみになって来ませんか?

ぜひ上手にトロリーを活用して、ハワイのすてきな場所をあちこち巡って楽しんでくださいね!

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ