ウェスティン横浜朝食ブッフェ

ウェスティン横浜のレストランで、朝食ブッフェを満喫!

ウェスティンホテル横浜(ウェスティン横浜)は、2022年6月13日に横浜のみなとみらいエリアにNEWオープンした、国内6軒目となったウェスティンブランドのホテルです。

ウェスティン横浜 外観

 

今回は和洋メニューどちらも楽しめる、朝食ブッフェの様子をレビューします!

なお、ウェスティン横浜の部屋の様子、クラブラウンジについてはこちらのページでご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください♪

朝食ブッフェの基本情報

朝食ブッフェは3Fにある2つのレストランを繋げた大きなフロアで行われます。

10時半まで朝食営業をしているので、ちょっと遅めのブランチ感覚の朝食でもOKなのが嬉しいポイントです♪

ウェスティン横浜の朝食ブッフェ情報
朝食会場(3F) 居酒屋風レストラン「喫水線(キッスイセン)」+カジュアルフレンチレストラン「ブラッスリー・デュ・ケ」
朝食ブッフェ営業時間 7:00~10:30(L.O 10:00)
料金 3,800円(税サ込み) ※1

※1 マリオットボンヴォイ特典あり(詳細は次項参照)

マリオットボンヴォイ特典は?

ウェスティン横浜の朝食ブッフェを利用するにあたり、マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の会員の場合、次のような特典があります。

プラチナエリート以上の会員特典

プラチナエリート以上の会員の場合、選べるウェルカムギフトのひとつに「朝食レストラン無料(2名分)」というものがあります。

これを選んだ場合、会員+同伴者1名まで無料でレストランでの朝食がいただけます。

通常は2名で7,600円となるところ、これが無料でいただけるというのは、やはりスゴいと思います。

 

なおウェスティン横浜ではクラブラウンジでも朝食ブッフェが行われているため、そちらを利用する場合には別のウェルカムギフト(ボーナスポイント等)が選べます。

またプラチナエリート特典についてはこちらのページの方で詳しくご紹介しています。

マリオットボンヴォイ会員特典

マリオットボンヴォイ会員(ランク問わず)と一緒に朝食を利用する場合、12歳以下の子どもは2名まで朝食無料となります! ※公式サイト参照≫

パラ子パラ子

お子様連れで利用する予定があるなら、会員登録(無料)だけでも済ませておくとお得ですよ!

喫水線(キッスイセン)

まずは朝食会場となっている2つのレストランを簡単にご紹介しておきます。

ウェスティン横浜 喫水線
喫水線

 

喫水線(キッスイセン)はクラシックでモダンな居酒屋風レストランです。

日本の伝統的な調理法に従いながらも、新しいアレンジを加えた料理をいただけます。

喫水線とは船が海に浮かんでいる時に、水面と交わっている部分のことを指すそうです。

喫水線とは?

ウェスティン横浜の建物自体がクルーズ船をイメージしたものということで、船に関連する名称になっているんですね!

喫水線(キッスイセン)営業時間
朝食 7:00~10:30(LO. 10:00)
ランチ 11:30~15:00(L.O 14:30)
コーヒー&アイスクリーム 15:00~17:00(L.O 16:30)
ディナー 17:30~22:00(L.O 21:30)

ブラッスリー・デュ・ケ(Brasserie du Quai)

ウェスティン横浜 ブラッスリーデュケ
ブラッスリー・デュ・ケ

 

ブラッスリー・デュ・ケ(Brasserie du Quai)は、お洒落な雰囲気の中で伝統的な美味しいフランス料理がいただけるレストランです。

ドレスコードはディナータイムでも「カジュアル」なので、高級ホテルに居ながら、気軽にフレンチが楽しめる!というのは利用者には嬉しいですね。

「デュケ」とは仏語で、船体の検査や修理などをおこなう「船渠(せんきょ/ドック)」の意味だそうです。

 

なお、これらのレストランがある3Fには、1Fのエントランスからエスカレーターで直接アクセスすることもできます。

宿泊せずにレストランだけ利用するなら、こちらから行くのが便利ですね!

ウェスティン横浜のエスカレーター(1Fから3Fへ)

 

ブラッスリー・デュ・ケ(Brasserie du Quai)営業時間
朝食 7:00~10:30(LO. 10:00)
ランチ 11:30~15:00(L.O 14:30)
ディナー 17:30~22:00(L.O 21:30)

朝食ブッフェ(3Fレストラン)の様子

お待たせしました!

いよいよ朝食ブッフェの様子をお伝えします♡

先ほどもお伝えしたとおり、朝食会場は「喫水線」+「ブラッスリー・デュ・ケ」を繋げた大きなフロアで行われており、どちら側の席に座っても両方のメニューを自由にいただくことができます。

ここからはそれぞれのレストランにあったメニューをご紹介していきます。

喫水線側にあったメニュー

まずは喫水線側のフロアの様子からご紹介します。

ちなみに、これは終了間際の10時半近くに撮ったものです。さすがにかなり空いてきました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

喫水線は居酒屋風レストランという謳い文句ですが、居酒屋という感じはまったくせず、オシャレな和モダンレストランといった印象です。

そしてこちら側には、やはり和食を中心に配置されていました。

パラ子パラ子

混雑時に撮影したため、イマイチな写真も多いですがご了承ください(涙)

和食メニュー

和食コーナーにはご飯とお粥、そしてお味噌汁があるので、和のお惣菜を選んで和定食風に仕上げることができます。

まずは定番「卵焼き」です。ふっくら美味しそうに仕上がってますね♡

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

ひじき煮、納豆、きんぴらごぼう。
おばあちゃんの家で出てきそうなほっこりメニューです。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

昆布だしの湯豆腐。
周りには薬味の種類がいろいろ添えられており、自分で削れるかつお節まであってなかなかオツですね!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

焼き魚は冷めないように七輪にのせてありました。
炙ったときにできた焦げ目がとっても美味しそう♡

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

洋食+αメニュー

喫水線の入り口を入ってすぐ右手には、洋食を中心としたコールドミールのコーナーがありました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

やっぱり朝はサラダから!

野菜の種類が豊富なので、モリモリいただきたいものですね!

 

朝食ブッフェらしくハム類やスモークチキン、写真にはありませんがスモークサーモンなどもありました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

この会場はシリアルの種類がたくさんありました。
器がとってもオシャレ♡

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

シリアルはドライなタイプのほかに、オートミール×クリームチーズのクリーミーなミューズリー(画像上段)もあり、ヒデキがこれを気に入って2つも食べてました。

下の段は3種類のチーズがあり、真ん中はひと口大のモッツァレラチーズ「ボッコンチーニ」となっていました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

チーズと言えば「かながわ抹茶クリームチーズ」なるものもありました。

神奈川県に抹茶のイメージはまったくなかったので、

パラ子パラ子

エッ!かながわ×抹茶?

と思ってしまったのですが、静岡県寄りの小田原市・開成町あたりは「足柄茶」の産地として有名なことを後で知りました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

お洒落なガラスの器に入ったものは…温泉卵でした。
卵の形にピッタリフィットして、なんだかすてきです♡

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ温泉卵

 

ジュースは専用カウンターでスタッフの方にお願いすると用意してもらえるスタイルです。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

ジュースの種類は、オレンジ、グレープフルーツ、アップル、グリーンジュース、ミックスベリーとなっていました。

このようにお洒落なボードがあったのですが、英語で、しかもこのフォントだと、ご年配の方には見づらいのでは…?なんてちょ~っと思ってしまいました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

ちなみにコーヒー or 紅茶は、初めに希望を伝えると、ブッフェのお料理を取りに行っている間に用意しておいてくれました。

 

カットフルーツは、キウイ、パイン、ラズベリー、ブルーベリー、メロン、オレンジなど種類豊富でした。

デュケ側にあったメニュー

そしてこちらはブラッスリー・デュ・ケ側の座席です。

すぐお隣ですが、喫水線側とはやはりだいぶ雰囲気が違います。

デュケ側にはパンと洋食メニューが置かれていました

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

パン

デュケ側には、さまざまな種類のパンが木製のトレーに入って美味しそうに並べられていました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

クロワッサンは2種類。

左側の「抹茶あんこクロワッサン」は上に抹茶がトッピングされた珍しいタイプでした。
こちらも神奈川県産のお茶なのでしょうね!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

甘~いペストリーもありましたが、サイズが小さめなのでいくつも食べたくなってしまい困りました。苦笑

左側のアップルパイは、なかなか私好みでした♡

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

小麦粉のグルテンが気になる方には、グルテンフリーの米粉パンもありました!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

こちらは自分で切り分けていただくタイプのバゲットです。
なんだかオシャレですね。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

そうそう!お洒落といえば、4枚同時に焼けるポップアップトースターがなんだかクラシカルですてきだったんです♡
クイジナートのものでした。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

洋食メニュー

パンのお隣には、洋食メニューがありました。

まずは「ジャガイモと玉ねぎのキャラメリゼ」です。

ただのフライドポテトではないあたりが、高級ホテルのブッフェらしい感じですね!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

次にソーセージのボイルです。

英語で「ポークソーセージ」となっているものを、わざわざ日本語で「豚ソーセージ」と訳してあったのがちょっとツボでした。ww

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

そしてカリカリに焼いた「クリスピーベーコン」です。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

デュケ側の洋食メニューは以上3種類でした。。。

 

「えっ?少なっ!」

って思われましたか?

ご安心ください、朝食ブッフェの主役はこれから登場します!!

朝食ブッフェの目玉、それは選べる卵料理+α!

和食コーナーには温泉卵や卵焼きがあったものの、ホテルのブッフェでよく見かけるオムレツのエッグステーションがないのはなぜ?

とお思いではないでしょうか。

実はウェスティン横浜の朝食ブッフェでは、好きな卵料理+αから好きなものを1つ選べるスタイルとなっていたんです!

次の3つからひとり1品選べます。

  1. 卵料理 希望の料理法で(オムレツ、スクランブル、目玉焼き、両面焼き、ゆで卵)
  2. アボカドトースト
  3. スフレパンケーキ

私たちは「アボカドトースト」と、「スフレパンケーキ」をリクエストしてみました!

アボカドトースト

まずはアボカドトーストが登場!

全粒粉パンのトーストの上にアボカドペースト、その上にポーチドエッグが2つのっていました。

黄身の固まり具合が絶妙で、ナイフを入れるとトロ~ンと期待どおりに流れ出ました。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

スフレパンケーキ

スフレパンケーキは、ふわっふわ♡

ラベンダーが散りばめられたハチミツ&クリームチーズで美味しくいただきました!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

実はこれらのメニューはデュケのオープンキッチンで、オーダーベースで作られているものだと分かりました。

どうりで出来たてで美味しかったはずです!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

私たちがゴキゲンで食べていると、スタッフの方がテーブルまでチョコレートのパウンドケーキをサーブしに来てくれました!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

 

パラ子がこのサービスに喜んでいると

「レモンケーキの時もあるので、またいらしてくださいね。」

とスタッフさん。

パラ子パラ子

はい、また来ます♡

ということで、早くも再来訪宣言をし、お腹も心も満たされた朝食となりました~!!

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F デュケ)

空いている時間はいつ?

朝食ブッフェを利用するなら、なるべく人が少ない空いている時間がいいなぁ!と思いますよね。

特に私たちがウェスティン横浜に滞在したのは、オープンからまだ3週間足らずという時期だったので、朝食ブッフェが混み合うことは必至だと思っていました。

 

そこで、朝からフィットネススタジオと屋内プールでひと汗流してから(=先に罪悪感減らす作戦!笑)

「さすがにもうだいぶ空いてるでしょう!」

と思って朝食ラストオーダー30分前の9時半頃、のんびりとレストランに行ってみたのですが…

 

その時間でも、人、人、人、のほぼ満席状態だったのです。

ウェスティン横浜 朝食ブッフェ(3F 喫水線)

 

そこでスタッフの方に、何時頃が空いているのか伺ってみたところ、

開店したばかりの7時頃ですと比較的空いていて、お好きな席も選んでいただきやすくなっております。」

ということでした。

 

恐らく開店前にはお店の前に行列ができていたはずですが、結構広くて席数も多いため、さすがにアサイチでスグに全席埋まるということにはならないのかも知れません。

そういえば、同じようなことをシェラトングランデ東京ベイ(舞浜)に滞在したときにも言われたことを後で思い出しました。苦笑

 

ということで、朝食ブッフェはどこのレストランでもアサイチがねらい目!なのかもしれません。

お泊まりの際はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そして今回の滞在を動画にもしてみました。

もしよかったらそちらもご覧になってみてくださいね。

このホテルのお得な予約方法は?

パラ子パラ子

今回ご紹介したホテルをお得に予約するには、たとえば次のような方法があります♪

  1. 【最安値保証】マリオット公式サイトから予約する
  2. 【便利】好きなホテル予約サイトを利用する
  3. 【ひと手間でお得】ポイントサイト経由で予約する

1. 【最安値保証】マリオット公式サイトから予約する

ウェスティン横浜はMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテルとなっているため、会員登録(無料)をして直接予約すると公式サイト(https://www.marriott.co.jp/)からの予約時に最安値保証(ベストレート保証)が付きます。

また会員登録すれば、会員価格の適用、モバイルチェックイン、マリオットポイントの獲得などの特典も利用可能となります。

ワンランク上の滞在を目指すなら…

公式サイトを利用する前にマリオットボンヴォイのクレジットカードに入会すると、マリオットボンヴォイのエリート会員資格が獲得できます!
私たちはこのカードを作ってから、控えめに言って人生変わりました!!
入会ボーナスがアップする方法もご紹介中!   詳しくはこちら >

2. 【便利】好きなホテル予約サイトを利用する

自分が好きなホテル予約サイトを利用すれば、そのサイトが提供するサービスやポイントの獲得ができます。また見やすく・予約しやすいというメリットも!

3. 【ひと手間でお得】ポイントサイト経由で予約する

ポイントサイトとは、ハピタス やモッピー などに代表される、経由するだけでポイントが貯められるお得なお小遣い稼ぎサイトです。

ポイントサイト経由でホテル予約サイトやマリオット公式サイトで予約すると、なんとポイントの二重取りも可能に!

最初に会員登録をするひと手間はかかりますが、おすすめのお得な予約方法です♪

なお初めてポイントサイトを利用する場合には、こちらのページが参考になるはずですよ↓ ↓ ↓

「マリオットアメックス プレミアム」は、お得な旅の味方です!

「旅をもっとお得に楽しみたい!」

それはきっと、旅行者に共通する永遠の願いではないでしょうか。

そして、そんな願いをかなえるお手伝いをしてくれるのが、マリオットボンヴォイアメックス(プレミアム)です。

マリオットボンヴォイアメックス

なぜなら、このカードを持っているだけで、世界最大のホテルグループであるマリオットインターナショナルの上級会員「ゴールドエリート」になれてしまうからです!

本来、ゴールドエリート会員になるためには、年間25泊以上マリオットグループのホテルに宿泊する必要があるのですが、これにカードを1枚作るだけで(たとえ1泊もしてなくても)なれるというのはスゴイことですよね。

マリオットボンヴォイランクアップ

そして、ゴールドエリート会員になるとこんな特典が利用できるようになります。

ゴールドエリートの特典
  • 部屋のアップグレード(空室があれば)
  • レイトチェックアウト(午後2時まで)
  • ウェルカムギフトの提供(250ポイント or 500ポイント)等
  • 25%のボーナスポイント獲得
  • ホテルのレストランとバーの利用が15%オフ(アルコールを除く)

私たちもゴールドエリートの「部屋のアップグレード」特典で、もともと眺望無しで予約した部屋を→高層階オーシャンフロントルーム等に何度も超絶アップグレードしてもらっています!

シェラトン沖縄
シェラトン沖縄では、最上階の1つ下にアップグレード!!

貯まったポイントで無料宿泊OK!

マリオットアメックスプレミアムでカード決済をすると100円ごとに3ポイントがもらえます。

そしてポイントが貯まれば、世界138の国と地域にある7,900軒以上のMarriott Bonvoy®系列のホテルのほとんどに、ポイントを使って無料宿泊できるようになります!

しかも貯まったポイントは100円→1.25マイルという高いレートでANAやJALをはじめとする各航空会社のマイルに交換することも可能ですので、

“ホテルも飛行機も無料で!”

なんて旅行も夢ではなく、実際、私たちも何度かそんな旅行を体験しています。

カード更新時には無料宿泊特典がもらえる!

そんなマリオットアメックスプレミアム保有者の一番の楽しみとも言えるのが、年間150万円のカード決済をするとカード更新時にもらえる無料宿泊特典です。

1泊1室2名まで、50,000ポイントまでの部屋に泊まれるだけでなく、なんと利用除外日が無いのです。

つまり年末年始や夏休みの繫忙期でも50,000ポイントまでのホテルなら宿泊できてしまう!という太っ腹な特典となっています。

ただ、年会費が49,500円と高額。

マリオットアメックスプレミアムの年会費は49,500円(税込)となっており、金額だけ見てしまうとかなりの高額です。

でも!

ほとんどでゴールドエリート会員としての待遇が受けられるだけでなく、無料宿泊特典を利用すれば毎年1回はリッチなホテル滞在ができるようになります。

もちろん、ステータスカードである「アメックス」の自体の特典(空港ラウンジ、旅行傷害保険など)も利用できますので、旅行好きの人なら年会費以上のメリットをしっかりと感じられるはずです!

しかも!家族カードが1枚なら無料で持てるので、家族で協力してカード利用実績を作るのに最適なんです。

※「マリオットアメックス(一般カード)年会費23,100円」もラインアップされています。詳しくはこちらのページをご覧ください

初年度は無料宿泊特典ナシ。でも…!

実は、マリオットアメックスプレミアムを作った年(初年度)は、この無料宿泊特典はもらえません。

でもその代わり、お得な入会特典がもらえます。

しかも!

カード保有者からの紹介で入会すると、さらにポイントを上乗せして入会特典がもらえるようになるんです!

そんなマリオットアメックスプレミアムを紹介経由で作りたい!という場合は、もちろん私から紹介させていただきますので、下記のボタンからぜひお気軽にご連絡ください。

ぜひ一緒にお得な旅を楽しみましょう♪ Let’s Enjoy Travel !

↓まずはお気軽に連絡ください♪↓

朗報!期間限定のBigチャンス!!

マリオットアメックスプレミアムの入会プログラムが2022年10月20日(木)までキャンペーンで大幅アップグレード中!
紹介者経由での入会+所定額利用で88,500ポイント獲得可能に!

ご質問もお気軽にどうぞ~♪

「カードを申し込む前に確認したいことがあって…」
そんな場合には、≫こちらからお気軽にお問い合わせください♪