ハワイのホールフーズマーケットで、ピーナッツバターの手作りに挑戦!

とっても簡単で美味しい、手作りピーナッツバターにトライ!

米国発のナチュラル・オーガニック系スーパーマーケット「ホールフーズマーケット」は、パラ子たちがハワイで一番好きなスーパーマーケットです。

新鮮なオーガニック野菜のデリコーナーがあったり、店舗で絞られているコールドプレスジュースがとても美味しかったりと、さすがホールフーズ!というものにたくさん出会いましたが、実は新鮮なのは、なにも野菜やジュースばかりではなかったんです。

ホールフーズでは、ピーナッツバターまでもがフレッシュなんです!

今回は、お店内で好きな量だけ自分で作って買える、絶品ピーナッツバターについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

この機械は、もしや・・・!?

ホールフーズマーケットでは、ナッツ類の量り売りを行っています。

その種類の多さといったら、ホラこのとおり!

ホールフーズのナッツ量り売り

 

でも、ナッツコーナーとは別の場所で、ピーナッツがたくさん容器に入ったこんな機械を発見!

ホールフーズのピーナッツバターマシン

 

よくラベルを見てみると・・・Fresh Grind Peanut butterと書いてあります。
もちろん、オーガニックです。

ピーナツバター

grind(グラインド)は、コーヒーなどを「挽く」という意味です。

つまりこれは、粒のピーナッツをその場で「挽いて」フレッシュなピーナッツバターが作れる機械なんだということが分かりました。

これはやってみるしかありません!

 

そして、ピーナッツバター作りに挑戦!

まずはピーナッツを選びます。

この日は、売り切れのものもあったため、普通のピーナッツかハニーローストピーナッツの2択でした。

値段は、種類によって異なり、

普通のピーナッツ(Fresh Grind Peanut butter) は、1ポンド(約453g)=$6.49で、

ハニーローストピーナッツ(Fresh Grind Honey Roasted Peanut Butter)は、1ポンド=$5.49でした。

量り売りなので、もちろん1ポンド以下の量でも買えます。

パラ子たちは、ふだんから大好きな「ハニーローストピーナッツ」を選びました。

さっそく、緑色のスイッチをONしてピーナッツバター作りをスタート!

ホールフーズのピーナッツバ

 

・・・と言っても、すぐにドロドロ出てきたので、スタートからほんの数秒であっという間にフィニッシュ!

できたてピーナッツバター

完成したら、上に置いてあるフタをします。

 

そして、以前はそのままレジに持っていけば良かったのですが、最近はラベルシールに商品番号を鉛筆で書き、それをフタに貼ってからレジに持っていく方法に変わりました。

ホールフーズのラベルシール

 

私たちはさっそくレンタルハウスに戻って、できたてのピーナッツバターをクラッカーに付けて食べてみましたが・・・

クラッカーに付けたところ

こ、これは、かなりの美味しさですっ!

期待していた以上にものすごーく濃厚で、ピーナッツの風味と言い、適度に残ったピーナッツのざらつき感と言い、もう最高にデリーシャス♥

今まで私が食べてきたピーナッツバターは、一体なんだったの?というくらいのインパクトでした。

あ~もう一度食べたいっ!!

 

そうそう!

別の機会に訪れたら「アーモンド」もラインアップされていました。

こちらもアーモンドの美味しさをまるごと味わえる、絶品アーモンドバターになりました!

スポンサーリンク

これを動画にしてみました

ということで、パラ子とヒデキが体験した「ホールフーズマーケットでのピーナッツバター作り」を1分ちょっとの動画にまとめてみましたので、よろしければ見てみてくださいね♪

ピーナッツバター作りは、思っていたよりもかなり簡単なので、ぜひホールフーズに行ったらチャレンジしてみてくださいね。

病み付きになること間違いない美味しさですよ♪

ただし、食品添加物などが含まれていないので、そのまま置いておくと、どんどん酸化が進んで味が劣化してしまいます。

なるべく現地で食べきってしまうか、日本に持ち帰る場合にもできるだけ早く食べてしまった方がいいと思います!

ぜひ美味しいうちに味わってみてくださいね!


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ