Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイのザ・バス(TheBus)が2019年1月の値上げは中止に

2019年7月13日更新

ザ・バスが2019年1月から、また値上げか?→中止

ハワイ オアフ島の便利な路線バス「ザ・バス(TheBus)」が、いろいろと変わってきています。

ザバス53

 

まずは2017年6月に「4-DAY PASS(4日間乗り放題チケット)」が廃止されました。

その後、2017年10月から1時間以内なら1回だけタダで乗り換えができるトランスファーチケットが廃止され、代わりに1日乗り放題のワンデイパスが登場しました。

続いて今度は2018年1月1日から大人用の運賃が値上げとなりました。

2019年1月からの再値上げは中止に

そして、今度は2019年1月からさらに値上げになるかもしれないという情報がありましたが、市議会で却下された模様です。

ということで当面は2018年1月制定の運賃で利用できそうです。

 

ザ・バスの2018年値上げ後の運賃は?

2018年1月からの新運賃は以下のとおりとなっており、青年(Youth)と子ども(child)は据え置きで、大人(Adult)のみ10%の値上げとなっています。

ザ・バス 1回の運賃

対象 年齢 2018年
新運賃
大人(Adult) 18~64歳 $2.75
青年(Youth)※1 6~17歳 $1.25
子ども(Child)※2 5歳以下 無料

ワンデイパスの運賃

対象 年齢 2018年
新運賃
大人(Adult) 18~64歳 $5.50
青年(Youth)※1 6~17歳 $2.50
子ども(Child)※2 5歳以下 無料

※1 年齢を証明できるもの(パスポートなど)の提示が必要
※2 運賃を支払ったお客様が同乗者として付き添い、お子様が1人分の座席を利用しない場合

ワンデイパスは一日乗り降り自由なチケットです。

一日に2回以上(往復も含め)乗る予定があれば、ワンデイパスを利用するほうが便利&お得です。

ザバスのワンデイパス

 

値上げで面倒になったこと

百歩譲って値上げは致し方ないとしても、何がイヤかと言えば、料金の支払いが面倒になったことです!

 

たとえばヒデキとパラ子の2人で乗る場合、これまではひとり$2.5だったため、いつも2人で合わせて

「ハイ 5ドル!」

というように、1ドル札5枚、あるいは5ドル札1枚を支払えば良かったのですが、

値上げ後は2人で1回5.5ドルということで、50セント=クォーター2枚を用意せねばならなくなりました。

ちなみに、ザ・バスはお釣りは出ませんのでキッチリ料金を用意しなければならないのです。

これがホントに面倒です。

 

ご参考までに、ハワイ(米国)の小銭はこんな感じで、一番右が「クォーター」こと25セント硬貨です。

コイン

いつの日か、ハワイも日本のようにプリペイドカードで便利に乗れるようにならないものだろうか?と願わずにはいられません。

とりあえず、今のところはザ・バスに乗るならクォーターのご用意をどうかお忘れなく!

 

値上げで料金の支払いがちょっぴり面倒になるザ・バスですが、やっぱりオアフ島を安く便利に移動するにはとっても便利です!

↓こちらの情報をチェックして、ぜひ活用してみてくださいね↓

目指せ0円ハワイ!無料メール講座を開催中!

 

私たちは2018年秋に飛行機もホテルも無料でハワイ旅行をたっぷり楽しんできました!

そんな楽しい旅の様子と0円旅行を実現できた理由をハワイ0円格安旅行!総額100万円を無料で実現するには?≫の記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

またハワイの極意をメールで少しずつお教えする『目指せ0円ハワイ!無料メール講座』を好評開催中です!

無料メール講座でしっかりと学んで一緒に0円ハワイを目指しませんか?
ご登録お待ちしております!!

ご登録特典
メール講座ご登録特典として、私たちがいつも実践しているノウハウ&裏技満載のマイル&ポイント獲得情報コンテンツ』を進呈します!!
(詳細はメール講座の途中でご案内します)

 

無料メール講座

無料メール講座を希望

メールアドレスはGmail、Yahooメール等を推奨します。
※docomo、au、SoftBankなどのキャリアメールはパソコンからのメール受信が可能な設定にしておいてください。
※@icloud.com、@me.comの場合は迷惑メールフォルダに入りやすいのでご注意ください。

 

サブコンテンツ