Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

円ドルなどネット外貨両替は「トラベレックス」や「外貨両替マネーバンク」が便利でお得!

ネットから両替できるトラベレックスと外貨両替マネーバンク!

海外旅行が決まったら必要となってくる準備のひとつが円→ドルなどの外貨両替ですよね。

銀行、郵便局、金券ショップなどいろいろな方法がありますが、今日はネットからいつでも申し込みができる便利な外貨両替サービスを2つご紹介します。

ネット外貨両替サービスがおすすめな理由

1. 自宅に居ながらにして申し込みができる

銀行や郵便局、または町の両替専門店などで外貨両替を行う場合は、自分でわざわざ行かなければなりません。

でも、ネットの外貨両替サービスなら、家や外出先などどこからでもネットから24時間いつでも手軽に申し込みができます。

»トラベレックス公式サイト

≫外貨両替マネーバンク公式サイト

 

2. 受取方法が選べる

トラベレックスも外貨両替マネーバンクも、ネットから申し込みを行う際に受取方法(場所)を指定できるんです。

次のとおりトラベレックスの方が選択肢は多くなっています。

受取場所 トラベレックス 外貨両替マネーバンク
自宅
オフィス ×
空港
店舗 ×

 

♦配送料について

自宅やオフィスで受け取る場合の配送料ですが、トラベレックスの場合3万円~10万円未満は1,000円、10万円以上の両替で無料となります。

外貨両替マネーバンクは7万円以上が両替最小金額となり、自宅への配送料は無料です。

これをまとめるとこんな感じです。

配送料比較

両替金額 トラベレックス 外貨両替マネーバンク
3万円以上~7万円未満 1,000円 -(取り扱いなし)
7万円以上~10万円未満 1,000円 無料
10万円以上 無料 無料

7~10万円未満の両替の場合は、外貨両替マネーバンクの方がお得ですね。

なお、空港や店舗(トラベレックスの場合)で受け取る場合の手数料は無料です。

 

3. 購入日の為替レートが適用できる

私は旅行が決まると、なんとなく毎日為替レートをチェックしてしまうのですが、

「あっ、今日は円高傾向になってる♪」

という日がありますよね。

そういう日こそ外貨両替の申し込みをするのにピッタリなんです。

 

なぜならトラベレックスと外貨両替マネーバンクでは、受取日ではなく申込日のレートが適用されるからです。

Webサイトで当日のオンラインレートを確認し「ヨシ、今日のレートでOK!」と思ったら申し込みます。

 

もちろん今日より明日、明日より明後日のほうがもっとレートが良くなる、という可能性もありますので、それはもうカケです。

※トラベレックス「本日のオンラインレート」はこちら»

※外貨両替マネーバンクの「現在のオンラインレート」はこちら≫

 

4. トラベレックスではANAやJALのマイルが貯まる!

トラベレックスの各パートナーサイトで外貨両替をすると、対象航空会社のマイルが1万円につき20マイル貯まります。

5万円両替すれば100マイルも貯まるので、マイラーにはちょっとうれしいですよね♪

マイルを貯める場合は、ANAとJALそれぞれの専用サイトから両替を申し込みを行い、途中でマイレージの会員番号を入力するようになっています。

※パートナーサイトの詳細はこちら≫

 

ネット外貨両替サービス利用時の注意点

便利でお得なネット外貨両替サービスですが、いくつか注意点もあります。

1. 宅配の場合、金種が選べない

金種というのは両替した場合のお札の種類の内訳です。

例えば、円から100ドル分を両替したときに、100ドル札をペラッと1枚もらっても困りますよね・・・。

1ドル札や5ドル札などの小額紙幣も取り混ぜて持っていると現地ではチップの支払いやちょっとした買い物時にとても便利なのです。

 

でもネット外貨両替サービスでは両替申込時に「どのお札を何枚」という指定ができず、先方のお任せになってしまいます。

ちなみに外貨両替マネーバンクで1,000米ドルを両替した場合の内訳は、

100ドル・・・3枚
50ドル・・・3枚
20ドル・・・23枚
10ドル・・・6枚
5ドル・・・5枚
1ドル・・・10枚

となるそうです。

※参考:よくある質問 – 外貨を買う(マネーバンク)≫

なお、店舗や空港で受け取る場合は、窓口に希望を伝えればある程度指定できるようです。

 

2. 日数にある程度の余裕が必要

たとえば、明後日フライトだけど今から両替したい!といったように緊急性の高い場合は宅配で受け取るのは難しくなります。

円高になるのを毎日待ち続け過ぎると、出発日までに両替が間に合わない可能性が出てきてしまいますので注意が必要です。

 

3. 欲しい外貨が売り切れの場合がある

外貨両替マネーバンクでは米ドルやユーロなどの人気のある外貨が「入荷待ち」となっていることがたまにあります。

実はトラベレックスよりも外貨両替マネーバンクの方が両替レートが有利なことが多いため、それが口コミで評判になってきていることもあり、最近こういったことが起きているのではないか?

と私は考えています。

 

ただ、トラベレックスでは売り切れ状態を見かけたことがないので、そもそも外貨の取り扱い量が違うのかもしれません。

外貨両替マネーバンク利用時は、外貨の売り切れにもご注意くださいね。

午前中(11時頃)なら比較的入手しやすいようです。

現金ではなく「海外プリペイドーカード」という選択肢も

日本は先進国の中でも特に現金が大好きな国、と言われていますがハワイに行くと本当にその通りだなぁ、と感じます。

ハワイでは数ドル程度の買い物でも皆さん普通にカードでの支払いをしますので、多くの現金を持っている必要はありません。

というより、現金はスリなどの犯罪者に狙われやすいですので、多く持って歩くことはとても危険なことなのです。

 

そこで、私たちが最近よく利用しているのが、審査もなく作れるうえ年会費も無料、さらに両替レートも有利な海外プリペイドカードマネパカードです。

マネパカード

クレジットカードよりもお得に使えますので、おすすめですよ!

マネパカード公式サイトはこちら≫

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ