よくある質問 <円からドルへの両替はどこがお得?>

米ドル両替はどこがお得なのか?

いよいよハワイ旅行が近づいて来て、さぁそろそろ円→米ドル両替でもしとこうかな・・・と思ったとき、

「どこで両替するのがお得なのか?」

「いくらくらい両替すればいいのだろう?」

など、意外に疑問が多いと思います。

そこで、今回は外貨両替のあれこれをご案内します。

スポンサーリンク

そもそも、いくらくらい両替すればいいのか?

私たちは、8日間のハワイ滞在向けに、たったの300ドルしか両替しませんでした。

手持ちが50ドルほどあったので現金は合計350ドルです。でも夫婦二人で十分足りました。

というのも、ハワイでは多くのショップで少額でもフツーにクレジットカード払いができるからです。

ABCストアのほんの数ドルの買い物はもちろん、中にはカードが使えるジュースの自動販売機もありました。

むしろ、ハワイを含む米国では、多額の現金を持ち歩くのはとても危ないことなのです。

「カード払いができるところでは基本的にカードで支払う」

というルールにすれば、大金を両替する必要はありませんよね。

 

でも、カイルアのブーツ&キモズのように現金のみでカードは使えない、というお店もまだまだありますし、ホテルなどのチップは基本的に現金で払うので、まったく現金ゼロでは過ごせません。

このため、あらかじめ現地で何をして、それにいくらかかるのかを試算して、これはカード、これは現金、と振り分けて、おおよそ必要な額を決めてから両替をすることをおすすめします。

また、両替するドル紙幣の内訳(金種)ですが、20ドル札、10ドル札、5ドル札、1ドル札の小額紙幣を中心に行うのがおすすめです。

日本と違って高額紙幣(100ドル札)はあまり流通していないので「もしやニセ札?」と怪しまれてお会計に時間がかかってしまった・・・なんて話もきいたことがあります。

私自身も、50ドル紙幣を出したときに、お札をジーッと見られたことが何度かあります。
100ドル紙幣どころか、50ドル紙幣さえもあまり流通していないようです。

スポンサーリンク

銀行での両替について

米ドル両替は、銀行、金券ショップ、外貨両替宅配サービスなど割といろんなところでできますが、一番手軽なのは、行き慣れた銀行の窓口で両替することです。

都市銀と地銀は、外貨両替ができないところもありますが、ゆうちょ銀行はどこでもできるようです。

手数料は、どちらもその日の為替レート+3円前後となっており、たとえば為替レートが1ドル=110円なら、113円程度となります。

なお、銀行によっては事前に予約しないと両替できないところもあるので、問い合わせるかあらかじめホームページで確認しておいた方が確実です。

ネット両替サービス「トラベレックス」がお得で便利!

そうは言っても、平日なかなか銀行に行く時間がとれない、という方も少なくないことと思います。

そんな方には、ネットの外貨両替サービスのトラベレックス(Travelex)がおすすめです。

トラベレックスは、ネットから申し込んで、外貨を宅配してもらう or  空港や直営店舗で受け取りができるサービスです。

トラベレックスの一番のメリットは申込日の為替レートが適用されるという点です。

その特長を最大限に活かすなら、為替レートがをしばらくウォッチしていて、できるだけ円高になったときを狙ってネットから申し込むのがベストです。
(実際は、欲が出てしまい、なかなか難しいのですが・・・苦笑)

また、トラベレックスの場合、支払い方法や両替する金額によってはさらにお得な場合もあります。

詳しくは下記の記事でご確認ください。

大きな金額でなければ、当日空港で両替もアリ!

時間がなければ、各空港の各銀行やGPA外貨両替専門店でも十分だと思います。

パラ子たちも、当日成田空港内の銀行の両替所で300ドル分の両替をしたことがあります。

ただ、空港の場合、時期によっては長蛇の列になってしまうこともあるので、ぜひ時間に余裕をもって両替をしてくださいね。

現地での両替はどこがお得?

まず、ホノルル空港内の両替所はレートがとても悪いことで有名です。
加えて1回あたり数ドルの手数料もかかります。

入国審査が済んで荷物を受け取ったらスグ目の前にある、というとても便利な立地なのでつい使いたくなってしまいますが、よほど現金がすぐに必要でない限り、ここは絶対に避けたほうが良い両替所です。

また、ホテル内の両替所も空港と同様にレートが悪いことで有名なので、こちらも一旦は避けておきましょう。

では、どこが良いのか?といえば、実は民間の両替所なんです。

町中に点在しており、「政府公認両替所」と看板を出していて、その日のレートもしっかり表示しています。

例えばTギャラリア ハワイ by DFS内にも民間の両替所があり、いつもこのようにけっこう混んでます。

ワイキキDFSギャラリアの両替所

町の両替所って本当に大丈夫?って思いますが、気をつけることは、道端の両替所の場合周りに怪しい人はいないか(両替した現金を狙っていないか?)と、本当にレートどおりのドル紙幣を渡してくれたか?という点です。

もちろん、紙幣の数を数えたらすぐに現金はバッグにしまいましょう。

そして、やっぱり大切なのは現金は最低限必要な金額のみにして、なるべくクレジットカードやデビッドカードを使うのがおすすめです。

そして、クレジットカードのポイントを貯めて、それをマイルに交換し、次のハワイの航空券をゲットする!というのがやっぱり理想形ですね!

ご存じですか?楽天ポイントもマイルに変えられます!

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ