ハワイでうわさのブーキモ(ブーツ&キモズ)へ! <カイルア>

噂のブーツ&キモズ(Boots and Kimo’s Homestyle Kitchen)へGO!

ハワイと言えば、やっぱりパンケーキ。

特にカイルアは美味しいパンケーキ屋さんがたくさんあることでも有名です。

パラ子とヒデキも日本で下調べをしておき、その中から口コミで一番評判の高かった「ブーツ&キモズ(Boots and Kimo’s Homestyle Kitchen)」、通称:ブーキモにまずは行ってみることにしました。 

スポンサーリンク

ブーツ&キモズの場所は?

朝7:30時(土日は7時から)~14:30まで営業しているお店で、カイルアタウンの中心街に近いところにあります。

カイルアタウンの中心にある、ロングスドラッグス脇にある駐車場(無料)から歩いて数分なので、レンタカーの方はその駐車場に止めて歩いてくるのがいいと思います。

あるいは、道を挟んだ向こう側にあるターゲット カイルア店の駐車場でも良さそうです。

お店の入り口は、10月だったのでこんな風に可愛らしいハロウィンの飾り付けがされていました。

ブーキモ(ブーツ&キモズ)の入口

パラ子とヒデキがお店に着いたのは平日の7時半ちょうどくらいだったのですが、お店の前はもう列ができていました。

中国系の団体さんのほか、日本人のシャトルバスツアー»の方も到着し、多くの観光客がいました。 

スポンサーリンク

ブーツ&キモズで注文したものは・・・やっぱりコレ!

お店のドアを開けるとお持ち帰りの人用の列と店内で食べる人用の列にわかれていて、ウェイティングリストにも分けて名前を書きます。

中は思ったより狭く(それでも移転して以前よりは広くなったようなのですが)、これではいつまでかかるかわからない、と思ったパラ子とヒデキは、「To Go(お持ち帰り)」することに。

 ブーツ&キモズの店員さんは、基本的に日本語は通じず、また、日本語メニューもありませんでした。

ここはワイキキ近辺の日本語が通じて日本語メニューのあるレストランとはちょっと違うので、頑張りどきですね!

 

さて、お店の外で25分くらい待っていると、ようやくパラ子の名前が呼ばれました。

お持ち帰りの場合、でき上がると名前が呼ばれて、中でお支払いをするのです。

 パラ子とヒデキは一番人気の「マカデミアナッツのパンケーキ(「Kimo’s Famous Macadamia Nut Sauce on His Onolicious Pancakes」)」と「エッグベネディクト」を手に入れると、滞在先のレンタルハウス(カイルアビーチ)まで持ち帰りました。

こちらがマカデミアナッツのソースがかかったパンケーキ(税込11ドルぐらい)です。

ブーキモ(ブーツ&キモズ)のマカダミアナッツのパンケーキ

ふわふわホイップされたソースに砕かれたマカデミアナッツがのっています。

お味の感想はというと・・・美味しいことは美味しいのですが、期待が大きすぎたせいか「こんなものなのかな?」というのが正直な感想です。

個人的にはもっとしっかり焼かれたパンケーキが好きなので、焼き加減にもちょっぴり物足りなさを感じました。

そして、こちらがエッグベネディクトです。(税込13ドルぐらい)

ブーキモ(ブーツ&キモズ)のエッグベネディクト

2つのエッグベネディクトにハッシュブラウン(ハッシュドポテト)とトマトとオレンジの輪切りが添えられています。

レモンの風味がきいたオランディーズソースがいい感じで、パラ子にはパンケーキよりもこちらのエッグベネディクトの方がずーっと美味しかったです。

パンケーキが「いまひとつ」に感じてしまったのは、やっぱりお持ち帰りだったのもあるかも知れません。

でき立てよりは少し冷めてしまい、チープなプラスチック容器とスプーンで食べたせいかも。。。

今度はぜひ、店内でできたてを食べてみたいと思います!

ひとつ注意点があります

ブーキモの支払いはcash only!

つまり現金のみでクレジットカードは使用できません。

チップの分も含め、必ず現金を用意してから行ってくださいね。

»カイルアへのシャトルバスツアーを探す

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ