日本とハワイとの時差は19時間!計算方法と時差ボケ予防のコツ

ハワイとの時差は?その計算方法は?

私たち日本人が大好きなリゾートのハワイですが、実際にハワイ旅行に行った人からよく聞く感想として

「ハワイはとても良かったけれど、時差がきつくて・・・

というものがあります。

それもそのはず、なんとハワイと日本の時差は19時間。

ハワイは日本より19時間遅れていて、つまりほぼ1日近い時差があるんです。

むしろ、まるきり1日違えば楽だったのかもしれませんが、19時間というと体感的に5時間分の差があり、この時差がけっこうクセモノなんです。

 

たとえば、ハワイ現地時刻の朝8時に日本に連絡をしようとすると、日本は夜中の3時。

迂闊にメールや電話をすると相手に迷惑がかかってしまうような時間帯です。

ハワイ時差

 

反対に、日本時間の夜8時にハワイに電話をかけようとすると、ハワイはもう夜中の1時なので、寝てる人を起こしてしまうようなことにも・・・!

ということで、本日はハワイと日本の時差について、そしてハワイ旅行で時差ぼけにならないための対策についてご案内します。

スポンサーリンク

ハワイと日本の時差早見表

19時間も時差があると、ほとんどの時間帯で日付まで変わってしまいますので、計算がとても面倒ですよね。

そんなときはこちらの早見表でパパッとチェックすると便利です。

ハワイにいるときに日本の時刻を知りたい場合

ハワイと日本の時差早見表

日本にいるときにハワイの時刻を知りたい場合

日本とハワイの時差早見表

ハワイと日本の時差の簡単な計算方法

上の早見表を見れば、ひと目でハワイ←→日本の時刻がわかりますが、早見表がなくても2ステップで簡単に計算する方法があります。

ハワイにいるときに日本の時刻を知りたい場合
STEP1 ハワイの時刻から[5時間マイナス]する
STEP2 そこから日付を[1日プラス]する

※ただしハワイ時刻が午前0時~4時の間は、日本はハワイと同日の午後19時~23時となります。

日本に居るときにハワイの時刻が知りたい場合

こちらも計算方法は2ステップです。

STEP1 日本の時刻に[5時間プラス]する
STEP2 そこから日付を[1日マイナス]する

※ただし日本の時刻が19時~23時の間は、ハワイは日本と同日の午前0時~4時となります。

これをもっと簡単にざっくり覚えようとするなら

「ハワイは日本より5時間進んでいる、ただし一日前だけどネ!」

となります。

これがパラ子流のイチバン簡単な計算方法です♪ ぜひご活用ください。

ハワイと日本の現在時刻を知りたい!

ハワイと日本の現在時刻は次のとおりです。

※ネット環境につながっていないと更新されません。

リンク先ページにアクセスすると、お天気や日の出、日の入り時刻も確認できます。

スポンサーリンク

 

これでOK!時差ボケにしないハワイの過ごし方

そもそも時差ボケって何だっけ?

時差ボケとは、数時間以上の時差がある地域間を飛行機などで短時間で移動した際に起こる、心身の不調状態を指します。

英語ではジェットラグ(jet lag)と言い、まさにジェット機(jet)による時間のずれ(lag)というような意味になっています。

また、時差ボケは普段から規則正しい生活をしている人こそ気をつけたほうが良いようです。

せっかくハワイに着いても

「眠くて観光する気になれない。」

「胃腸の調子が悪くて食欲がまったくわかない。」

「夜なのに眠れない。」

といったことに悩む旅行者の話もチラホラ聞きますが、これらの症状を引き起こす原因が時差ボケであることも多いようです。

時差ボケ予防は、出発前からはじめよう!

時差ボケになる原因のひとつとして、睡眠不足があります。

「出発前は、家事や仕事を片付けておかなきゃ!」

など、何かと忙しくなることが多いですが、しっかり睡眠時間を確保できるようにしましょう。

 

また、もし可能なら、数日前から渡航先の生活時間に近づけられるような生活をするのも効果があります。

ハワイの場合、体感的に日本より5時間先を行っていますので、ハワイ時間に合わせていつもより数時間早起きをして、数時間早めに寝る、

というような生活スタイルにしておくと、ハワイに着いたときに少し楽に過ごせます。

フライト中の過ごし方も大切だった!

ハワイまでの行きのフライト時間は7時間前後です。

「さぁ、これからハワイだ♪」

と思うと、気持ちが高ぶってなかなかリラックスできなかったりしますが、機内食を食べたあとは、できれば映画などは見ずに仮眠をとることをおすすめします。

ハワイ便の場合、日本を夜出発して、現地に早朝から午前中に到着する場合が多いのですが、睡眠不足のまま朝から一日を始めることくらい辛いことはないですよね。

身体を休めて、睡眠時間を確保することで、初日の長い一日を乗り切ることができるようになります。

私は、機内でしっかり仮眠をとるために、毎回「U字型ピロー」「アイマスク」「耳栓」(勝手に”エコノミークラス三種の神器”と呼んでいます)を必ず持参しています。

 

また、飛行機に乗ったら、腕時計は早々にハワイ時間に合わせましょう。

意識の部分からハワイモードにすることにより、少しずつ体も慣らしていくことができます。

なるべく「日本は今、何時かな?」なんて考えないように、心はもうハワイで!笑

現地での過ごし方もひと工夫!

現地に着いたら、まずは太陽の光を浴びましょう

太陽

前述のとおり、ハワイには午前中に着くことが多いので、気持ちのいい朝日を浴びることができます。

暗い飛行機から出て、太陽光を浴びることで、体内時計が

「おっ、朝が来たんだな!」

と認識するのです。

たとえそれが本当は日本時間で夜中の1時、2時であっても

「今は、朝なんだ!」

と体に思わせることが大切です。

 

そして、ハワイに着いたら、たとえ眠くてもとりあえずは現地時間で行動するようにします。

私の場合、単純な性格なので、ショッピングや観光をしている間に、すっかり初日からハワイ時間に馴染んでしまいます。

でも、日中にどうしても眠くなってしまったら、そこは我慢せずに1時間程度仮眠をとると良いそうです。

ただし、寝過ぎは禁物です。

昼間に寝過ぎると、夜になっても眠れずに、そのまま時差ボケモードに突入してしまいますので・・・!

初日の夜は早めに寝よう

ハワイ初日は、嬉しくて♪楽しくて♪ついつい夜まで遊びまわって夜更かしをしてしまいがちです。

でも、それは2日目以降のお楽しみにとっておいて、初日の夜はなるべく早めに寝ることをおすすめします。

どんなに目と頭が冴えていても、長距離移動と睡眠不足、加えて慣れない土地にいることで、身体は思ったより疲労しているからです。

しっかり睡眠をとって疲れをリセットすることで、身体のコンディションが整い、翌日からのハワイ生活をよりアクティブに過ごせるようになるはずです!

そして、朝起きたらシャワーを浴びるのもおすすめです。

朝のシャワーには交感神経のスイッチをONにする働きがあるため、スッキリ目覚められますよ!

そして、ハワイの眩しい朝日を浴びて「う~~ん!」と腕を大きく広げてストレッチ。

これでその日のスタートはパーフェクトです♪

ビーチの近くのホテルなら、海辺を軽くお散歩してみることもおすすめですよ。

時差ボケ対策まとめ

これまでご案内した時差ボケ対策をまとめると次のようになります。

  1. 旅行前はしっかりと睡眠時間を確保し、またできるだけ早寝早起きをしてハワイの時間に近づけて生活をする。
  2. 飛行機に搭乗したら早めにハワイの時刻に時計を合わせ、機内食が済んだらしっかりと仮眠をとる。
  3. 現地についたら太陽の光を浴びて、身体に「朝」だと思わせて体内時計を現地時刻に合わせる。
  4. 現地初日では眠くても現地時間で行動し、どうしても眠ければ1時間程度の仮眠をとる。
    また当日は早めに就寝する。
  5. 翌朝はシャワーを浴びるとスッキリ目覚められる。
  6. 朝起きたら軽くお散歩をしてみる。

いかがでしょうか?

そんなに難しいことはないので、これらを参考に時差ボケ知らずでハワイをトコトン楽しんでくださいね!

知って得する記事ベスト3


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行保険って必要?タダで入る方法とは?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい !

関連記事&スポンサーリンク

サブコンテンツ