Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホノルル空港のカードラウンジ「IASSハワイラウンジ」のご案内

2019年3月29日更新

帰国便の待ち時間に、IASSハワイラウンジを利用してみよう!

ハワイ旅行中にもっともテンションが下がるときと言えば、やっぱり帰国直前の時間ですよね。

私たちは、帰国の日はホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)までのハイウェイの渋滞や、レンタカーの返却の時間などを考慮し、いつもなるべく早めにホノルル空港に到着するようにしているのですが、

ホノルル空港はそれほど楽しめるショップや食べるところも多くないので、けっこう退屈なんですよね・・・。

 

このため、チェックインが済んでも、かなり時間が余ってしまうので、私たちは出発までの時間を空港ラウンジIASS(アイエーエスエス)ハワイラウンジで、ゆっくりくつろぎながら過ごすことがあります。

「そもそも、空港ラウンジって何?IASSハワイラウンジって何?」

という方もいらっしゃると思いますので、今回はそのあたりの紹介からさせていただきますね。

 

そもそそも空港ラウンジとは?

各国の主要な空港には、これから飛行機に搭乗予定の人向けに、空港ラウンジ(Airport lounge)と呼ばれる特別な待合室が用意されています。

空港ラウンジは大きく分けて2種類あるのですが、ひとつがANAやJALなどの航空会社がそれぞれで提供しているラウンジです。

各航空会社のラウンジは、ファーストクラス、ビジネスクラスの搭乗チケットを持っている人か、またはその航空会社の上級会員資格を保有している、いわゆるVIP向けのハイクラスなラウンジとなっています。

ハイセンスな空間で、ソフトドリンクはもちろん、アルコール類や食べ物を自由にいただくことができます。

成田空港のユナイテッド航空のラウンジ

成田空港ユナイテッドクラブの雰囲気

 

そして、もうひとつがもう少しハードルが低い、いわゆるカードラウンジです。

と言っても、カードラウンジの方も、誰でも利用できるわけではなく、搭乗予定の航空券(エコノミークラスでもOK)と、そのラウンジの提携カード会社(JCB、VISA、AMEXなど)のゴールドカード以上のカードなどを持っている人のみとなります。

また、対象のカードを持っていない同伴者は料金がかかる場合がありますので、あらかじめお持ちのカードの特典を確認しておくといいと思います。

羽田空港国際線スカイラウンジ

スカイラウンジ内部

 

カードラウンジの方は、ソフトドリンクが無料で飲める(アルコールはほとんどのところで有料)、Wi-Fiが使える、雑誌が読めるなどのサービスが提供されますが、場所によりその内容は多少違います。

食べ物についてはあっても、せいぜいカキノタネのようなおつまみ程度か、まったくないところもあります。

そんなカードラウンジのサービスで、私たちが便利だと思っているのは電源コンセントでスマホの充電ができたり、ノートPCを使えたりするところです。

 

さてIASSハワイラウンジ(IASS HAWAII LOUNGE)はどちらのラウンジなのか?と言えば、後者のカードラウンジとなります。

つまり、ゴールドカード(と当日の航空券)を持っていれば利用できるのです!

 

IASSハワイラウンジの場所は?

IASSハワイラウンジは、ホノルル空港の保安区域内(出発保安検査場通過後のエリア)にある座席数60席のカードラウンジです。

出国審査も済んで「あとは飛行機に乗るだけ」の状態で利用できるのでとても便利です。

IASSハワイラウンジ

出典:http://www.iass.co.jp/lounge/hawaii.html

 

ただ、初めて行くときはちょっとだけわかりづらいかもしれません。

と言うのも、IASSハワイラウンジは国際線ターミナルのある2Fではなく、そこから階段を降りたガーデンコートエリア(1F)にあるためです。

ガーデンコートエリアへは、上図の「スターバックスコーヒー」の裏にあるエレベーター、または階段を使います。

天井から出ているこの看板が目印です。

IASSラウンジの看板

 

ガーデンコートエリアに降りると、IASSハワイラウンジ以外のラウンジもあります。

ガーデン自体もこのようにとても綺麗なので、ぐるーっと一周歩いて見てみるといいですよ!

IASSガーデンの様子

 

そして、IASSハワイラウンジの入り口にはこのような看板が出ています。

IASSラウンジ

 

IASSハワイラウンジで提供されるサービスは?

IASSラウンジ内で利用できるサービスは次のとおりです。

  • 無料ドリンク(ソフトドリンクのみ)
  • 電源の利用
  • 新聞/週刊誌無料閲覧
  • 無線LAN
  • パソコン貸し出し

残念ながらシャワーのサービス、食べ物のサービスはありません。

 

こちらはドリンクコーナーの様子です。

コーヒーや紅茶のほか、冷蔵庫内のミネラルウォーターやジュースも飲めます。

私は甘いですがグァバジュースがハワイらしくて好きです。

IASSラウンジの中

 

ラウンジ内は、ガーデンに面した窓が大きいためとても明るく、旅立ちまでの時間をゆったりとくつろぎながら過ごせる雰囲気です。

そして、ハワイらしいデザインのインテリアが「まだハワイに居るんだ!」ということを実感させてくれます。

IASSハワイラウンジの中

 

ソファの脇には電源があります。

Wi-Fiもありますので、のんびりスマホチェックや友人や家族へのメッセージの送信などもできます。

IASSラウンジでスマホ充電

 

IASSハワイラウンジ利用時の注意点

IASSハワイラウンジに限りませんが、特に搭乗予定の便に関するアナウンスはありません。

つまり、自分で時間を気にしながら利用しないと飛行機に乗り遅れてしまう可能性があります。

航空会社によっては、だいぶ離れた場所が搭乗ゲートになっていることもありますのであらかじめ場所をチェックしておいてくださいね。

なお、ラウンジが利用可能なゴールドカードについては、公式サイトで確認してください。

■ IASS ハワイ・ラウンジ

・営業時間 7:30~18:00 (年中無休) ※13:30~14:00 閉室
・座席数 60席
・公式ホームページ:http://www.iass.co.jp/lounge/hawaii.html

 

初年度無料!おすすめゴールドカードはこの1枚!

「カード会社の空港ラウンジを使ってみたいけれど、まだゴールドカードを持っていない」

という方にはセゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードが断然おすすめです。

なぜなら、セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードなら、初年度年会費無料で利用ができ、ほかにもこんな特典が利用できるからです。

セゾンゴールドAMEXの特典
  • 国内主要空港、ダニエル・K・イノウエ空港(ホノルル空港)ラウンジが利用できる(同伴者は)追加料金必要
  • 手厚い補償の海外旅行保険が自動付帯する
  • 海外旅行保険は家族特約により配偶者、子ども、同居の親の保険もカバーできる。
  • 航空機遅延費用補償預託手荷物遅延(ロストバゲージ)補償つき
  • ステイタスカードであるアメックスならではの特典(帰国時手荷物無料宅配サービス、日本語で海外アシスタンスデスクの利用など)

 

特に、医療費がとんでもなく高額なハワイでは、海外旅行保険はなくてはならないものですので、これが実質タダで付けられるのはとても貴重な特典なんです!!

なお、このカードは2年目以降は10,000円の年会費がかかりますが、仮に1年目に利用してみて十分な価値を感じられなければ2年目の更新前に解約することも可能です。

ということで、まずは申し込んでみると良いかと思います。

特典の詳細や優待情報は公式サイトで確認してみてくださいね。

セゾンゴールドアメックスの公式サイトはこちら≫

 

いかがでしょうか。

次回のハワイ旅行は、帰国前の寂しい気分になりがちな時間を、ゆったりIASSハワイラウンジで過ごしてみませんか?

目指せ0円ハワイ!無料メール講座を開催中!

 

私たちは2018年秋に飛行機もホテルも無料でハワイ旅行をたっぷり楽しんできました!

そんな楽しい旅の様子と0円旅行を実現できた理由をハワイ0円格安旅行!総額100万円を無料で実現するには?≫の記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

またハワイの極意をメールで少しずつお教えする『目指せ0円ハワイ!無料メール講座』を好評開催中です!

無料メール講座でしっかりと学んで一緒に0円ハワイを目指しませんか?
ご登録お待ちしております!!

ご登録特典
メール講座ご登録特典として、私たちがいつも実践しているノウハウ&裏技満載のマイル&ポイント獲得情報コンテンツ』を進呈します!!
(詳細はメール講座の途中でご案内します)

 

無料メール講座

無料メール講座を希望

メールアドレスはGmail、Yahooメール等を推奨します。
※docomo、au、SoftBankなどのキャリアメールはパソコンからのメール受信が可能な設定にしておいてください。
※@icloud.com、@me.comの場合は迷惑メールフォルダに入りやすいのでご注意ください。

 

サブコンテンツ