えっ!ハワイで通じないの?・・・意外と知らないカタカナ和製英語<前編>

知らなかった・・・!それは、日本だけで通じる和製英語だった。

「使い終わったらドライヤーのコンセント抜いといて!」

「フライドポテトが冷めちゃったからレンジでチンして食べよう!」

日本で普通に生活している人なら、これらの文章に別に違和感を感じるところはないと思いますが、実はこの中に4つもハワイ(アメリカ)では通じないカタカナ英語が含まれているんです!

今回は、年々(なぜか)増え続けているカタカナ和製英語(Japanese English)の中から、旅行のときに知っていた方が良さそうなものをいくつかピックアップしてみようと思います。

今回ご紹介するのはあくまでもアメリカ式です。

英国ではまた別の呼び方をするものあるので、ご了承くださいね。

スポンサーリンク

 

ホテル編

♦和製英語:フロント

→英語:フロントデスク(front desk)

日本では、ホテルの宿泊の受付をする場所を「フロント」って言いますが、ハワイでは違うんです。

たとえばフロントの場所がわからなくて、ホテルのスタッフに “Where is the front?” と聞いても通じません。
相手にはこんな風に聞こえてます。

「前はどこですか?」・・・なんか、ちょっと恥ずかしい感じです。

もしフロントの場所を聞きたければ、“Where is the front desk ?” あるいは「reception desk」と聞くと場所を教えてくれます。

♦和製英語:コンセント

→英語:アウトレット(outlet)

自分で例文に書いて思ったのですが「コンセント」ってどっちを指しているんでしょうね?指す側?指される側?

英語ではコードが付いている指す側を「プラグ(plug)」、指される側は「アウトレット(outlet)」と呼びます。

壁に付いている差込口を指して「ウォール・アウトレット(wall outlet)」と言うこともあります。

♦和製英語:ドライヤー

→英語:ヘア・ドライヤー(hair-dryer)

これは惜しいっ!って感じなので、ホテルのコンシェルジュあたりにはニュアンスで通じる気がしますが、英語では「ヘア・ドライヤー(hair-dryer)」と言います。

ただの「ドライヤー」だと洗濯乾燥機を指します。

♦和製英語:クーラー/エアコン

→英語:エア・コンディショナー(air conditioner)

ホテルに着いたら部屋が暑くって・・・どうやらクーラーが壊れている模様。そんなときに

「この部屋はクーラーが効きません(動きません)」とフロントデスクに伝えたいところですが、実はcooler(クーラー)では通じません。

なぜなら、ハワイ(アメリカ)でクーラーと言えばこれです。

クーラーボックス・・・。

087518

ハワイでは、部屋の空調システムのことを「エア・コンディショナー(air conditioner)」または、air conditioningといいます。

日本で言う「エアコン」はこの略称だったんです。

ということで、部屋の空調が効かない場合は、

“The air conditioner doesn’t work well. ” と伝えましょう。

♦和製英語:コインランドリー

→英語:ランドロマット(laundromat)

そろそろ洗濯物が溜まってきたから洗いたいな~、と思ってホテルに聞こうと思っても “Where is a coin laundry?” では基本的に通じません。(ベテランのコンシェルジュなら通じるかも?)

英語ではコインランドリーのことを「laundromat」と言います。
発音は「ロゥンドロマット」というような感じです。

スポンサーリンク

買い物編

ハワイはAbercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィッチ)やHollister(ホリスター)、American Eagle Outfitters(アメリカン・イーグル)をはじめとするカッコいいアメカジブランドショップの宝庫ですよね。

でも、いざショップに入ると、服の種類の呼び方がけっこう日本と違うので、戸惑うこともあるようです。

♦和製英語:トレーナー

→英語:スウェットシャツ(sweatshirt)

ちなみにトレーナーというと、トレーニングを指導する人、の意味になってしまいます。

また、ハワイではありませんがイギリスでは靴の「スニーカー」のことをトレーナーと呼んだりします。
なんだか、ややこしいですね・・・。

♦和製英語:パーカー/ヨットパーカー

→英語:フーディー(hoodie)

これは、日本では意外と知られていないですよね。

”スウェットシャツ”にフードが付いたものがフーディーです。でも、なんでパーカーになったんでしょうね・・・。

私がハワイで買った“フーディー”です

エアロポステールのパーカー

♦和製英語:ワンピース

→英語:ドレス(dress)

ドレスの発音は「ド」ではなくて「レ」が強くなります「ドゥス」という感じでしょうか。

日本でドレスと言えば、結婚式やパーティを思い浮かべますが、ハワイ(アメリカ)では普段着のワンピースのことも「ドレス」と呼びます。

♦和製英語:ズボン

→英語:パンツ(pants)

日本でも「ズボン」って言うのは、今や年配の方だけかな?笑

若い世代やショップの店員さんは「パンツ」って言いますよね。
いわゆる「ジーパン」のことは「jeans(ジーンズ)」と呼びますが、これも日本でも一般化してきていますよね。

次回は「食事編」「その他」をご紹介します»


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ