絶品!ホールフーズマーケットの「スープバー」!

意外?ハワイでは体が冷えることが多い理由

ハワイは常夏なので、サンサンと照りつける太陽の下で、毎日、暑くて、汗ダラダラになりそう・・・というイメージが強いですよね。

確かに外の日差しはとても強いので、暑いことは暑いのですが、その反面、建物やバスの中では冷房がこれでもかというくらいキンキンに効いているんです。

それは、ホールフーズマーケットも例外ではありません。

オーガニックの商品などが物珍しくてつい長くショッピングを楽しんでしまうのですが、Tシャツ&短パンのような服装でうウロウロしていると、涼しいを通り越して、寒く感じてしまうことも・・・!

そんなときは、ポキ丼やデリコーナーのサラダと一緒に、「温かいスープ」はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

種類も量も選べる美味しいスープ!

ホールフーズマーケットには、ホテルのランチバイキングコーナーのように、好きなものを好きな量だけよそうことができるスープコーナーがあります。

と言っても、こちらはデリコーナーのような量り売りというわけではありません。

あらかじめ用意されているスープ専用の大中小の3種類のカップから、自分が欲しい量に合ったカップを選べばOK!

ピタッと閉まるプラスチックのフタがあるので、横にしなければお持ち帰りも大丈夫です。

価格は2015年時点ではこのとおりです。

ホールフーズのスープの価格

ホールフーズのスープ

サイズ 価格
1/2 pint
(約235 ml)
$4.99
 pint
(約470 ml)
$6.49
quart
(2 pint=約940 ml)
$9.99

スポンサーリンク

スープの種類は?

スープの種類は、そのときにより異なるようですが、私が行ったときは、日本でもおなじみのクラムチャウダー、ミネストローネのほか、カレーやチキンスープなど、8種類くらいありました。

私の食いしん坊アンテナは「ロブスターのクリームスープ」にピピッと反応したので、それを選ぶことに!

ロブスターのクリームスープ

ホールフーズのスープ

ロブスターっぽい朱色がクリームがかった感じの色で、濃度はクラムチャウダーのそれと似ています。

さっそくスプーンで一口すくって口に入れると・・・ロブスターの香りがパァ~と口いっぱいに広がります。

ぉお!これは、一流ホテルにも負けないくらいの美味しさです!!

スープの中にロブスターの身やらなにやら、細かい具もいっぱい入っていて、飲みごたえというか食べごたえも十分!

以前、日本には「出汁」の概念があるけどアメリカにはない、と誰かから聞いたことがありますが、これはロブスターの出汁がかなり利いています!

けっこう濃い味付けだったので、パンやクラッカーを浸して食べても良さそうです・・・と書いていて思い出したのですが、確かにスープコーナーの近くにはクラッカーが置いてありましたっけ!

ホールフーズマーケットには、店外にテラスが設けられているので、スープなど、中で買ったものをその場でいただけます。

特にスープなどは冷めないうちに食べられるのでピッタリです!

ホールフーズのテラス

ぜひ、お好きなスープを選んで冷房で冷えきった体を温めてくださいね!


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ