ハワイ旅行に行くなら、どのクレジットカードがおすすめ?

ハワイで便利なクレジットカードはどれ?

ハワイを含むアメリカは、日本よりだいぶ先を行くクレジットカード社会です。

クレジットカード

日本では数百円に買い物にクレジットカードを利用するのはためらってしまうことも少なくありませんが、ハワイでは数ドル程度の少額でも遠慮せずにカード払いをして大丈夫なんです。

たまに「現金のみ」あるいは「10ドル以上」など制限を設けているお店も見かけますが、ほとんどのところはOK!です。

日本人の方の中には、たまに

「怖いから、クレジットカードは作らない!」

という方もいらっしゃいますが、ハワイの場合はむしろたくさんの現金を持っていく方がずっと危険なのです。

米国の中では比較的治安の良いハワイと言えども、観光客の現金を狙う悪いヤツは潜んでいるからです。

ということで、今回はハワイ旅行に必携なクレジットカードはどのブランドを選ぶべきか?についてご案内します。

スポンサーリンク

ハワイでは、どのクレジットカードが使えるのか?

日本でよく使われているクレジットカードブランドと言えば、5大国際ブランドと呼ばれているJCB、VISA、MasterCard、ダイナース(Diners Club)、アメックス(AmericanExpress)です。

もしあなたが現在クレジットカードをお持ちなら、このうちどれかのブランドのカードとなっているはずです。

そして気になるのが今持っているカードはそのままハワイで使えるのか?

ということだと思いますが、VISAMasterCardは私が知っている限りではカード決済ができるすべてのお店で利用可能でした。

ダイナース(Diners Club)も所有している知人いわく、ハワイならほぼ使えるとのことです。

JCBは日本ブランドのカードのせいかたまに使えないところもありますがほぼ使え、5大国際ブランドの中ではアメックス(AmericanExpress)が利用できないお店が一番多いようです。

それならVISAとMasterCardだけ持っていけばいいのか?

「クレジットカードなのに使えないお店があるなんて意味ないのでは?」

とつい思ってしまいがちですが、そうではないんです。

確かに決済だけのことを考えたならVISAとMasterCardがオールマイティだと言えますが、JCB、ダイナース(Diners Club)、アメックス(AmericanExpress)には、「特典」という付加価値がそれぞれあるからです。

ダイナースとアメックスをお持ちの方はここで説明するまでもなく、その価値をよくご存じだと思いますので説明を省きますが、実はJCBはハワイに行くなら絶対に持っていくべきカードなんです!

それはこちらの記事に詳しくまとめていますので、確認してみてくださいね。

そして、カードは実は複数ブランド分持っていった方がいいんです。

ひとつには、使えないカードブランドがあったら、ほかのカードブランドで支払うことができるため、もうひとつはカード会社によってハワイで提供される特典が異なるためです。

詳しくは各ブランドのホームページなどで確認してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

海外旅行保険が付いてくるカードがある!

海外旅行時の「万が一」に備えて入る海外旅行保険。

普通は保険会社に代金を支払って都度契約する必要がありますが、クレジットカードによっては、追加でお金を払わなくても海外旅行保険がついてくるものもあるのです!

私たちもこの方法で海外旅行保険を賄っていますので、ぜひ利用してみてくださいね。

クレジットカードは暗証番号を覚えておくこと

最近、日本でも増えてきていますが、クレジットカードで支払うときに、最近は紙にサインするのではなく、電卓みたいなものを向けられて4桁の暗証番号を入力することがありますよね。

ハワイでは暗証番号入力するか、液晶にタッチペンでサインをすることが一般的なので、暗証番号はきちんと覚えておく必要があります。

支払い時に「ドル建て?円建て?」って聞かれたら?

ハワイでカード払いをするときには、普通はカード会社が定めるその日の為替レート(手数料込)が適用されます。

だから、あとでカードの請求明細を見たときに1日目は1ドル118円で計算されてたのに、2日目は117円で、同じものを買ったのに円で支払う金額が違う、なんてこともよくあります。

ここでちょっと注意なのですが、免税店などでは

「円建てで支払いますか?ドル建てで支払いますか?」

と聞かれることがあります。

もしそう聞かれたら「ドル建て」にしておくのが無難だとパラ子は思っています。

 

もし仮に「円建て」で支払う場合、そのお店が契約している銀行のその日の為替レートが適用されるのですが、為替リスクを考えてちょっと高めに設定されていることが多いようです。

このため、円建てにすると最終的な引き落とし額が高くなることが多いのです。

ただし、急激に円安高が進んだときなどは、円建ての方が有利になることもあるようです。

冒頭にも書きましたが、多額の現金はデンジェラス!

そして、クレジットカードうまく活用すれば、ポイントやマイルがたまります。

どうか安全で楽しいハワイ旅行を!

飛行機

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ