SPGアメックスとマリオットアメックスの違い

SPGアメックス➡日本でもいよいよ、マリオットボンヴォイアメックスに!

世界最大のホテルグループ「マリオットインターナショナル」と「アメリカンエキスプレスカード(アメックス)」の提携カードと言えば、これまでは「SPGアメックス」でしたが、

2022年2月24日から「マリオットボンヴォイアメックス」に切り替えとなり新規入会がスタートしました!

「ところで、すでにSPGアメックスを持っている人はどうなるの?」

という部分が、私も含めSPGアメックス保有者が一番気になる部分かと思いますので、このページではSPGアメックス保有者向けにSPGアメックスからどう変わったのか?ということを中心にお伝えしてまいります。

※これからマリオットアメックスに新規入会を検討中の場合はこちらのページをご覧ください

マリオットボンヴォイアメックスは2種類

従来のSPGアメックスは1種類のみでしたが、マリオットボンヴォイアメックスは2種類登場しました。

国際ブランドが「アメックス」である点はどちらも変更ありません。

①マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

1つ目が上位カードの「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」です。(以下マリオットアメックスプレミアムと表記します)

SPGアメックスの後継カードという位置づけで、現在SPGアメックスを保有してる場合は順次こちらのカードに自動切替となります。

 マリオットボンヴォイアメックスプレミアム
(Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード)

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

②マリオットボンヴォイアメックス

2つ目は“新たな価値を持つ”という位置づけの一般カード「マリオットボンヴォイアメックス」です。(以下マリオットアメックス(一般カード)と表記します)

マリオットボンヴォイアメックスカード
(Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス®・カード)

マリオットボンヴォイアメックス

新旧カードスペック比較

SPGアメックスと新しい2枚のカードの主なスペックは次のとおりです。

新カード誕生時の新たな特典として期待されていた「プライオリティパス」の追加は残念ながらありませんでした。

新旧カードスペック比較
カード種別 SPGアメックス

SPGアメックス

マリオットアメックスプレミアム

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

マリオットアメックス(一般カード)

マリオットボンヴォイアメックス

年会費(税込) 34,100円 49,500円 23,100円
家族カード(税込) 17,050円 1枚目:無料
2枚目~:24,750円
1枚目:無料
2枚目~:11,550円
ポイント還元 100円=3p 100円=3p 100円=2p
ポイント還元(ホテル利用分) 100円=6p 100円=6p 100円=4p
会員ステータス ゴールドエリート ゴールドエリート シルバーエリート
会員ステータスアップグレード 400万円/年~利用で
プラチナエリート
100万円/年~利用で
ゴールドエリート
【継続特典】無料宿泊特典 カード更新で
50,000pまで
150万円/年利用で
50,000pまで
150万円/年利用で
35,000pまで
【継続特典】宿泊実績付与 5泊分 15泊分 5泊分
100米ドルのプロパティクレジット※1
海外旅行傷害保険 ※2 自動付帯+利用付帯 利用付帯(旅行代金決済要) 利用付帯(旅行代金決済要)
スマートフォンプロテクション※3
ショッピンング・プロテクション ※4 ○(500万円/年まで) ○(500万円/年まで) ○(200万円/年まで)
キャンセル・プロテクション ※4
リターン・プロテクション ※4
オーバーシーズ・アシスト ※4
入会ボーナス
(3か月以内に30万円利用)
30,000p
(紹介プログラム利用で+6,000p)
30,000p
(紹介プログラム利用で+6,000p)
10,000p
(紹介プログラム利用で+3,000p)

※1 国内外の「ザ・リッツ・カールトン」「セントレジス」に専用プランで2連泊以上予約時
※2 2022年8月1日(月)以降適用条件変更

旅行傷害保険(海外・国内)の内容

()内の金額は、基本カード会員・家族カード会員のご家族に対する補償額です(アメックス公式サイトより)

マリオットアメックスプレミアム
マリオットアメックスプレミアム海外旅行傷害保険(利用付帯)
保険種別 基本カード会員 家族カード会員
傷害死亡/障害後遺障害保険金 1億円
(1,000万円)
5,000万円
(1,000万円)
障害治療費用保険金 300万円
(200万円)
300万円
(200万円)
疾病治療費用保険金 300万円
(200万円)
300万円
(200万円)
賠償責任保険金 4,000万円
(4,000万円)
4,000万円
(4,000万円)
救援者費用保険金
(保険期間最高)
400万円
(300万円)
400万円
(300万円)
携行品損害保険金 50万円
(50万円)
50万円
(50万円)
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用 1回につき最高2万円
(-)
受託手荷物遅延費用 1回につき最高2万円
(-)
受託手荷物紛失費用 1回につき最高4万円
(-)

 

マリオットアメックスプレミアム国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険種別 基本カード会員 家族カード会員
傷害死亡/障害後遺障害保険金 5,000万円
(1,000万円)
5,000万円
(1,000万円)
入院保険金日額
手術保険金
通院保険金日額

 

マリオットアメックス(一般カード)
マリオットアメックス(一般カード)海外旅行傷害保険(利用付帯)
保険種別 基本カード会員 家族カード会員
傷害死亡/障害後遺障害保険金 3,000円
(1,000万円)
5,000万円
(1,000万円)
障害治療費用保険金 100万円
(100万円)
300万円
(200万円)
疾病治療費用保険金 100万円
(100万円)
300万円
(200万円)
賠償責任保険金 3,000万円
(3,000万円)
4,000万円
(4,000万円)
救援者費用保険金
(保険期間最高)
200万円
(200万円)
400万円
(300万円)
携行品損害保険金 30万円
(30万円)
50万円
(50万円)
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用
受託手荷物遅延費用
受託手荷物紛失費用

 

マリオットアメックス(一般カード)国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険種別 基本カード会員 家族カード会員
傷害死亡/障害後遺障害保険金 2,000万円
(1,000万円)
2,000万円
(1,000万円)
入院保険金日額
手術保険金
通院保険金日額
マリオットアメックス(一般カード)
マリオットアメックス(一般カード)海外旅行傷害保険(利用付帯)
保険種別 基本カード会員 家族カード会員
傷害死亡/障害後遺障害保険金 3,000円
(1,000万円)
5,000万円
(1,000万円)
障害治療費用保険金 100万円
(100万円)
300万円
(200万円)
疾病治療費用保険金 100万円
(100万円)
300万円
(200万円)
賠償責任保険金 3,000万円
(3,000万円)
4,000万円
(4,000万円)
救援者費用保険金
(保険期間最高)
200万円
(200万円)
400万円
(300万円)
携行品損害保険金 30万円
(30万円)
50万円
(50万円)
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用
受託手荷物遅延費用
受託手荷物紛失費用

 

マリオットアメックス(一般カード)国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険種別 基本カード会員 家族カード会員
傷害死亡/障害後遺障害保険金 2,000万円
(1,000万円)
2,000万円
(1,000万円)
入院保険金日額
手術保険金
通院保険金日額

※3 購入日から2年以内のスマホの修理代金を最大3万円まで補償
※4 各プロテクション、オーバーシーズアシストについては公式サイト規定集をご参照ください

マリオットアメックスプレミアムの規定集(PDF)

マリオットアメックス(一般カード)の規定集(PDF)

これらの内容について、もう少し詳しくご紹介していきます。

基本カード(本会員カード)の年会費

各基本カードの年会費(税込)は次のとおりです。

  • SPGアメックス➡34,100円
  • マリオットアメックスプレミアム➡49,500円
  • マリオットアメックス➡23,100円

      SPGアメックスの後継は「マリオットアメックスプレミアム」ですので、単純に考えると年会費は15,400円のアップになります。

      この15,400円の値上げが妥当なものなのかどうかは、これからお伝えする情報で判断していただければ…と思います。

      家族カード

      従来のSPGアメックスの家族カードは年会費17,050円払っても「入会特典ナシ!」「ゴールドエリート特典ナシ!」「(更新時の)無料宿泊特典ナシ!」という、ないないづくしの残念なカードでしたが、マリオットアメックスプレミアム、マリオットアメックスとも1枚までは無料で作れることになりました。

      スペックは基本的に変わりませんが、アメックス側のサービスは利用できるので(下記表参照)、無料なら作って損はないと思います。

      特にSPGアメックスの家族カードを利用していた場合は、これまでは基本カード34,100円+家族カード17,050円=51,150円の年会費が必要でしたが、これがマリオットアメックスプレミアムでは基本カード分の49,500円のみでOKとなりますので年間1,650円お得になります。

      なお、マリオットアメックスプレミアムの基本カードと家族カードの主なスペックの違いは次のとおりです。

      基本カードと家族カードの違い(マリオットアメックスプレミアム)
      カード種別 基本カード(本会員カード) 家族カード
      年会費(税込) 49,500円 1枚目:無料
      2枚目~:24,750円
      ポイント還元 通常:100円=3p
      ホテル利用:100円=6p
      通常:100円=3p
      ホテル利用:100円=6p
      空港ラウンジ利用
      海外旅行傷害保険(利用付帯) ※1
      ⼿荷物無料宅配サービス
      入会ボーナス ×
      会員ステータス付与
      【継続特典】無料宿泊特典
      【継続特典】宿泊実績付与
      100米ドルのプロパティクレジット
      スマートフォンプロテクション
      ヒデキのつぶやき

      家族カードは、上記のとおりマリオットの特典は利用できず、アメックス自体の特典のみの利用となるため、基本的には「カード決済をして、年間利用金額アップに協力するためのカード」という位置づけになるかと思います。
      1枚目は年会費無料で持てるようになったので、とりあえず申し込んで年間150万円、400万円の利用を目指すためにうまく活用したいものです。

      家族カードについてはこちらのページでさらに詳しくご紹介しています。

      カード利用ポイント還元

      カードの利用ポイント還元については

      • SPGアメックス➡100円=3p(ホテル利用分6p)
      • マリオットアメックスプレミアム➡100円=3p(ホテル利用分6p)
      • マリオットアメックス➡100円=2p(ホテル利用分4p)

      ということでSPGアメックス➡マリオットアメックスプレミアムに切り替え後も変更ありません。

      ただマリオットアメックスについては還元率が悪くなってしまうので、ポイントが貯まりづらくなることは否めません。

      会員ステータス

      SPGアメックスは、カードを作るだけで「ゴールドエリート」のステータスが与えられましたが、後継のマリオットアメックスプレミアムもこの特典は継続となっています。

      ただ、マリオットアメックスの方はゴールドエリートではなく「シルバーエリート」となります。

      ちなみにゴールドエリートとシルバーエリートの主な違いはこちらのとおりです。

      シルバーエリートとゴールドエリートの主な特典比較
      特典 シルバーエリート ゴールドエリート
      本来必要な宿泊数 10泊以上/年 25泊以上/年
      宿泊時のボーナスポイント 10% 25%
      部屋のアップグレード ×
      レイトチェックアウト ○(時間不明) ○(午後2時まで)
      ウェルカムギフト ○(ポイント)

       

      そうなんです、シルバーエリートは部屋のアップグレードが特典となっていないのです。

      そんなときにおすすめなのが次の特典です。

      会員ステータスのアップグレード

      今回新たに追加になった特典が、カード決済額に応じた会員ステータスのアップグレードです。

      年間(1/1~12/31)に所定の金額以上のカード決済を行うと、それぞれ次のとおり会員ステータスがアップグレードされます。

      • マリオットアメックスプレミアム(400万円/年以上)➡プラチナエリート
      • マリオットアメックス(100万円/以上)➡ゴールドエリート
      ヒデキのつぶやき

      年間400万円!(=月額33.3万円)という高いハードルを乗り越えられる人がどのくらい居るのかはさておき、宿泊日数を条件としないプラチナエリートの獲得手段が登場したのは画期的だと思います。

      マリオットアメックスの方の100万円(=月額8.33万円)なら、わりと日常決済でクリアできる金額かもしれませんので、年会費を安く抑えておいて、利用額でゴールドエリートを獲得する!という作戦はアリかもしれません。

      ただし、2022年だけは2/24~12/31までがカード決済の集計期間となるようなので、さらにハードルが上がりそうです。

      【カード継続特典】無料宿泊特典

      SPGアメックスの場合は、毎年カードの更新をするだけで50,000ポイント分(1泊/2名まで)の無料宿泊特典をもらうことができました。

      この無料宿泊特典狙いで毎年更新している♪という方も少なくないはずです。

      しかしながら、マリオットアメックスプレミアム&マリオットアメックスは、カードを更新し(年会費の支払い完了)、さらに年間(更新日から1年間)150万円以上の決済をした場合にのみこの特典がもらえる、という条件付きになってしまったのです。

      また、マリオットアメックスプレミアムはSPGアメックスと同じ50,000ポイント分の宿泊特典ですが、マリオットアメックスの方は35,000ポイント分となりますので、選べるホテルが減ってしまうのがさらに残念なところです。

      ただし、手持ちのポイントがあれば最大15,000ポイントまで無料宿泊特典に追加して利用できるようになるようですので、それぞれ最大65,000ポイント、50,000ポイントまでのホテルに滞在できるようになるのは嬉しい改訂です。

      ヒデキのつぶやき

      SPGアメックスの場合は夫婦で2枚持ちすれば、年間68,200円で無料宿泊特典が2泊分もらえるので私もこの方法をおすすめしてきました。

      ですが、マリオットアメックスプレミアムは年会費がアップするだけでなく、「年間150万円決済」というハードルができてしまったので、夫婦それぞれで150万円ずつ(合計300万円)決済しなければ2泊分もらえないことになります。

      それなら無料で家族カードを作った方がいいのかなぁと、個人的には思ってます。

      【カード継続特典】宿泊実績付与

      SPGアメックスの場合は、カードの更新を行うと毎年5泊分の宿泊実績がもらえましたが、マリオットアメックスプレミアムは3倍の15泊分にアップします!

      これはプラチナエリートやさらに上のステータスを目指す人にとってはかなりの朗報かと思います!!

      たとえばプラチナエリートを目指す場合、年間50泊する必要がありますが、15泊の実績がもらえれば残り35泊で済むわけですので、プラチナ修行がかなりしやすくなったのでは?と思います。

      なお、マリオットアメックスの方はSPGアメックスと同じ5泊分となります。

      ヒデキのつぶやき

      マリオットアメックスプレミアムは、SPGアメックスよりも年会費が15,400円アップしますが、この金額で10泊分の宿泊実績が買えたと思えばお得なのかな?と思います。

      また、2022年2月8日から5月4日まで1泊ごとに1,000ポイント+1泊分の宿泊実績がもらえるキャンペーンが実施されています(4/20までにエントリー必要)。

      このキャンペーンも活用してステータスの維持&アップを目指すのが良さそうです!
      マリオット公式サイトキャンペーン情報

      現在の「SPGアメックス保有者」はどうなるのか?

      さて、現在SPGアメックスを持っている場合は、今後どういった動きになるのかをお伝えしておきます。

      【2022年2月24日から】新たな特典提供開始

      まずは2022年2月24日からマリオットアメックスプレミアムの特典が利用できるようになります。

      • Marriott Bonvoyプラチナエリート取得プログラム開始(年間決済金額によりステータス付与)
      • 対象ホテルでの2連泊以上の予約で100米ドルのプロパティクレジット提供
        (国内外の「ザ・リッツ・カールトン」「セントレジス」に専用プランで2連泊以上予約時)
      • 家族カード年会費1枚目無料
      • スマートフォン・プロテクション補償開始
        (購入日から2年以内のスマホの修理代金を最大3万円まで補償)
      • 手荷物宅配サービス拡充
        (羽田空港が追加)
      • 無料宿泊特典プログラム開始
        (150万円/年の利用条件追加)

      【2022年5月11日請求分から】年会費改定

      • 基本カードの年会費改定
      • (改定後の年会費支払後)宿泊実績15泊分付与

      2022年5月11日請求分から年会費が改定されます。

      どちらの場合も、次回だけはカード利用額にかかわらず無料宿泊特典がもらえ、次々回の更新時から年間150万円の利用条件を達成した場合のみもらえるようになるようです。

      2022年5月10日以前に次回カード更新日が来る人

      34,100円の年会費支払いとなり、5泊分の宿泊実績と(無条件で)無料宿泊特典(50,000pまで)がもらえます。

      2022年5月11日以降に次回カード更新日が来る人

      49,500円の年会費支払いとなり、15泊分の宿泊実績と(無条件で)無料宿泊特典(50,000pまで)がもらえます。

      【2022年8月1日から】海外旅行傷害保険適用条件変更

      従来は海外旅行傷害保険は「自動付帯(5,000万円)」と「利用付帯(1億円)」の2種類がありましたが、2022年8月からは「利用付帯(1億円)」のみとなり、自動付帯はなくなります。

      利用付帯とはカードで旅行代金を支払った場合にのみに適用されるものですが、純粋な旅行代金(飛行機・ツアー)に限らず、空港までの電車・バスの運賃や、オプショナルツアーのみをカード決済しただけでも適用されますのでうまく使っていきたいものです。

      具体的な旅⾏代⾦の例
      具体的な旅⾏代⾦の例

      SPGアメックスからの切り替えはいつ?

      上記でご案内した日程でSPGアメックスからマリオットアメックスプレミアムへのカードの切り替えについては、アメックス公式サイトに手続き不要で自動切替になる旨が書いてあるのですが、

      よく見ると注意書きに「エッ!?」と思うことも書いてありました。

      アメックス公式より
      アメックス公式サイトより

       

      どうやらSPGアメックスのカードの有効期限が5年間なので、切り替えが済んだばかりの場合は次の有効期限更新時まで、マリオットアメックスプレミアムにはならないようなのです。

      もちろん、今のSPGアメックスのあのエンジ色のデザインが超気に入っている!ということならそれでもいいと思うのですが、

      多くの人は新しいデザインのカードを早く手に入れたいと思いますよね。

      その場合はアメックス公式サイトのマイアカウントにログインし、「登録情報の変更」→「カード再発行手続き」から手続きをすれば切り替えができるようです。

      ただし、カード番号等は変わりますのでご注意ください。

      まとめ ~私の所感~

      さて現時点で分かっていることをダイジェストでお伝えしてまいりましたが、全般的に「改悪」の印象が否めないのでは?と思います。

      確かにそのとおりかも知れませんが、これまで大盤振る舞い過ぎた特典がようやく適正値になったのだ、と私は思っています。

      そのうえで、私の所感をまとめてみました。

      • 150万円以上カード決済しないとお得感が少ない
        これまでのSPGアメックスは「持っているだけ」で無料宿泊特典がもらえましたが、マリオットアメックスプレミアムもマリオットアメックスも年間150万円以上(月々125,000円~)カード決済をしないと無料宿泊特典がもらえなくなってしまいました。
        つまり言い換えれば150万円以上決済できる見込みがなければ年会費以上のお得感があまり感じられないので、これまで以上に利用者を選ぶカードになったな、という印象です。
      • 「マリオットアメックス」の方は特に魅力が少ない(と思う)
        今回2種類のカードが登場となりますが、正直、マリオットアメックスの方は、魅力不足かな?と思います。
        年会費23,100円払っても、結局100万円決済しないとゴールドエリートにはなれませんし、150万円決済しないと無料宿泊特典ももらえません。それなら49,500円払って「マリオットアメックスプレミアム」を作るよね、と思っています。
      • カード決済でプラチナエリート獲得可能は朗報
        「マリオットアメックスプレミアム」は、年間400万円以上の決済でプラチナエリートのステータスが獲得できることになりました。
        年間400万円の決済はものすごく高いハードルではあるものの、たとえば自営業で高額カード決済ができる方にはかなりの朗報なのでは?と思います。これを機にどうやったら年間400万円決済できそうか?を考えてみるというのも良いと思います。
      • SPGアメックス保有者ならすぐに解約せず、1回は更新してもいいと思う
        2022年5月10日までにカード更新日が来る人(年会費:34,100円)も、5月11日以降に更新の人(年会費:49,500円)の人も、1回だけは150万円利用しなくても無料宿泊特典(50,000p分)がもらえるうえ、家族カード無料などのメリットも増えるので、1回だけは更新してもいいのでは?と思います。私は5月11日以降更新組ですが、先日郵送で追加特典のお知らせも届きました。
        対象レストランの1万円分ダイニングクーポンです。(ただ天下のアメックスが誤字はどうかと…苦笑   誤:適応されます➡正:適用されます)
        マリオットアメックスプレミアム特典
        リッツカールトンやエディション、JWマリオットといったハイブランドホテル限定のようですが、せっかくなので頑張って利用してみたいと思っています。