ハワイの代表的おやつ レナーズの“マラサダ”が食べたい!

人気店「レナーズ(Leonard’s)」のマラサダが食べたい!

今回のハワイ旅行に備え、食いしん坊のパラ子とヒデキは、食べ物情報もいろいろ事前にチェックしておりました。その中で、どうしても食べたかったもののひとつが「マラサダ」です。

スポンサーリンク

 

マラサダ(Malasada)って何?

マラサダとは、ドーナツを油で揚げて砂糖をまぶしたお菓子で、見た目は日本の「あんドーナツ」のようです。

このマラサダ、今でこそハワイを代表するスイーツ(おやつ?)なのですが、実はその昔、サトウキビのプランテーションで働くためにポルトガルから来た移民によって持ち込まれたれたもので、もともとはポルトガルの家庭で作られるお菓子なのです。

ちなみに、マラサダとは、ポルトガル語で「大ざっぱ」「ぶさいく」という意味です。
家庭料理らしくで大雑把に丸めて、不細工な形で揚げられたところに、素朴な味わいがあるのかな?なんて思いました。

ホノルルでは、特にワイキキの隣町、カパフル通りにある「Leonard’s(レナーズ)」のものが人気で、現地の人は近所の人の分まで10個、20個まとめ買いをするのだとか・・・!

とにかく朝から行列ができることで有名ですが、私たちは「ワイケレ・プレミアム・アウトレットでも買える」という情報を事前にキャッチ!

ということで、この木なんの木のあるモアナルア・ガーデンパークからFreewayをビュンビュン走り、一路ワイケレへ。 

レナーズ(Leonard’s)のワイケレ店の場所は?

実はレナーズのマラサダは、ブランドショップが立ち並ぶ「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」側ではなく、そこから無料の巡回トロリーで行かれる(徒歩でも行かれます)「ワイケレ・センター」側の駐車場にあります。

 

駐車場をぐるーっと回ると・・・・

ありました!ありました!

ほんとに駐車場の隅っこに、レナーズの目印「赤」と「白」の配色のワゴン車が止まっています。
朝の11時過ぎでしたが、幸い行列もなくスグに買えそうです。

レナーズのマラサダ

メニューを見ると、中にクリームが入ったものなどいくつか種類がありましたが、パラ子は定番の「オリジナル」を、ヒデキは「シナモンシュガー」を注文しました。1個1ドルです。

スポンサーリンク

初めてのレナーズのマラサダの味は?

 さっそく揚げたてアツアツのマラサダにかぶりつきました。
すると・・・、なにこれっ!という衝撃の食感。外はカリッ、中はモッチモチなんです!

マラサダ(レナーズ)

見た目はこのとおりアンドーナツでも、中身はぜんぜん別物です。
それは私たちが今まで食べたことのないものでした。

 すっかりマラサダが気に入ってしまったヒデキは、「もう1個買ってくる!」と再びレナーズのマラサダワゴンへ。
そして、私たちはカロリーなんて気にもせずに2個めもペロリと平らげたのでした。

本当に美味しかったです♪

マラサダパフについて

実は、別の日に再びマラサダワゴンに行き、今度はクリーム入りの「マラサダパフ」HAUPIA(ココナッツクリーム)も食べてみました。
が、ハッキリ言うと、これはまったくおすすめしません!

失礼を承知で書くと、クリームがなんか・・・ハンドクリームでも食べてるみたいなもやーっとした微妙な味なんです。(実際にハンドクリームを食べたことはありませんが・・・)
こっちの方が$1.35と、ちょっと高かったのに~!正直、完食はかなり厳しかったです。

ということで、初めての方には、クリームの入っていないオリジナル(プレーンシュガー)かシナモンシュガーが断然おすすめです!ぜひご賞味あれ~!

※別の機会にレナーズ本店にも行ってきました!こちらの記事をご覧ください♪»


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ