ハワイ土産「マカダミアナッツ チョコ」の現地価格は?ハワイアンホーストが安いお店はどこ?

ハワイの定番お土産と言えば、マカダミアナッツ チョコ

ハワイ土産の定番中の定番!と言えば、やっぱりマカダミアナッツ入りのチョコレートですよね!

ハワイ帰りの友達からもらったことがある方も多いことかと思います。

ハワイでは、スーパーやABCストア(ハワイのコンビニ)に行くと、目立つところにさまざまなメーカーのマカダミアナッツチョコが並んでいます。

その中でも、パラ子が特におすすめしたいのが、老舗ハワイアンホースト(Hawaiian Host)のマカデミアナッツ・チョコレートです。

 

ハワイアンホーストがおすすめの理由

ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートと言えば、やっぱりこのティキ(TIKI)が描かれたデザイン。

誰もが「ああ、これこれ!」と思うパッケージですよね。

人気の16コ入りパッケージ(Hawaiian Host Classic Original <8 oz.>)

Hawaiian Host(ハワイアンホースト)のチョコレート

出典:http://shop.hawaiianhost.com/

油を使わずにカリッとローストされたマカデミアナッツ2コが、ミルクチョコレートでコーティングされている食べごたえ十分の美味しいチョコレートです。 

 

でも、ハワイにはハワイアンホースト以外のメーカーのマカダミアナッツチョコもいろいろ販売されています。

それこそピンからキリまであって、安いものなら上の写真のものと同じ箱サイズで3ドル程度からあります。

 

そういった安いものと比べるとハワイアンホーストのマカダミアナッツチョコは値段が高いんです。

それでもハワイアンホーストをおすすめするのには、パラ子の苦い体験があるからです。

 

実はパラ子は以前、知らないメーカーの安いものをいくつか選んだことがあります。

おそらく、パッケージも可愛いし、それなら安い方がいいかな!と程度の考えだったと思います。

 

ところがこれが大失敗でした。

箱を開けるとグラシン紙の小さなカップにチョコレートと砕いたナッツを流し入れて固めただけのものだったり、チョコが美味しくないうえにマカデミアナッツが1粒だけだったり・・・

どれもかなり残念な感じで、誰かにあげるのも恥ずかしいくらいでした。

 

それからは「値段なりの差はある!」と理解して、信頼のおける老舗ブランドのハワイアンホーストを選ぶようにしています。

 

ハワイアンホーストの現地価格は?

さて、そんな信頼できるブランド「ハワイアンホースト」(上の写真のクラッシックオリジナル)の現地価格は1箱およそ7~8ドル台です。

日本では1,500円~2,000円くらいで売られていますので、ハワイでは半額くらいで買えてしまうんです!

そして、バラマキ土産にピッタリなこちらの2コ入りは1ドル前後です。

ハワイアンホースト2個入り

ハワイアンホーストが一番安く買える店は?

パラ子が何度かハワイを訪れる中で気づいたのは、同じハワイでも店によってゼンゼン価格が異なるということです。

せっかくなら、少しでも安く買いたいものですよね。

ではどの店がナンバーワンなのかと言えば最安店はその時によって異なるのです。

 

たとえば、数年前にハワイを訪れたとき、このハワイアンホーストのマカダミアナッツチョコが一番安く買えたのは、日本でもおなじみのドン・キホーテ(Don Quijote)でした。

でも、その翌年に訪れたときは、ABCストアでちょうどセールを開催していたこともあり、ここがナンバーワンの安さでした。

abcstores

そして、またその翌年ABCストアで見たときには、セール中ではなかったためそれほど安いとは感じませんでした。

 

つまり主要なスーパーマーケットとABCストアで見比べなければ、そのときの最安店がわからないのです。

でも、さすがにハワイ旅行中の貴重な時間をマカダミアチョコ探しだけに費やすことはできませんよね!

そこで参考にしていただきたいのが販売価格です。

 

私がABCストア、ロングス・ドラッグス、フードパントリー、フードランド、ウォルグリーン、ウォルマートなどをまわって見た限りでは、次のような目安で、安いのか高いのかを判断すれば良さそうでした。

Hawaiian Host Classic Original 16コ(8oz)入りパックの価格目安

価格 1箱 6箱パック
安め $7台前半 $44~45台
普通 $7台後半 $46~47台
高め $8~ $48~

 

ちなみに、私が見た範囲で一番高かったのは、ワイキキのど真ん中(クヒオ通り沿い)にあるスーパー「フードパントリー」の6個パックで$50.19でした。。。

フードパントリー(ワイキキ)

 

こちらが日本人御用達の6箱パックです。私たちもよく買います。

持ち手が付いているためそのまま持ち運べるので便利なんです。

ハワイアンホースト

さまざまなな種類があります

ここまでは定番のクラッシック・オリジナルを紹介していきましたが、ほかにもさまざまな種類があります。

たとえば、ダークチョコレートのもの、ココナッツがトッピングされているもの、キャラメル入りのものなどがあり、お子様におすすめのハローキティーなどのキャラクターものもあります。

 

そして、最近よくみかけるのが、意外にもこちらの抹茶味!

ハワイではマカダミアナッツチョコに限らず、今、抹茶味(Matcha)が大人気なのです。

ハワイアホースト抹茶チョコレート

こちらも2個入りのタイプが売られていましたので、まずはそれで味見をしてから買う、というのもひとつの方法だと思います!

 

ハワイアンホースト創業者は日系人だった!

実はハワイアンホーストは、日系三世の「タキタニさん」ご夫妻という方たちが創業者なんです。

今でこそハワイ土産の代名詞のようになったマカダミアナッツチョコですが、最初は思うように売れず大変なご苦労をされたそうです。

それでも試行錯誤を繰り返して、ついに今のようなおいしいマカダミアナッツチョコが完成したのです。

パッケージの底面にタキタニさんご夫妻の写真が載っているので、買ったら見てみてくださいね。

 日本でも買える、ハワイアンホースト公式ショップ

そんな日本と実はとても身近なハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートを、今スグどうしても食べたくなってもご安心ください!

ハワイアンホースト公式店でいつでも買えちゃいます!

ハワイのお土産が足りなくなったときのお助けショップとしても活用できますね。


【ハワイアンホースト公式店】マカデミアナッツチョコレートTIKI 8oz(16粒)

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ