「海外旅行保険」を無料で付けられる!おすすめウラ技はコレ!

海外旅行保険に「お金」を払っている人、必見!

医者

ハワイなどの海外旅行先でケガや病気になったときに役立つ海外旅行保険

でも、

「ほんの数日間の旅行に、高い保険料は支払いたくないなぁ」

というのも本音ですよね。

 

大丈夫です、ご安心ください。

実は、十分な補償内容の海外旅行保険無料で付けられる方法があるんです。

今回は、知らない人は損をする、私たちも利用している「海外旅行保険を無料で付けられるお得なウラ技」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

そもそも、海外旅行保険って必要なの?

「ほんの数日の旅行だし、ケガも病気もする可能性は低いから、海外旅行保険なんて入らなくてもいいのでは?

もし、少しでもそう思っているなら、ちょっとこちらをご覧ください・・・。

  • 虫垂炎・腹膜炎と診断され 5 日間入院・手術 ・・・387万円
  • 大腿骨頸部骨折と診断され 9 日間入院・手術・・・838万円
  • 子宮筋腫と診断され 5 日間入院・手術・・・1,000万円

引用:ジェイアイ傷害火災保険(株)2013 年度 海外旅行保険事故データ より

実はこれ、2013年度に事故や病気によってハワイで発生した医療費の実例なんです。

アメリカは医療費がとても高い、という話はどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、中でもハワイは世界一高額だとされています。

 

もしハワイで虫垂炎、つまり盲腸になってしまったとしたら・・・400万円近い費用、あなたは自己負担できますか?

盲腸になる可能性は低いとしても、サーフィンなどのマリンスポーツ中にケガをしたり、慣れない環境で体調を崩してしまうことは十分あり得るわけで・・・。

だから、万が一何か起きた場合にハワイの高額医療費に青ざめなくても済むように、海外旅行保険には必ず入っておくべきだと私たちは考えます。

実は日本の「健康保険」は海外でも適用できます

海外で医療行為を受けた場合、一旦はその費用を全額実費で支払わなければなりません。

でも、実は日本で加入している国民健康保険、および勤務先の各種健康保険を適用することができます。

(詳しくは勤務先の健康保険窓口、国民健康保険窓口にご確認くださいね。)

 

ただし、全額払い戻しされるわけではありませんので、健康保険だけではかかった医療費全額はまかないきれません。

そこで注目したいのが「クレジットカードに付いてくる海外旅行保険」なんです。

お持ちのカードに海外旅行保険は付いてますか?

ハワイを含む米国はクレジットカード社会。

現金をたくさん持ち歩くのはリスクだということは、きっとご存じですよね。

だから、誰でも1枚はクレジッドカードを持ってハワイに行くかと思います。

 

そして、クレジットカードの中には、すでに海外旅行保険が付帯しているものがあります。

そういったカードを持っていれば、わざわざお金を払って海外旅行保険に加入しなくてもいいんです!

でも・・・ただ保険が付いてさえいれば何でもいい、というわけではありません。

手持ちのカードの保険で本当に大丈夫?

「私が持っているAカードには、ちゃんと海外旅行保険が付いてたから、これでOKね!」

と思った方!安心するのはまだちょっと早いかも知れませんよ。

ちゃんと保険の内容まで確認されましたか?

 

一般的に海外旅行保険の補償内容には、主に次の項目が設定されています。

  • 傷害死亡/後遺障害
    事故によるケガが原因で死亡または後遺障害が生じた場合
  • 傷害治療費用
    ケガの治療費
  • 疾病治療費用
    病気の治療費
  • 携行品損害
    持ち物を盗まれたり壊されたりした場合
  • 賠償責任
    他人をケガさせたり、他人の持ち物を壊してしまった場合
  • 救援者費用
    本人が入院したときに家族が現地に駆けつけた場合の費用

仮にあなたがお持ちのカードにこんな内容の補償が付いていたとします。

傷害死亡
後遺障害
傷害治療費用 疾病治療費用 携行品損害 賠償責任 救援者費用
 1,000万円 なし なし なし なし 100万円

よく見ると、「傷害・疾病治療費用」つまりケガや病気になった場合の治療費に対する補償や、持ち物を盗まれた場合の補償である「携行品損害」、他人にケガをさせてしまった場合の補償「賠償責任」が、すべてなしとなっています。

つまり、これは一番可能性の高いケガや病気などはまったくカバーされず、死亡するか後遺症が残ったときにしか役に立たない保険ということなんです。

これではどう考えても保険として不十分ですよね。

もし手持ちのカードの保険が不十分だったら?

あなたが持ちのカードの海外旅行保険が十分な補償内容ではなかった場合、次の2つの方法があります。

  1. 補償内容がしっかりした海外旅行保険に有料で加入する
  2. 補償内容がしっかりした海外旅行保険が付帯するクレジットカード(年会費無料)に申し込む

そして、私たちはダンゼン2.の方法をおすすめします!!

クレジットカードに付帯の海外旅行保険がおすすめな2つの理由

私たちが海外旅行保険(有料)への加入ではなく、海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードへの入会をおすすめするのには次の2つの理由があります。

おすすめ理由その1:無料だから

おすすめ理由の一番目はもちろん、タダで保険が付いてくるからです。

海外旅行保険に加入する場合、どんなに安くてもハワイ6日間で2,000円以上はかかります。

これが7日間、8日間・・・と期間がなくなるにつれて保険料もアップします。

 

でも、クレジットカードなら、カードの発行手続きにちょっと手間がかかるものの無料で、しかも旅行日数が長くなっても変わらず無料です!

各カードとも旅行日数の上限はありますが、90日など長めなので、普通の旅行なら余裕でカバーできます。

おすすめ理由その2:毎回申し込まなくていいから

有料の海外旅行保険は、旅行のたびに、毎回、毎回、申込みが必要ですよね。

でもクレジットカード付帯の保険なら、一度カードを作ってしまえば、そのカードを保有している限り保険が付いてきます。

つまり申込みは一度だけで済むわけです。

長い目で見ればこちらの方がずっとお得でラクですよね。

 

補償内容が充実している、年会費無料カードはコレ!

海外旅行保険が付いているクレジットカードを選ぶ際に何より大切なのは、補償内容が充実しているカードを選ぶことです。

年会費有料のクレジットカードの方が当然、保証内容が充実した保険内容が多いのですが、今回は年会費無料で補償内容が充実しているカードをいくつかピックアップしてみました!

<ご注意>
・各補償内容の金額はその保険で支払われる最高額です。また補償内容は予告なく変更になる場合がありますので、最新の内容は各社ホームページにてご確認ください。
・「自動付帯」表示のものは、使わなくても「持っているだけ」で保険が適用されるものです。
・「条件付き付帯」表示のものは、保険を適用するのに条件があるものです。

★おすすめ度No.1:エポスカード(自動付帯)

エポスカードは丸井グループのクレジットカード会社で、マルイでのお買い物(Webショップ含む)でポイントが貯まります。

年会費永年無料なのに疾病治療費270万円というのは、今回ご紹介するカードの中でも特に高額となっています。

自動付帯なので、カードをもってさえいれば、支払いに利用しなくても保険が有効になります。

傷害死亡
後遺障害
傷害治療費用 疾病治療費用 携行品損害 賠償責任 救援者費用
 500万円 200万円 270万円 20万円 2,000万円 100万円

»エポスカードの詳細・申込みはこちら

 

★おすすめNo.2:楽天カード(条件付き付帯)

ご存じ、楽天グループのカードです。

楽天市場や楽天トラベルで利用すると、ポイント還元率も有利になりますので、普段から使いやすいカードのひとつですね。

ただし、海外旅行保険を有効にするには、このカードで旅行代金公共交通機関(空港に行くための電車やバスの代金だけでもOK)などをこのカードで決済する必要があります。

楽天カードではJCB・Master・VISAからカード会社を選べますが、nanacoを利用されている方には、チャージすると楽天ポイントが付くJCBをおすすめします。

傷害死亡
後遺障害
傷害治療費用 疾病治療費用 携行品損害 賠償責任 救援者費用
2,000万円 200万円 200万円 20万円 2,000万円 200万円

»楽天カードの詳細・申込みはこちら

 

有料だけど「楽天プレミアムカード」がさらにおすすめな理由

楽天プレミアムカードは、年会費10,800円のクレジットカードです。

「えーっ!クレジットカードに1万円も払えない!」

って、フツー思いますよね。

でも、入会するだけで楽天ポイントが5,000ポイント(キャンペーンでそれ以上の場合もあり)もらえるので、実質差額は5,800円です。

 

もし楽天市場でよくお買い物をする方なら、楽天プレミアムカードで支払うといつでも6倍(楽天モバイルなら7倍)のポイントが還元されるスーパーポイントアッププログラムが適用されたり、

送料相当分がポイント還元される「楽天プレミアム(年会費3,900円)」が1年間無料で利用できるなど、ほかにもかなりお得な特典が利用できます。

そして、海外旅行保険内容も、自動付帯でこんなに充実!

傷害死亡
後遺障害
傷害治療費用 疾病治療費用 携行品損害 賠償責任 救援者費用
4,000万円 300万円 300万円 30万円 3,000万円 200万円

このクラスの保険に入ろうと思ったら、ハワイ6日間でフツーに4,000円近くはかかります。

さらにカードの利用条件を満たせば、もっと保険金額がアップします。

しかも!通常は年会費$399のプライオリティパスが無料で作れるので、海外旅行をする方にはホントにおすすめなカードなんです。

年会費は有料ですが、年会費以上の価値は必ずあると思っているカードなのでご紹介しました!

»楽天プレミアムカードの詳細・申込みはこちら

 

★実はここからが本当のウラ技です!★

さて、これだけの内容の海外旅行保険がクレジットカードに付いていることに、ちょっと驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、補償内容をさらに充実させる方法があるんです。

それは・・・!

これらのクレジットカードを複数作ってしまうことなんです。

 

初めに書いたとおり、ハワイの医療費はとにかく高額です。

救急車でさえ日本のように無料で来てくれるわけではありません。

もちろん、旅行中にケガも病気もしないに越したことはありませんが、万が一入院や手術をすることになった場合に、1枚のカードの補償内容だけではまかないきれないことも十分あり得るのです。

そんなときに、たとえば傷害治療費用200万円のカードを2枚持っていれば、合計で最高400万円まで補償されるようになりますので、かなり充実した補償内容になるわけです。

(傷害死亡・後遺障害については合算はされず、最高額のものが適用されます)

 

だから、私たちも数枚のカードを保有して万が一に備えています。

これこそ、十分な補償内容の海外旅行保険に「無料」で入れるウラ技なんです!

 

昔から「備えあえれば憂いなし」と言われていますが、海外旅行保険もそのひとつですよね。

旅行前に「憂い」になりそうなことを極力減らして、心置きなくハワイを楽しんできてくださいね♪

マジックアイランド

関連記事&スポンサーリンク

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ