三井住友カードゴールド(NL)100万円利用する方法

年間100万円、どうやったらムリなく使えそう?

最近人気のゴールドカードと言えば、こちらの三井住友カード ゴールド(NL)です。

三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)

 

年会費5,500円でゴールドカードというステータス&メリットを得られるだけでなく、その年会費すら年間100万円利用すれば永年無料となり、

さらに1万ポイントのボーナスポイントがもらえる!ということもあって、100万円の利用実績作り(通称:100万円修行)に励む方が増えているようです。

 

ただ、年間100万円ということは1カ月あたり83,333円、約84,000円の利用が必要になりますので、そこそこ高いハードルです。。。

そこで今回は、100万円修行をできるだけムリせず、かつ最速で作れる方法をご紹介します!

また、100万円達成に向けたカード利用の進捗状況の確認方法も2つご案内します。

 

「そもそも三井住友カード ゴールド(NL)ってどんなカード?」

「ゴールドじゃない方のナンバーレスとの違いは何?」

という場合は、まずはこちらのページから確認してみてください↓

年間100万円の実績が作れる利用方法は?

はじめに知っておくべきことは、三井住友カード ゴールド(NL)を使えば、なんでもかんでも100万円の利用実績としてカウントされるわけではない、ということです。

つまり実績としてカウントされる利用方法、されない利用方法を知ったうえでカードを使っていくことが重要となります。

ということで、まずは三井住友カード公式サイトに載っていた、100万円の対象となる利用方法の「一例」をご紹介します

◆100万円の対象となるカード利用方法
家族カード Google Pay™
税金・家賃、公共料金の支払い iD
楽天ペイ Kyash
ローソンスマホレジ LINE Pay
Amazonギフト券の購入 ・チャージ Mastercardコンタクトレス決済
Apple Pay PayPay
au Pay Revolut
d払い Visaのタッチ決済
ETC MIXI M(旧称:6gram)

※最新情報は三井住友カード公式サイトでご確認ください

 

続いてこちらが「対象外」となる利用方法です。

◆100万円の対象とならないカード利用方法
対象外利用 具体例
年会費の支払い クレジットカード年会費、ETCカード年会費、PiTaPaカード年会費など
キャッシングご利用分 キャッシングリボおよび海外キャッシュサービスのご利用分
手数料の支払い リボ払い手数料、分割払い手数料、マイレージ移行手数料など
保険料の支払い 国民年金保険料および(株)エスシー・カードビジネスを保険代理店とした一部の保険料のお支払い
三井住友カードつみたて投資(SBI証券) 三井住友カードつみたて投資ご利用分
PiTaPaご利用分 PiTaPa(ポストペイおよび事前チャージ)のご利用分
右記の電子マネーへのチャージ 交通系 クレジットカードおよびApple PayでのモバイルSuicaへのチャージご利用分(定期券購入・特急券購入・Suicaグリーン券購入分含む)※1
クレジットカードおよびApple PayでのモバイルPASMOへのチャージご利用分 ※2
SMART ICOCAへのチャージご利用分
その他 楽天Edy、WAON、nanaco
三井住友カードが発行するプリペイドカードへのチャージ 三井住友カードが発行するプリペイドカードへのチャージご利用分 ※3

※1   Google Pay でのモバイルSuicaへのチャージおよび定期券類購入のご利用分は対象となる
※2
 定期券類購入の利用分は対象となる
※3 スマートフォンアプリ「Vポイント」およびキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」へのチャージも対象となりません。

100万円への道!おすすめの利用方法はこの6つ

さて、上の対象・対象外それぞれの表を踏まえて、私がおすすめするカード利用方法はこちらの6つとなりますが、

主に【1】~【4】を重点的に利用し、【5】~【6】で不足分を補填するような利用法が良いのでは?と思います。

100万円修行におすすめのカード利用方法

【1】まずは、固定費の支払いに利用する

【2】変動費にも使っていく

【3】キャッシュレス決済と連携する

【4】「家族カード」でブーストする

【5】Amazonギフト券の購入・チャージに利用する

【6】税金の支払いに使う

それではそれぞれ詳しく解説してまいります。

【1】まずは、固定費の支払いに利用する

100万円修行を早く終えたいなら、マストで利用したいのが固定費の支払いです。

毎月ある程度決まった額の利用が見込めるため、100万円達成への近道になります。

【固定費の例】

  • 家賃
  • 光熱費(電気・ガス・水道)
  • 通信費(スマホ代・電話代、Wi-Fi等)
  • サブスク(音楽・動画・電子書籍等)

     

    最近は動画や音楽のサブスクを利用する人も増えているので、あえてこれも固定費に加えてみました。

    家賃がカード払いできればラッキー!

    この中で、特に金額ボリュームが大きい「家賃」がクレジットカードで支払える人はラッキーです。

    それだけで年間100万円のほとんど(あるいは全額)をカバーできるのではないでしょうか?

    三井住友カードゴールドNL100万円修業

    固定費を試算する

    家賃がない場合(またはカードで支払えない場合)でも、ほかの固定費で月々いくら位見込めるかをまずは試算してみます。

    たとえば固定費の合計が50,000円/月になる場合なら、1カ月の目安である84,000円から50,000円を引いた残額34,000円をどう利用すればいいか?を考えればいいだけなので、とても気持ちが楽になるはずです。

    【2】変動費にも使っていく

    さて、固定費でカバーできない分は、変動費にもカード決済を取り入れていきます。

    三井住友カードゴールドNL100万円修業

    家計の変動費には主に次のようなものがあります。

    ※( )内は利用する場所の例です

    変動費の例

    • 食費(スーパー、コンビニ、レストラン)
    • 日用品費(ホームセンター、ディスカウントストア)
    • 交際費(カフェ、居酒屋)
    • 被服費(デパート、ネットショッピング)
    • 医療費(ドラッグストア、病院)
    • 美容費(美容院、エステ)
    • 娯楽費(遊園地、水族館、映画館、カラオケ)

      コンビニ3社とマクドナルドもお忘れなく!

      この中で、コンビニ(セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート)の3社とマクドナルドでは、最大10%ポイント還元となるので、ぜひ忘れずに利用したいものです。

      三井住友カードNLメリット

      ※最大10%還元についてはこちらのページで詳しくご紹介しています。

      【3】キャッシュレス決済と連携する

      「三井住友カード ゴールド(NL)」×「各種キャッシュレス決済」の連携によっても利用実績が作れます。

      これにより、カード決済ができないシーンでも利用実績を作って行かれるようになります。

      下記は上の表からキャッシュレスのみをピックアップしたものですが、やはり利用実績の対象になるものとならないものがあるのです。

      まずは対象となるキャッシュレス決済は次のとおりです(2022年6月時点)。

      対象となるキャッシュレス

      ・楽天ペイ、au PAY、d払い、LINE Pay、PayPay
      ・Apple Pay、Google Pay™、iD
      ・ETC
      ・Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス決済
      ・ローソンスマホレジ
      ・Kyash、MIXI M、Revolut
      ・WebMoney

      上記のとおり楽天ペイ・au PAY・d払い・LINE Pay・PayPayへのチャージは対象になるので、これらを利用している場合には積極的に使っていくと良さそうです。

       

      一方、以下のキャッシュレス決済には三井住友カード ゴールド(NL)からチャージしても利用実績にはカウントされません。

      対象とならないキャッシュレス

      ・交通系電子マネー(モバイルSuica・モバイルPASMO、SMART ICOCA) ※2
      ・Apple PayのSuica、PASMO ※2
      ・楽天Edy、WAON、nanaco
      PiTaPa(ポストペイおよび事前チャージ)
      ・三井住友カードのスマホアプリ「Vポイント」
      三井住友カード発行のプリペイドカード(Visaプリペ、かぞくのおさいふ等)

      ※2 モバイルPASMO、Apple PayのPASMOによる定期券類購入の利用分は対象となる

      ※最新情報は三井住友カード公式サイトでご確認ください

      交通系電子マネーは基本的に対象外

      残念なのが一部定期券類を除くモバイルSuicaなどの交通系電子マネーや、楽天Edy、WAON、nanacoへのチャージは対象外なことです。

      特に交通系の電子マネーは結構使っている人が多いので

      「なんとかこれも100万円のカウントの対象にできないものか…」

      ときっと思いますよね。

      実は対象にできる方法があるんです!!

      ★おすすめ1★ MIXI Mから→Suica・PASMOにチャージする!

      対象となる利用方法の中にMIXI M(ミクシィ・エム)があります。

      MIXI M(旧称:6gram/ロクグラム)はスマホアプリで使えるウォレットサービスです。

      このMIXI Mに三井住友カード ゴールド(NL)からチャージを行い、Apple PayやGoogle Payに登録すれば、スマホ決済(QUIC Pay)で使えるようになります。

       

      もちろん普通に店舗でのスマホ決済にも使えますが、これを利用すればSuica、PASMOにもチャージができるんです。

      つまり!MIXI Mを介してSuicaとPASMOへのチャージ分を100万円の対象にできるようになる!というわけです。

      MIXI Mからモバイルsuicaへチャージ

      ★おすすめ2★ au PAY→MIXI M→Suica・PASMOにチャージする!

      さらに!手間はかかりますが、三井住友カードゴールド(NL)からauPAYを介してMIXI Mにチャージをする事で還元率をアップする図ることもできます。

      もちろん、交通系電子マネーにチャージせずに、au PAY自体をショッピングなどのシーンで使うことも可能です。

      ただし、国際ブランドが「Mastercard」の場合のみで、「Visa」の場合はau PAYにはチャージできませんのでご注意を。

      三井住友カードゴールドNL100万円修業

      JR西日本のICOCAについても2023年春には「モバイルICOCA」対応予定ということですので、今後に期待したいものです。

      またMIXI Mは今後リアルカード(=プラスチックのカード)の提供開始が予定されていますので、そうなればさらに使い道が広がりそうです。

      MIXI M公式サイトはこちら

      【4】「家族カード」でブーストする

      三井住友カード ゴールド(NL)のメリットのひとつに、何枚でも無料で家族カードが作れるというものがあります。

      三井住友カードゴールドNL 家族カード無料

       

      ちなみに、ナンバーレスではない方の「三井住友カード ゴールド」については1人目は無料ですが、2人目からは1,100円/年かかるので、ナンバーレスやっぱりすごい!と思います。

      三井住友カードゴールドは家族カード有料

       

      ということで、もし次のような家族カードの対象者がいれば作っておくことをおすすめします。

      • 生計を共にする配偶者
      • 満18歳以上の子ども(高校生を除く)
      • 両親

       

      1人でせっせとカードを利用していくよりも、家族で協力して利用する方が早く100万円修行を終えられるはずです!

      ただ家族カード利用分も本会員の利用限度額内となり、また利用代金も本会員の口座から一括で引き落としになることをお忘れなく。

      【5】Amazonギフト券の購入・チャージに利用する

      「頑張ってるけど、まだ100万円にはちょっと足りないな…」

      そんなときにおすすめなのがAmazonギフト券の購入orチャージです。

      Amazonギフト券(通称:アマギフ)とはAmazonでのショッピングに使える商品券(ギフトカード)で、贈答用としてはもちろんですが、自分用としても使える!というのがミソなんです。

      つまり!今すぐに買いたいものがなくてもアマギフを購入orチャージしておけば、あとで必要なときにAmazonで使えるようになります。

      自分で使うなら「チャージタイプ」がおすすめ

      アマギフにはカードタイプ、Eメールタイプ、商品券タイプなどのいくつかの種類がありますが、自分で使うなら自分自身ののAmazonギフト券残高に直接チャージできるチャージタイプがおすすめです。

      他のアマギフと違い、買い物に利用する際にわざわざギフトコードを入力をする必要がないため、使うときに便利だからです。

      アマゾンギフト券
      ※Amazon公式サイトより

       

      チャージタイプのその他の特徴は次のとおりです。

      • 100円~50万円まで1円単位でチャージ可能(追加チャージも可)
      • 有効期限は発行してから10年
      • チャージ後は返金不可

       

      有効期限が長いので「チャージしたけれど使えなかった…」ということにはなりにくいとは思いますが、

      やはり“Amazonでしか使えない”という制限はありますので、あくまでも100万円未達時の「お助けテクニック」と位置づけておくのが良さそうです。

      【6】税金の支払いに使う

      最近は税金もクレジットカードで支払えるものが増えています。

      たとえば、毎年5月に納税通知書が届く「自動車税」もカード払いが可能です。

      自動車税

       

      2021年度までは「Yahoo!公金払い」からカード払いでの納付ができたのですが、2022年3月31日付けで税金の支払いサービスが終了してしまったため、2022年度からは各都道府県の納付サイトから納付するようになりました(一部の都道府県は未対応)。

      国税もカード払いが可能で、また自治体によっては固定資産税や不動産取得税、個人事業税などの地方税もカード払いが可能な場合もあります。

      ただし決済手数料がかかる、領収証書が発行されない、といった注意事項もあるので、それぞれの都道府県の納付サイトや国税 クレジットカード払いお支払サイトでよく確認してみてください。

       

      以上が私がおすすめする100万円修行の方法です。

      ご紹介した6つの方法を駆使すれば、恐らくそれほど苦労しなくても100万円修行は達成できるのでは?と思います。

      ところで…達成状況はどうやって確認すればいい?

      でもここで疑問が湧くのが

      「100万円修行の進捗状況の確認はどうすればいいのか?」

      ということではないかと思います。

       

      三井住友カード ゴールド(NL)の場合、公式アプリである「Vpass」から毎月の利用明細は確認できますが、先ほどもお伝えしましたが、そのすべてが100万円の対象になるわけではありません。

      そして、残念なことにVpassアプリではどの利用分が対象・対象外かということは確認できないのです(2022年6月時点)。

      vpassアプリでは100万円達成状況確認できない

      でも大丈夫です!

      次の2つの方法で確認することができます。

      確認方法1:達成状況お知らせメールで確認する

      まずは月に1回届く条件達成状況のご案内メール(年会費永年無料&継続特典の達成状況のお知らせ)で確認できます。

      三井住友ゴールド100万円達成状況

      ただ、こちらはメールに記載された時点までの利用実績なので、リアルタイムではないのがちょっと不便です。

      確認方法1:WebサイトからVpassで確認する

      さきほど、Vpassの「アプリ」からでは100万円の利用実績の対象・対象外は確認できない、とお伝えしましたが、実はアプリではなくWebサイトからVpassにログインを行い、次のような手順で進むと実は確認できるんです!

      1. [利用明細・お支払い]をクリック
      2. [ご利用明細照会]をクリック
      3. [WEB明細書]の「お支払い月」を選択し[照会]をクリック
      4. 利用明細が表示される

       

      この利用明細をよく見ると、右端に「◎」マークが付いているのですが、これは「Vpassポイントの付与対象」となる利用分の目印です。

      なのですが!この◎がついていれば100万円修行対象と考えて恐らく問題ないはずです。

      というのもVpassポイントと100万円利用は、基本的に対象外条件が同じだからです。

      100万円達成状況確認
      利用明細

       

      これを地道に足していく、あるいはエクセルなどにコピーしてみる、といった方法で確認ができますので、ぜひお試しください。

      (余談)エポスゴールドならログインするだけなのに…

      実は同様の特典があるエポスゴールドカードなら、ログインするだけで一目で進捗状況が確認できるんです。

      三井住友カード ゴールド(NL)でもこのくらいのサービスは提供してほしいものです。。。

      エポスゴールドカード100万円達成状況

       

      三井住友カード ゴールド(NL)はエポスゴールドカードを真似て参考にして作ったと思われる2021年リリースの新しいカードなので、まだまだ改善の余地は大いにあると感じています。

      ただゴールドカードのライバル同士、ぜひしのぎを削ってユーザーにより良い特典を提供してほしいものですね。

       

      参考までに、エポスカードは年会費無料の一般カードをある程度(金額非公表=年間50万円程度?)使うと、ゴールドカード(年会費:5,000円)へのインビテーションが届くので、初めから永年無料でエポスゴールドカードが持てるようになるんです!

      エポスゴールドのインビテーションを早く獲得する裏技なども公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。

      どうしてもお伝えしたい注意事項2つ

      最後に私がどうしてもお伝えしておきたい注意点を2つ書いておきます。

      ①ちょっと余裕をもってクリアしよう!

      「1年間コツコツ実績を作ってきたけれど、ふたを開けたら100万円まであと1万円足りなかった…」

      そんなことで、修行に失敗しようものなら、もうそれはチョットした悲劇ですよね。。。

      100万円修業失敗

       

      そんなことにならないためには、まずは進捗状況をよく確認し、そして100万円よりちょっと多めに、余裕をもってクリアしておくことをおすすめします。

       

      あとは「いつまでに」利用すればいいのかもしっかり確認してみてください。

      基準となるのはあくまでも「利用日」であって、「支払日」ではないので、お間違いなく!!

      ②ポイントサイト経由を忘れずに!

      クレジットカードをお得に作るには、やっぱりポイントサイトの利用はマストです。

      それだけで数千ポイント(=数千円)はゲットできるからです!

      「三井住友カード(NL)」や「三井住友カード ゴールド(NL)」、あるいは「エポスカード」を発行するときも、忘れずにポイントサイトを利用してみてください。

       

      私がよく利用しているのはハピタス&モッピーですが、ほかにもおすすめのポイントサイトがあるので、良さそうなところを選んで利用してはいかがでしょうか。

      ※紹介特典を確実にもらうためにも、ポイントサイトに登録したらすぐにアンケートなどの案件を利用しておくことをおすすめします。

      おすすめポイントサイト8選
      ポイントサイト 紹介特典 1ポイントの価値
      ハピタス
      その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
      【キャンペーン】登録後、期間内に500ポイント以上獲得で+おすすめショップ利用で、最大1,000ポイント(1,000円相当)もらえる 1円
      ちょびリッチ
      サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
      ①登録月末までに1ポイント以上獲得で200ポイント(100円相当)もらえる
      ②登録翌月末までに10,000ポイント(5,000円相当)以上獲得で、4,000ポイント(2,000円相当)もらえる
      0.5円
      モッピー
      累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!
      登録後、翌々月末までに5,000ポイント以上獲得で、2,000ポイント(2,000円相当)もらえる 1円
      ポイントタウン
      ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
      登録後、翌々月末までに5,000ポイント(5,000円相当)以上の獲得て、2,000ポイント(2,000円相当)もらえる 1円
      ワラウ
      ポイ活ならワラウ
      登録後、90日以内に3,000ポイント以上獲得で最大500ポイント(500円相当)もらえる 1円
      Gポイント
      Gポイント
      登録完了で50ポイント(50円相当)もらえる 1円
      ポイントインカム
      ポイントサイトのポイントインカム
      ①登録完了1,000ポイント(100円相当)もらえる
      ②初めてのポイント交換終了で1,000ポイント(100円相当)もらえる
      0.1円
      ECナビ
      毎日貯まるポイントサイト ECナビ
      会員登録し、90日以内に本人認証完了で1,500ポイント(150円相当)もらえる 0.1円

      ※特典は時期による異なる場合があります。最新の特典は各サイトでご確認ください。