地元ドライバーさんお墨付きのスコーンが激うまだった!

それはもう何年も前のことです。

私たちがチャーリーズタクシーでホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)からワイキキまで送ってもらったときのことです。

ドライバーさんが運転席の脇に、何やら白い紙袋を置いていらっしゃいました。

 

その紙袋の中身の正体は、大きなスコーンでした。

そのスコーンはロコに大人気だそうで、連日多くの人たちがそのお店を訪れているのだそうです。

そしてドライバーさんも、車で近くを通ったときにいくつか買って、おやつに食べているとのこと。

 

地元に詳しいタクシードライバーさんが言うなら、間違いないはず!

・・・と、それからハワイに行くたびに必ずと言っていいほど寄るのが、モンサラット通りにあるダイヤモンドヘッド マーケット&グリル(Diamond Head Market & Gril)です。

今回は一度食べたら忘れられない、ダイヤモンドヘッド マーケット&グリルの絶品スコーンをご紹介します。



 

グルメストリートの「ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル」へ

ダイヤモンドヘッド マーケット&グリル(ダイヤモンドヘッド・グリル)は、ダイヤモンドヘッドの麓、美味しいカフェやレストランが建ち並び、別名:グルメストリートとも呼ばれているモンサラット通りの一角にあります。

モンサラット通り(モンサラットアベニュー)
モンサラット通り

 

モンサラット通りは海側から上る坂道となっており、下から歩いていくと間もなく左手に白っぽい建物が見えます。

こちらがダイヤモンドヘッドマーケット&グリルです。

diamondheadgrill
ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル

えっ!「スコーン」がメニューにない?

ダイヤモンドヘッドマーケット&グリルはプレートランチやハンバーガーなどが美味しいことでも有名で、それを目当てにやって来る人も少なくありません。

さっそくオーダー窓口にあるメニューを眺めてスコーンを探しますが・・・

ダイヤモンドヘッドグリルの

 

あれれ?

ヒデキとパラ子二人でどんなに目を凝らしてもスコーン(Scone)という文字を見つけられません。

でも絶対に場所は間違っていないし、お店の人に聞いてみようかなぁ・・・と思っていたその時、左側のドアから出てくる人を発見。

もしや、こっち?
こっち

 

その、コンビニっぽいドアを押して中に入ってみると・・・

見つけました!

お弁当、ケーキ、サラダ、ジュースなど、色んな物が並んでいるお店の奥に、ケースに入ったスコーンらしきものを!

思っていたよりずっと大きくてビックリ!サイズ的には大きめのメロンパンくらいあります。

スコーン

 

これは初めて行った人なら必ず勘違いするポイントだと思うので、ぜひ覚えておいてくださいね。

スコーンは建物右側の窓口ではなく、左側のコンビニっぽい入り口から入ったところで売られている!ということをです。

スコーンのラインアップは?

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルでは、毎日3種類のスコーンが販売されています。

レギュラーメニューは「ブルーベリー クリームチーズ」と「バナナ クリームチーズ」で、このほかに日替わりスコーンが1種類ラインアップされます。

値段は2019年時点でひとつ$4.5です。(一番初めに訪れたときは3ドル台でしたがだいぶ値上がりました・・・。)

一番人気はコレ!

ダイヤモンドヘッドマーケット&グリルのスコーンの中で、不動の一番人気となっているのが、こちらのブルーベリー クリームチーズです。

ブルーベリースコーン
ブルーベリーチーズクリームのスコーン

 

見た目よりずっしりと重くて、中身がしっかり詰まってる感じです。

そのままかぶりついてみると生地はすごくしっとりしており、英国のスコーンのようなパサパサ感はまったくありません。

そしてホロッとすぐに崩れて、ブルーベリーの酸味とクリームチーズの風味がパァっと口の中に広がります。

 

これはおいしいっ!

アイシング(砂糖掛け)がされていますが、決して甘すぎないので、このときも食後だったにもかかわらずペロリとメロンパンサイズのスコーンを食べてしまいました。

日替わりスコーンは?

定番のブルーベリーチーズクリームとバナナチーズクリームのほかに、日替わりで登場する残り1種類のスコーンは次のとおりとなっています。

  • 日曜日: クランベリー・マンダリン・オレンジ
  • 月曜日: パイナップル
  • 火曜日: アップル・クラム
  • 水曜日: パイナップル
  • 木曜日: アップル・クラム
  • 金曜日: クランベリー・マンダリン・オレンジ
  • 土曜日: アップル・クラム

※予告なく変更になる場合があります。

 

そしてこちらが月曜日と水曜日に登場するパイナップルです。

パイナップルスコーン

こちらもやっぱりずっしりと重たく、生地はしっとり、パイナップルの甘酸っぱい感じがとても美味しかったです。

バター餅(BUTTER MOCHI)も美味しい♪

ダイヤモンドマーケット&グリルにはバターモチ(BUTTER MOCHI)なるものも販売されています。

モチは日本のあの「餅」からきていると思われます。

ダイヤモンドヘッドグリルのバターモチ
※数年前の価格です

 

バターモチって日本では耳慣れない単語ですが、ハワイでは昔からお母さんが家庭で手作りするおやつのひとつなのだそうです。

オーブンで焼いて作られるのでこのとおり焼き目がしっかり付いていて見るからに美味しそうですよね!

バター餅(ハワイ)

 

餅粉が使われているため、食感はモチモチで、ちょっと「ういろう」っぽい感じです。

味わいはひたすら素朴で、初めて食べたときにさえ懐かしさを覚えました。

うん、やっぱハワイの「おふくろの味」って感じです。

 

日本で買えるお菓子の中には、見かけはすごく素敵なのに実は香料や添加物でごまかしているようなものも少なくないですよね。

ある意味「偽物」って感じがします。

そしてここのスコーンやバターモチのように、素朴で美味しいものは今の日本ではなかなか出会えない気がします。

 

こういう「本物」のおやつが、もっと日本にも増えてくれたらいいのにな・・・!

と、食いしん坊を代表して切実に願うパラ子でした。

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルへの行き方

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルに行くには、各社のトロリーバスの利用が便利です。

ハイバス

 

ご利用のツアーによって無料で乗れるトロリーが異なりますので、詳しくはこちらのページで確認してみてください。

ハワイのトロリーバス比較。「無料」で乗る方法、運行ラインをご紹介します

 

路線バス(ザ・バス)を利用する場合はクヒオ通り(海側)バス停からら2番、23番、24番で近くまで行かれます。

でも私たちはたまに散歩がてら徒歩でワイキキから行くこともあります。30分あれば十分行かれます。

(ハワイではつい食べすぎてしまうので、そうやってカロリーを消費しないといけないんですよね。笑)

ぜひ次のハワイ旅行のときにはダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルの美味しいスコーンを体験してみてください!

■ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル

住所:3158 Monsarrat Ave、Honolulu (住所
営業時間:ベーカリー(マーケット) 6:30am-9:00pm / 朝食 7:00am-10:30am / ランチ&ディナー 11:00am-9:00pm(定休日なし)