はじめてのグアム ~パラ子、熱帯魚に攻撃される?~

そして家族ではじめての海外旅行へ

パラ子がはじめてグァムを訪れたのは今からもう10年以上も前のことです。

お正月に新聞に載っていた某旅行会社のグアムツアーの記事を見つけて、妹と「これ安いね~」なんて初めは他愛もない会話をしていただけだったのですが、だんだん話が盛り上がってきて、こうなりました。

たまには家族で海外旅行行っちゃう~?

もともと全員O型で楽観的&ノリのいい家族だったので、一気に話がまとまりツアーの予約も取れたのでさっそく2月に行くことに決定しました。

スポンサーリンク

 

父母、はじめてのシュノーケリングではじける

私と妹はもともと海好き♪だったのでシュノーケルの経験があったのですが、父母は初めてです。初めは慣れないシュノーケルを装着し、水中で息ができることに疑心暗鬼だった二人ですが、慣れてくると大騒ぎです。

シュノーケルを口にくわえたまま水中で何か叫んでいます。どうやら
「さかな!さかな!」
と言っているようです。見ると、大きめの魚が数匹スーッと泳いでいきました。

実はホテルの近くのビーチ(タモンビーチ)は、とても透明度が高く、足が付くような場所でもきれいな熱帯魚がいっぱい泳いでいるんです。

ホテルの近くで十分楽しめる!という点がファミリー層にグアムが人気な理由のひとつなのかなーと思います。

熱帯魚が頭突きしてきた!

パラ子が熱帯魚といっしょに「お魚になった気分♪」で優雅に(?)沖に向かって泳いでいると、突然お尻のあたりに衝撃を感じました。ビックリしてみてみると、綺麗な色だけど生意気そうな顔をした熱帯魚が付近をうろうろしていました。

それから何度か違う個体にも頭突きされました。どうやら妹や父母も同様の攻撃をうけたとのことでした。
その魚の顔をしっかり覚えて、家に帰ってからネットで調べたところ、犯人(犯魚?)の名前は「ムラサメモンガラ」。

繁殖期に巣を守るために自分のテリトリーに侵入してきたものを追い払うようです。
私たちは頭突きで済みましたが、噛まれることもよくあるとのこと。

ムラサメモンガラ(出典:Wikipedia)

ムラサメモンガラ

でも、また別の機会に10月にグアムに行ったときに、またムラサメモンガラと遭遇したパラ子はドキドキしながら身構えていたら、なんとヤツはパラ子なんてそこに居ないかのようにスルーしました。

ガン無視です。

どうやら、繁殖期(産卵期)じゃなければ攻撃しないみたいです。あの時は子どもを守るため、彼女(彼?)も必死だったのですね。うん、許そう!笑

でも、噛まれるのはやっぱイヤなので、長袖(ラッシュガード)や、タイツ(ラッシュトレンカ)、海用のグローブなどで防御することが必要ですね。

だって、よくよく考えたらやっぱり私たちの方が闖入者ですもんね。

ところでムラサメモンガラの繁殖期っていつなんだろう?と思って調べたのですが、いろんなサイトに「夏」と書いてありました。

でも、パラ子たちは2月でも攻撃され、10月と11月はスルーでした。なので、結局わかりません!これはもう運ですね。

グアムのシュノーケルはとてもお手軽ですが、サンゴや魚には触れないよう気を付けて楽しみたいですね!

シュノーケルを楽しむために・・・

シュノーケルするときは、グローブやラッシュガードなどを着用した方がいいですよ。

楽しい楽しい海水浴には、日焼け、魚の攻撃、サンゴによるケガなど、実は気をつけることがたくさんあるんです!

グローブ

 

ラッシュガードとトレンカ

 

ラッシュガード


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ