ハワイ旅行前と後に聴きたい!おすすめハワイアン・ミュージック

ハワイアン・ミュージックを聴いてみませんか?

優しいウクレレの音色、ハワイアン・ミュージシャンの癒やしの歌声・・・

ハワイの何倍ものスピードで時が流れていくような日本で、勉強や家事の合間に、そしてイヤなことや悲しいことがあった日も、ハワイアン・ミュージックを聴けば、心は瞬時に常夏の楽園ハワイにトリップ!

ダイヤモンドヘッド

 

また、どんなにハワイ旅行が好きでも、多くの人は諸々の都合でせいぜい1週間くらいの現地滞在となりますよね。

でも、ハワイ旅行の前には気分を盛り上げるために、そしてハワイ旅行の後にはハワイの余韻を楽しむにもハワイアン・ミュージックがおすすめなんです。

今回は、私が大好きなハワイアン・ミュージックをご紹介します。

スポンサーリンク

パラ子イチオシ!癒やしの美声ミュージシャン
IZ(イズラエル・カマカヴィヴォオレ)

もうかなり前のことですが、パラ子たちがマウイ島のコンドミニアムに泊まったときのこと。

その部屋にはCDプレーヤーとかなり巨漢のハワイ人の男性の後姿がジャケットとなったCDが置いてありました。

なんだかとても気になって、その「Facing Future」というタイトルのCDをプレーヤーで早速再生してみると、、、優しくて、そして心に響く美しい声がスピーカーから流れてきたのでした。

それが私と「イズラエル・カマカヴィヴォオレ(Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole)」さんとの忘れられない出会いです。

 

愛称はイズ(IZ)です。

残念ながら、彼は肥満が原因で1997年に38歳という若さで夭逝されてしまったのですが、彼の歌声は永遠に人々の心の中で響き続けることと思います。

 

IZの歌はどれも素敵なのですが、特に「Over the rainbow(虹の彼方に)」は、ほかの誰が歌ったものより好きです!

なお「虹の彼方に」はこちらの「Alone In IZ World」と「Somewhere Over the Rainbow」に収録されています。

 

ハワイアン・ミュージックの鉄板!
ケアリイ・レイシェル(Kealii Reichel)

ケアリイ・レイシェルは、ハワイ版グラミー賞と言われている「ナ・ホク・ハノハノ・アワード(Na Hoku Hanohano Awards)2015」で、8部門を受賞した人気と実力と兼ね備えたハワイを代表するミュージシャンです。

 

ハワイアンミュージックをあまり聴かない方でも以前CMソングとして使われていたビギンの「涙そうそう」のカヴァー曲「カ・ノホナ・ピリ・カイ」ならきっと聞いたことがあるのでは?

彼の優しい歌声を聴いていると、なんだか心にじわじわ沁みてくる、疲れてささくれ立った心も癒される、そんな感じがして、すごーく温かい気持ちになれます。

 

「カ・ノホナ・ピリ・カイ」はこちらのアルバムの1曲目に収録されています。

ちなみに意味は「海辺の家」で、マウイ島出身の彼が幼い頃過ごした祖母の家への郷愁が歌われています。

 

ファルセットが秀逸なハワイの歌姫
ライアテア・ヘレム(Raiatea Helm )

男性のミュージシャンが続きましたが、DIVAだって負けていません。

私が好きなハワイの歌姫はライアテア・ヘレムです。

 

彼女のよく通る澄んだ歌声は本当に素晴らしいんです。

特にファルセット(裏声)の美しさと言ったらなかなか右に出る人はいないのでは?と思うほどで、一度聴いたら誰もがその美しさに魅了されてしまうことと思います。

 

2011年発売されたアルバムのタイトル曲となっている「Sea Of Love(シー・オブ・ラヴ)」は、80年代に活躍したイギリスのアーティスト「ザ・ハニードリッパーズ」のカヴァーです。

本家のハニードリッパーズとは趣がだいぶ違ってるけれど、ゆったりとしたテンポとウクレレの響き、そこに彼女の美しい歌声が相まって本当におすすめの一曲です。

 

番外編:テラハに出演した若き天才アーティスト
イーデン・カイ

先にご紹介した3名とはまったく異なるタイプのアーティストですが、あえてご紹介したいのが、東京都八王子市出身で、現在ハワイ在住のウクレレアーティスト イーデン・カイ(Eden Kai)です。

もしかしたら、テラスハウス ALOHA STATEの鮎澤 悠介(あいざわ ゆうすけ)さんと言うと

「あっ!」

と思う方も少なくないかもしれませんね。

 

テラハはではあっという間に卒業してしまった彼ですが、ウクレレアーティストとしてはほんとに素晴らしいセンスと技巧の持ち主で、フジロック・フェスティバル2017にも出場しました。

日本メジャーデビューアルバムは2017年6月に発売となった「Music For You」です。

 

どの曲にも素朴で飾らない彼の人柄と、音楽へのピュアな気持ちが表れており、聴いているとハワイの潮風に吹かれているような心地よい気分になってきます。

全曲聞き終わる頃には、彼とウクレレが大好きになってしまうこと間違いなし!!

これからのますますの活躍が本当に楽しみな注目のアーティストです。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

ハワイに居なくても、ハワイを身近に感じられるハワイアン・ミュージック。

ぜひお部屋やドライブ中に楽しんでくださいね。

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ