ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

ルネッサンス オキナワのリニューアル後の部屋の様子は?

2021年10月、緊急事態宣言明けの沖縄に夫婦2人で行ってきました。

今回の滞在先は、沖縄本島中部のリゾートエリア恩納村(おんなそん)です。

 

恩納村は那覇空港から約50km、車で1時間弱かかる場所となっていますが、「憧れのビーチリゾートにやって来たんだ!」と実感できる美しいエリアです。

そんな 恩納村の東シナ海を望むビーチフロントに、白亜の美しいホテルルネッサンス リゾート オキナワ(ルネッサンス沖縄)があります。

ルネッサンスリゾートオキナワ
ルネッサンス リゾート オキナワ

2021年2月に全館リニューアルが完了!

ルネッサンスリゾートオキナワ

ルネッサンス沖縄は、2021年2月に全館リニューアルが完了しました。

ホテルのロビーもより洗練された雰囲気になり、またシースルーのエレベーターが2基増設されたりなど、ゲストがさらに気持ちよく過ごせるホテルに生まれ変わりました。

そしてもちろん、この機会に客室も一新!

 

正直、旧世代のイメージがぬぐえなかったデザインから、最新の機能的で美しいデザインとなり、快適性も格段にアップ!

ということで、今回は私たちが滞在したお部屋の様子をご紹介してまいります!

ルネッサンス リゾート オキナワ – Renaissance Okinawa Resort –

ルネッサンス リゾート オキナワ

【住所】〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2
【電話】098-965-0707
【公式サイト】https://renaissance-okinawa.com/

※「ルネッサンス沖縄滞在記」は全6記事でレポートしてます!ぜひ合わせてご覧ください♪

ルネッサンス沖縄は全377室がオーシャンビュー!

楽しみにしていたビーチリゾートへの旅行で

「ビーチフロントのホテルを選んだのに、部屋から海が見えなかった…。」

そんなガッカリ体験をしたことはないでしょうか。

 

せっかくビーチがすぐ近くにあるのに、部屋からそれが眺められないのは寂しいですよね。

でもルネッサンス沖縄ならそんな心配は無用なんです!

 

なぜなら、全377室がバルコニー付きのオーシャンビューだからです。

ただのオーシャンビュールームというだけではなく、“バルコニー付き”というところが嬉しいポイントです♪

部屋からの眺望は「ビーチビュー」or「コーストビュー」

ルネッサンス沖縄の客室は「ビーチビュー」ウィングと「コーストビュー」ウィングの2つの棟から成っていて、それぞれの部屋からの眺望が異なります。

ビーチビューとコーストビュー
ビーチビューとコーストビュー ※ルネッサンス公式サイトより

 

ビーチビューウィングからは、ホテルのプライベートビーチである「ルネッサンスビーチ」方面がよく見えます。

ルネッサンスビーチ
ルネッサンスビーチ

 

コーストビューウィングからは、名前のとおりマリブビーチの“海岸(=コースト)”や真栄田岬(まえだみさき)、そして夕方にはサンセットが望めます。

真栄田岬
真栄田岬

 

ルネッサンス沖縄らしい眺望ということもあってか、ホテルとしてはビーチビューウィングを上位に位置付けているようで、宿泊料金もコーストビューウィングより高めの設定です。

ただ、真栄田岬&サンセットという2つの楽しみ方があるコーストビューウィングでも十分にオーシャンフロントホテルの醍醐味を味わえます。

客室の種類と数

リニューアル後のルネッサンス沖縄の客室の種類とそれぞれの客室数は次の表のとおりです。

★:マリオット・ボンヴォイ公式サイトから予約できる部屋
☆:マリオット・ボンヴォイ公式サイトからポイントで予約できる部屋

ルネッサンス沖縄の客室一覧
ROOMS 客室数/定員 階数 広さ
★☆スーペリアツイン 180室/4名 4~7F 36㎡
★デラックスツイン 126室/4名 8~10F 36㎡
クラブツイン 28室/3名 11F(最上階) 36㎡
ジュニアスイート 7室/3名 11F(最上階) 54㎡
ルネッサンススイート 1室/2名 11F(最上階) 144㎡
★和室レギュラー 7室/5名 3F 54㎡(12.5畳)
★和室デラックス 7室/5名 3F 54㎡(6畳・8畳)
琉球スイート 6室/5名 3F 72㎡(10畳・10畳)
フリッパーズ コネクティング 8室/4~7名 ※1 4~7F 36㎡×2室
デラックス フリッパーズコネクティング 6室/4~7名 ※1 8~10F 36㎡×2室

※1 大人最大5名、子ども1名まで

 

私たちは今回も貯まったポイントを使って、マリオット・ボンヴォイ公式サイトから予約を行いました。

ポイントで予約できたのは「スーペリアツイン(3F)」という中層階のお部屋でしたが、マリオットボンヴォイのプラチナ会員特典で、さてどこまでアップグレードしてもらえるのか?期待が高まります♪

なお、マリオット・ボンヴォイの会員制度とランクについては最後の方でご紹介します。

いよいよ今回滞在する部屋へ向かいます!

ルネッサンスリゾートオキナワ
レセプション(フロント)

 

ホテルに到着し、沖縄の海をイメージした青が印象的なレセプションでチェックインを行うと、カード型のルームキーと一緒にこちらのカードが渡されました。

今回5泊6日とちょっと長期なので、アップグレードされるかなぁ…と少し心配していたのですが、無事アップグレードしていただけました!

アップグレード

 

さて、リニューアル時に新設されたシースルーの高速エレベーターで部屋に向かいます。

部屋のカードキーをかざしてから、宿泊階のボタンを押すタイプとなっているため、その階に滞在している人しか降りられないということでセキュリティ的にも安心です。

ガラス越しに青い海が見えてテンションが上がります!

ルネッサンス沖縄シースルーエレベーター
シースルーエレベーターからの眺め

今回のアップグレードは如何に!?

エレベーターが停止したのは10階でした。

ホテル自体が11階建てなので、上から2番目の高層階(コーストビュー)にアップグレードしてもらえたんです!

ルネッサンス沖縄10階1041号室

 

もともとポイントで予約できたのは「中層階スーペリア ツイン ウィング (3階)」という部屋だったのですが、これが「デラックス ツイン ウィングコースト 高層階」の10階のお部屋になったのです!

単に高層階になったというだけでなく、スーペリアからデラックスと部屋のグレードもワンランクアップしたのは嬉しかったです。

 

ちなみに、私たちが宿泊した日の同等の部屋の金額を確認してみたのですが、予約した部屋が31,350円で、アップグレード後の部屋が36,100円となっていましたのでそこには4,750円の差がありました。

5泊すれば23,000円以上のバリューですので、プラチナエリート会員の特典、おそるべし!です。

参考)スーペリアツイン(中層階)とデラックスツイン(高層階)の料金比較

アップグレードの差額
※日にちにより金額が多少変わります

デラックスツインルームの紹介

それではいよいよ私たちが今回滞在した部屋(デラックスツインルーム/コーストービュー/10F)を紹介したいと思います。

繰り返しになりますが、ルネッサンス沖縄は全室バルコニー付きのオーシャンビューです。

私たちの部屋はコーストービューウィングでしたので、目の前はサーフィンスポットとして有名なマリブビーチとなっていました。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

バルコニーに出ると、晴れた日には真栄田岬がよく見えました。海の色のグラデーションがとってもきれいです!

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

夕方には丘の向こうに沈みゆく美しいサンセットも見ることができました。

ルネッサンスリゾートオキナワ

ベッド周り・テレビ

ベッドは少し大きめのシングルが2台ありました。

このベッドのマットレスは全米シェアNo.1ブランドのシーリー社のもので、最先端の人間工学に基づいて開発されたというだけあって、毎晩しっかり熟睡できました。

部屋の壁紙は主張し過ぎないモノトーンの線画(花や鳥の絵)というシンプルなデザインなので、とても落ち着いて過ごせました。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

ベッドサイドにある調光のボタンやコンセント周り、それにデジタルの目覚まし時計は、ごく普通かな?と思ったら…!

実は、これがbluetoothスピーカー(Anker製)だったので、スマホとペアリングして普段から利用中のSpotifyで音楽を聴くことができました。

沖縄にいることを実感していたかったので、ずーっと「沖縄ちゅら音オルゴール」と「ゆるカフェOKINAWA」いうアルバムばかりリピートしてました。笑

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

バルコニー側には落ち着いたネイビーのカウチと、ちょうど良い高さの丸テーブルがありました。

ここは飲み物を飲んだり、観光のパンフレットなどを広げてみるのにピッタリなスペースでした。

写真にはありませんが、反対側には一人がけのソファもありました。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

テレビは60型の大型サイズです。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

テレビの下にあるフタをパカッと開くと、電源コンセントとUSBポート、HDMIポートがありました。

USBポートは携帯の充電などに便利でしたが、HDMIポートはAmazon Fire TV Stickを差してみましたがうまく使えませんでした。何故??

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

私が個人的に嬉しかったのは、アロマライト&アロマオイル(ラベンダー)があったことです。

食事に出かける前などにお皿に水を入れてオイルを数滴落としておくと、部屋に戻ったときにフワッといい香りが漂って幸せな気分になれました。

ルネッサンスリゾートオキナワ

部屋の備品とアメニティ

部屋の入り口にはルームスリッパのほかに、ビーチやプールで履けるビーチサンダルもありました。

ルームスリッパはよくある使い捨てタイプではなく、クリーニングして繰り返し使うタイプとなっていました。

ビーチサンダルは大小2サイズあって、女性と男性それぞれにちょうどいいサイズでした。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

カウンターテーブルには人数分のペットボトル(無料)が置いてありました。隣にあるのは除菌水です。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

カウンターの下の引出しにはグラス・ティーポット・ティーカップとお茶3種類が入っていました。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

お茶の種類は、ほうじ茶・緑茶・さんぴん茶(ジャスミン茶)の3種類で各2パックありました。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

ちなみに客室内にはコーヒーやコーヒーメーカーがありませんでした。

コーヒー好きの私としては「なぜ~?」と思ってしまったのですが、これも心配無用です!

1Fのロビーには無料のコーヒーコーナーがあって、その場で飲んだり、テイクアウトしたりできるコーナーがちゃんと用意されていたからです。

 

レギュラーコーヒーのほか、カフェオレやカプチーノ、紅茶(数種類)などもあるのが嬉しいところです。

ただ、何時までかは忘れてしまいましたが、利用時間は限られていました。

ルネッサンスリゾートオキナワ
ロビーのコーヒーマシン

 

引出しの下の扉を開けると内側にミニ冷蔵庫がありました。中身が空だったのでこれは便利でした。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

右側の扉を開けると、電気ケトルとアイスペールがありました。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

ハンガーラックその他

部屋の入り口近くには、ハンガーラックがありました。

クローゼットではありませんが、むしろハンガーラックの方が必要な洋服がすぐに取れるので便利でした。

すぐわきにはアイロン台とアイロンもありました。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

ハンガーラックの下はベンチのようになっており、荷物を置いたり座ったり便利に使えます。

そしてその下の引出しにはナイトウェアが入っていました。

大人は白いワッフル生地のパジャマで、子ども用は海の生き物(イルカやカニなど)の柄のパジャマでした。

とっても可愛いらしいので、これならお子さんも喜んで着替えてくれるのではないでしょうか?

ルネッサンスリゾートオキナワ

洗面所・バスルーム周り

次に洗面所やバスルーム周りですが、まずは洗面所はシングルボウルのタイプでした。

ミラーには明るいライトが付いているので、この場所にあっても化粧が問題なくできる明るさとなっていました。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

実はこの洗面所には、沖縄県内のホテルで初めてというある技術が採用されています。

それが不透明のガラスをスイッチひとつで透明に切り替えられる「瞬間調光ガラスパーテーション」です。

写真ではちょっと分かりづらいですが、上の写真の右側が不透明なのに対し、下の写真ではガラスの向こう側にあるベッドのライトが見えています。

瞬間調光ガラスパテーション

開放感と広がりを感じさせる画期的な技術なのはわかるのですが、落ち着かないので私はずーっと不透明のまま使いました。苦笑

 

アメニティは 、ルネッサンスのロゴが入ったボディタオル、カミソリ、ハブラシセット、シャワーキャップ、ヘアーブラシなどがありました。

そしてひときわ目を引くのがロクシタンのボディーミルク(ヴァーベナ)です。

これがとてもいい香りでお風呂上がりにボディに塗るのが毎日楽しみでした。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

ちなみに、ハンドソープもロクシタンでした。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

バスルームはバスタブ付きです。

シャワーはハンドシャワーのみでレインシャワーはありませんでした。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

大きなボトルで置いてあるシャンプー類はDHCのオリーブゴールドのものでした。

ルネッサンス沖縄 デラックスツイン

 

そして、またまた35mlのミニボトルでロクシタンのヴァーベナシリーズが置いてありました。

左からシャワージェル、コンディショナー、シャンプーです。

もともとロクシタンのヴァーベナシリーズが大好きなので、私は主にこっちを使わせていただきました。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

そして、デラックスツインの客室はトイレが独立タイプとなっています。

個室内にも小さな洗面台があったのが便利でした。

ルネッサンスリゾートオキナワ

 

ちなみにスーペリアツインとデラックスツインの部屋は、どちらも36㎡(バルコニー除く)と広さは同じなのですが、スーペリアの方はバス・トイレが一緒なので、このトイレ周りがデラックスにアップグレードしてもらえて一番良かった点だと感じました。

余談ですが、あのバス・トイレ一緒という欧米向けの仕様は、日本人には本当に使い勝手悪いですよね。

日本にあるホテルなら日本人の好みに合わせてほしいなぁ、と思うのは私だけでしょうか。

 

さて、コーストービュー10階のデラックスツインルームはいかがでしたでしょうか?

広さはいたって普通でしたが、何しろ綺麗で設備も最新だったのでとても快適なステイができました。

このホテルのお得な予約方法は?

パラ子パラ子

今回ご紹介したホテルをお得に予約するには、次のような方法があります♪

1. 【最安値保証】マリオット公式サイトから予約する

このホテルはMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテルのため、会員登録(無料)をして直接予約すると公式サイト(https://www.marriott.co.jp/)からの予約時に最安値保証(ベストレート保証)が付きます。

また会員登録すれば、会員価格の適用、モバイルチェックイン、マリオットポイントの獲得などの特典も利用可能となります。

パラ子パラ子

公式サイトから予約するなら、事前にマリオットボンヴォイのクレジットカードを作っておくのがおすすめです♪

ワンランク上の滞在を目指すなら…!

このカード、なんと入会するだけで、マリオットボンヴォイの上級会員になれるんです。
部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの優遇によりワンランク上の快適なステイが楽しめるように♪

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

このカードを作ってから、私たちは控えめに言って人生変わりました!!
このカードをお得に作る方法は?

2. 【便利】好きなホテル予約サイトを利用する

自分が好きなホテル予約サイトを利用すれば、そのサイトが提供するサービスやポイントの獲得ができます。

また見やすく・予約しやすいというメリットも!

3. 【ひと手間でお得!】ポイントサイト経由で予約する

ポイントサイトとは、ハピタス やモッピーなどに代表される、経由するだけでポイントが貯められるお得なお小遣い稼ぎサイトです。

ポイントサイトを経由してホテル予約サイトやマリオット公式サイトで予約すると、なんとポイントの二重取りも可能に!

しかも!ハピタスやモッピーのポイントが貯まったら、今度はそれをマリオットのポイントに等価交換し、ポイントでマリオットに泊まる!なんてことも夢ではありません。

最初にポイントサイトに登録をするひと手間はかかりますが、おすすめのお得な予約方法です。

なお初めてポイントサイトに登録・利用する場合には、こちらのページが参考になるはずです↓ ↓ ↓

お得な旅の味方です【マリオットアメックス プレミアム】

「旅をもっとお得に楽しみたい!」

それはきっと、旅行者に共通する永遠の願いではないでしょうか。

そして、そんな願いをかなえるお手伝いをしてくれるのが、マリオットボンヴォイアメックス(プレミアム)です。

マリオットボンヴォイアメックス

持つだけで上級会員に…

このカードを持っているだけで、世界最大のホテルグループであるマリオットインターナショナルの上級会員「ゴールドエリート」になれるんです!

本来、ゴールドエリート会員になるためには、年間25泊以上マリオットグループのホテルに宿泊する必要があるのですが、これにカードを1枚作るだけで(たとえ1泊もしてなくても)なれるというのはスゴイことですよね。

マリオットボンヴォイランクアップ

そして、ゴールドエリート会員になるとこんな特典が利用できるようになります。

ゴールドエリートの特典
  • 部屋のアップグレード(空室があれば)
  • レイトチェックアウト(午後2時まで)
  • ウェルカムギフトの提供(250ポイント or 500ポイント)等
  • 25%のボーナスポイント獲得
  • ホテルのレストランとバーの利用が15%オフ(アルコールを除く)

私たちもゴールドエリートの「部屋のアップグレード」特典で、もともと眺望無しで予約した部屋を→高層階オーシャンフロントルーム等に何度も超絶アップグレードしてもらっています!

シェラトン沖縄
シェラトン沖縄では、最上階の1つ下にアップグレード!!

貯まったポイントで無料宿泊OK!

マリオットアメックスプレミアムでカード決済をすると100円ごとに3ポイントがもらえます。

そしてポイントが貯まれば、世界138の国と地域にある7,900軒以上のMarriott Bonvoy®系列のホテルのほとんどに、ポイントを使って無料宿泊できるようになります!

しかも貯まったポイントは100円→1.25マイルという高いレートでANAやJALをはじめとする各航空会社のマイルに交換することも可能ですので、

“ホテルも飛行機も無料で!”

なんて旅行も夢ではなく、実際、私たちも何度かそんな旅行を体験しています。

カード更新時には無料宿泊特典がもらえる!

そんなマリオットアメックスプレミアム保有者の一番の楽しみとも言えるのが、年間150万円のカード決済をするとカード更新時にもらえる無料宿泊特典です。

1泊1室2名まで、50,000ポイントまでの部屋に泊まれるだけでなく、なんと利用除外日が無いのです。

つまり年末年始や夏休みの繫忙期でも50,000ポイントまでのホテルなら宿泊できてしまう!という太っ腹な特典となっています。

ただ、年会費が49,500円と高額。

マリオットアメックスプレミアムの年会費は49,500円(税込)となっており、金額だけ見てしまうとかなりの高額です。

でも!

ほとんどでゴールドエリート会員としての待遇が受けられるだけでなく、無料宿泊特典を利用すれば毎年1回はリッチなホテル滞在ができるようになります。

もちろん、ステータスカードである「アメックス」の自体の特典(空港ラウンジ、旅行傷害保険など)も利用できますので、旅行好きの人なら年会費以上のメリットをしっかりと感じられるはずです!

しかも!家族カードが1枚なら無料で持てるので、家族で協力してカード利用実績を作るのに最適なんです。

※「マリオットアメックス(一般カード)年会費23,100円」もラインアップされています。詳しくはこちらのページをご覧ください

初年度は無料宿泊特典ナシ。でも…!

実は、マリオットアメックスプレミアムを作った年(初年度)は、この無料宿泊特典はもらえません。

でもその代わり、お得な入会特典がもらえます。

しかも!

カード保有者からの紹介で入会すると、さらにポイントを上乗せして入会特典がもらえるようになるんです!

そんなマリオットアメックスプレミアムを紹介経由で作りたい!という場合は、もちろん私から紹介させていただきますので、下記のボタンからぜひお気軽にご連絡ください。

ぜひ一緒にお得な旅を楽しみましょう♪ Let’s Enjoy Travel !

↓まずはお気軽に連絡ください♪↓

ご質問もお気軽にどうぞ~♪

「カードを申し込む前に確認したいことがあって…」
そんな場合には、≫こちらからお気軽にお問い合わせください♪