Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴールドカードのメリットや特典は?無料で持てる方法とは?おすすめの1枚はコレ!

2019年9月2日更新

単なるステータスや空港ラウンジだけはない、ゴールドカードの魅力

キャッシュレス化の波が押し寄せている昨今、

「前になんとなく選んだクレジットカードをそのままずっと使い続けていいものだろうか?」

と疑問に感じている方も少なくないことと思います。

 

これからますます利用機会が増えそうなクレジットカードだからこそ、自分のライフスタイルに合ったお得な1枚を選びたいものです。

そして、せっかくならこの機会にゴールドカードも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

年会費無料でゴールドカード

 

でもゴールドカードと言えば、

「持っていると、支払いのときになんとなくカッコイイ!」

といったステータス面や、旅行の際に空港ラウンジが無料で使えることくらいが主なメリットだとお思いではないでしょうか?

 

実際にゴールドカードを持って感じるのは、ステータス面のメリットよりも、一般的なクレジットカードと比べて格段に特典やサービスが優れているという機能面でのさまざまなメリットです。

多くのゴールドカードホルダーは、そのカードの特典・サービスに満足するからこそ長く持ち続けているのです。

 

でも、どうせ年会費が高いのでは?

ゴールドカードの特典やサービスがいくら魅力的だったとしても、年会費が高ければやはり二の足を踏んでしまいます。

確かに一般的なゴールドカードの年会費は、10,000円~15,000円(税別)程度となっており、決して安いとは言えません。

カード会社側とすれば、ゴールドカード利用者に満足の行くサービスを提供するためには、それなりの年会費を集める必要があるため、これは仕方ないことだと思いますが・・・

 

ただ私たち使う側にしてみれば、やっぱり年会費はできるだけ安いに越したことはありませんよね。

欲を言えばとか・・・。

 

実はそんな方法があるんです。

しかも永年年会費無料でゴールドカードを持てる画期的な方法が!!

 

年会費0円で持てるゴールドカードの正体

年会費永年無料で持てるゴールドカード、それはエポスゴールドカードです。

首都圏を中心にファッションビル「マルイ」などを展開している丸井グループのクレジットカード:エポスカードのゴールドカードです。

カードの券面は、このとおり落ち着いたゴールドカラーのスタイリッシュなデザインとなっています。

エポスゴールドカード

 

エポスゴールドカードの主な特長

エポスゴールドカードにはさまざまなメリットがありますが、その中で特におすすめなものをご紹介いたします。

ポイント(エポスポイント)の有効期限がない

エポスゴールドカードで決済をすると200円で1ポイント(エポスポイント)が貯まります。

このポイントの有効期限は一般カード(エポスカード)では2年となっていますが、ゴールドカードになると無期限となります。

エポスポイントはマルイ(およびモディ)で使えるだけでなく、商品券やマイル(JAL/ANA)などにも交換できますので、楽しみながら貯めることができます。

 

国内・海外の空港ラウンジが無料で使える

旅行好きな方には、やっぱり空港ラウンジが無料で利用できることはうれしいポイントですよね。

仮に羽田空港のカードラウンジ(POWER LOUNGE)を利用する場合、通常は1,000円(税別)の利用料がかかります。

これがエポスゴールドカードを持っている限り、今後ずっと無料で利用できるというのは大きなメリットです。

≫エポスカードで利用できる国内空港ラウンジ

国内だけでなくホノルル空港(ダニエルKイノウエ国際空港)と韓国の仁川国際空港のカードラウンジも利用できます。

 

海外旅行傷害保険(最高1,000万円)が自動付帯

海外旅行保険は日本よりも格段に医療費が高額な海外に旅行に行くなら絶対に欠かせない準備のひとつです。

エポスゴールドカードなら、たとえ旅行代金(ホテル・航空券など)をこのカードで支払っていなくても自動的に付いてきます(自動付帯)。

カードを持ち続けている限りずっと海外旅行保険が付帯しますので、よく旅行をする方にはとてもありがたいサービスです。

 

海外サポートデスク

世界38都市の現地デスクで、観光に役立つ情報や緊急時の対応などを「日本語」で行ってもらえます。

現地のツアーやレストランの予約などを依頼できるだけでなく、事故やトラブル時の相談も可能です。

 

ショッピング、グルメ、トラベルの優待サービス

Amazonや楽天市場などを利用するときに経由するとポイント2倍になる「たまるマーケット」や、レストランやホテルなど、全国10,000店舗以上で優待がある「エポトクプラザ」といった優待サービスを利用できます。

 

年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

年間50万円以上の利用で2,500ポイント、100万円以上で10,000ポイントのボーナスポイントがもらえます。

 

ANAマイルへの交換率がアップ

貯まったエポスポイントはJALやANAのマイルにも交換できますが、このとき一般のエポスカードの場合は1000ポイントで500マイル(交換率0.5%)となっていますが、エポスゴールド保有者の場合は1000ポイントで600マイル(交換率0.6%)にアップします。

JALマイルの場合は、カードの種類にかかわらず1000ポイントで500マイルとなっています。

 

家族も年会費無料でエポスゴールドカードが持てる 

エポスゴールドカードを保有している家族からの紹介で、家族も年会費無料でエポスゴールドカードを持つことができます。

これについては後ほどさらに詳しくご案内します。

 

このように魅力的な特典が満載のエポスゴールドカードですので、

「今すぐ申し込んでみたい!」

とお思いになったかもしれませんが、、、

 

実はいきなりエポスゴールドカードを申し込んでも年会費無料にはならないのです。

ではどうすれば年会費無料になるのか?

その方法ついてこれからご案内します。

 

招待状が届いたら、年会費永年無料に!

エポスゴールドカードは普通に申し込むと年会費が5,000円(税込)かかり、年会費無料ではありません。

ただ年間のカード利用金額が50万円以上になると、翌年以降はずーっと年会費が無料となります。

それでも十分すごいことだとは思うのですが、これからご案内するのは1年目から年会費が無料になる方法となります。

それはエポスからインビテーション(招待状)をもらうことです!

 

インビテーション(招待状)とは?

インビテーションとは、「エポスゴールドカードに切り替えませんか?」という内容でエポスから届く招待状のことです。

この招待状を受け取った場合に限り、初年度から年会費無料でエポスゴールドカードを持つことができるのです。

つまり憧れのゴールドカードを完全無料で持てるのです!!

 

ただし、このインビテーションを受けるには、次のようなステップを踏む必要があります。

エポスゴールドカード招待までのステップ

  1.  まずは「エポスカード」を作る
  2. エポスカードを日常決済に使う
  3. インビテーションが届く

ちょっと時間はかかりますが、ゴールドカードが完全無料で持てるなら頑張りがいもありますよね。

それでは各ステップについてご案内します。

 

1.まずは「エポスカード」を作る

まずはゴールドカードではなく、一般カードであるエポスカード(年会費無料)の申し込みを行います。

エポスカードの券面デザインはシルバーとレッドから選べます。

 

実はエポスカードは一般カードでありながら海外旅行傷害保険が自動付帯という非常に優れた特典が付いていることから、海外旅行好きの間では必携の1枚として有名なカードでもあります。

まずは公式サイトからエポスカード(ゴールドではない)に申し込みます。

 

すでにエポスカードをお持ちの場合は、2.に進んでください。

なお、エポスカードのメリットをもっと知りたい場合はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

エポスカードのメリットは?ポイント、海外旅行保険、優待、ETC、年会費、還元率などについて解説します

 

2.エポスカードを日常決済に使う

エポスカードが届いたら、スーパーやネットショッピングなどの日常決済にさっそく利用しはじめます。

スーパー

 

この際、支払金額200円(税込)ごとに1ポイントを貯められます。

“税込み”というのが地味なメリットです。

なぜなら仮に200円(税別)なら1,000円で4ポイントしか貯まりませんが、200円(税込)なら1,000円の支払いで5ポイント貯まるからです。

また高速道路をよく利用する方なら、ETCカード(年会費無料)を作ればそれも利用額にカウントされますのでおすすめですよ!

 

♦どのくらい使えば招待状が届くのか?

実はいつまでにいくら利用すれば確実にエポスゴールドカードへの招待状が届く、という条件は公開されていません。

カードの使い方(少額を頻繁に使う、大きな買い物を1回だけ、など)によっても異なるようです。

利用額も人によって差があるようで、毎月数万円ずつ使って累計20万円くらいで届く人もいれば、50万円くらい利用してようやく届く人もいるようです。

 

ただ招待するエポス側の立場で考えれば、これからもエポスカードを利用してくれる優良なユーザーに使ってほしいはずですので、

  • エポスカードを毎月コンスタントに利用していること
  • カード利用額の支払いが遅延していないこと
  • キャッシングを利用中ではないこと(現金が足りない=支払い遅延の懸念)
  • 直近で何らかのカード審査に落ちていないこと(カード会社間でデータを共有しています)

 

といったことは少なくとも基準にしているかもしれませんね。

早ければ数か月で届くこともあるようですので、とりあえずは届くのを楽しみにコツコツと日常決済に使いましょう。

 

3.インビテーションが届く

エポスカードを使い続けると、ある日、念願のエポスゴールドカードへのインビテーション(招待状)が届きます。

これが届いたらエポスカード会員サイト(エポスネット)から、ゴールドカードへの切り替え手続きを行えばOK!

あとはエポスゴールドカードの到着を待つのみです!

 

エポスカードとエポスゴールドカードの違いは?

一般カードであるエポスカードも、年会費無料ということを考えればかなり良いカードです。

でも比べてみると、エポスゴールドカードはさらに優秀だということがわかります。

 

基本スペックの比較

まずは基本的なスペックの違いから確認していきます。

エポスゴールドカードとエポスカードの比較
比較項目 エポスゴールドカード エポスカード
国際ブランド VISA VISA
年会費 無料(招待の場合) 無料
申込資格 18歳以上(高校生を除く) 18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率  200円(税込)で1ポイント(0.5%) 200円(税込)で1ポイント(0.5%)
ポイント有効期限 なし(無期限) 2年
ボーナスポイント 年間50万円以上:2,500ポイント
年間100万円以上:10,000ポイント
選べるポイントアップショップ
(3店舗まで選択可)
ポイント3倍
優待サイトのゴールド・プラチナ限定特典 利用可
空港カードラウンジ 利用可
海外カード紛失時の緊急カード発行 手数料無料 手数料10,000円(税別)
サポートデスク 通話料無料(ゴールドデスク) 通話料有料

 

やはり大きいのはゴールドカードの場合はポイントの有効期限がない、という点ではないでしょうか。

有効期限がなければ、JALやANAのマイルに交換したいときも慌てずに貯めることができますよね。

 

ポイント還元率が低いのでは?

上の表でもご紹介したとおり、エポスゴールドカードは200円(税込)で1ポイントが貯まります。

ポイント還元率が0.5%ですので、この数字だけ見ると効率的にポイントが貯めらないのでは?と一瞬思ってしまいます。

でも決してそんなことはないんです!!

 

利用金額に応じてもらえるボーナスポイントと合わせれば、年間50万円の利用なら5,000ポイント(ポイント還元率:1%)、100万円なら15,000ポイント(ポイント還元率:1.5%)もらえることになります。

さらに「選べるポイントアップショップ」分のポイント3倍も加わりますので、実はエポスゴールドカードはポイント還元率が低いどころかかなりの高還元率なのです。

 

海外旅行傷害保険で比較

エポスカード、エポスゴールドカードとも海外旅行傷害保険が自動付帯します。

自動付帯とは、たとえ海外旅行費用などをエポスカード・エポスゴールドカードで支払っていなくても保険が適用される、というものですので旅行者にはとてもありがたい特典です。

そして両者の保険の内容にはこれだけの差があります。

海外旅行傷害保険比較
  エポスゴールドカード エポスカード
傷害死亡後遺症 最高1,000万円 最高500万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 270万円
携行品損害 20万円(免責3千円) 20万円(免責3千円)
賠償責任 2000万円 2,000万円
救援者費用 100万円 100万円

海外は日本よりも医療費が高いことが多いので、補償額が高いに越したことはありませんよね。

 

家族もゴールドカードを無料で作れる

実はエポスゴールドカードには、家族カードというものがありません。

でもご安心ください。

エポスゴールドカードを持っている家族が、ほかの家族に紹介することにより、紹介された家族もエポスゴールドカードを年会費無料で作ることができるんです(エポスファミリーゴールド)。

 

たとえばもともとエポスゴールドカードを保有していた「夫」が、「妻」と「息子(18歳以上/高校生を除く)に紹介すれば、家族3人でエポスゴールドカードを持つことが可能となるのです。

 

エポスファミリーゴールドエポスファミリーゴールド

しかも!

紹介された家族は過去にエポスカードを作ったことがなければ、入会特典として2,000円相当のポイントがもらえるんです!!

 

ファミリーボーナスポイントがもらえる

家族でエポスゴールドカードを持つとほかにもいいことがあります。

それは家族間でポイントをシェアできること、そしてファミリーボーナスポイントがもらえることです。

ファミリーボーナスポイントとは、個人のボーナスポイントに加えて、家族での年間利用金額に応じて家族の代表がもらえるボーナスポイントです。

エポスゴールドカードのボーナスポイント
年間利用金額 ボーナスポイント
(個人)
ファミリーボーナスポイント
(家族)
50万円~ 2,500p
100万円~ 10,000p 1,000p
200万円~ 2,000p
300万円~ 3,000p

 

たとえば、年間利用額が

夫=100万円

妻=50万円

息子=50万円

となった場合、それぞれの個人のボーナスポイント(10,000p+2,500p+2,500p)に加えて、ファミリーボーナスポイント2,000Pがもらえるため、合計17,000pもらえることになります。

年間のボーナスですので、次の年も同様にカードを利用すれば、またボーナスポイントがもらえます。

 

このようにポイント集めは家族一丸となって貯めるのがお得なんです!

また家族それぞれがエポスゴールドカードを持てば、空港ラウンジもそれぞれ無料で利用できるようになるので、家族旅行時の利便性もグーンとアップします。

 

まずはエポスカードを作ることから

さて、ここまでエポスゴールドカードを年会費永年無料で持てるようになる方法や、カードの魅力をお伝えしてまいりましたが、

まずはエポスカードを作ることからスタートです。

新規で作ると2,000エポスポイント(2,000円分)がもらえます!

 

エポスカードは18歳以上(高校生を除く)なら申し込みが可能となっていますので、主婦の方でも申し込みOKです(審査あり)。

そしてエポスカードが届いたら、普段の買い物に利用し、あとはエポスゴールドカードのインビテーションを楽しみに待ちましょう。

インビテーションが届けばいよいよ「年会費永年無料」でゴールドカードホルダーの仲間入りです!

 

こちらの記事も読まれています

【パラ子&ヒデキ】 2つの無料メール講座 開催中!

パラ子&ヒデキの2つのメール講座開催中

初めのハワイ旅行はワクワクする反面、不安や心配がつきものです。

このメール講座ではハワイが初めてという方が安心してハワイに行くための 準備手順や現地情報を楽しくご案内します!!

↓ ご登録はこちら ↓失敗しない、初めてのハワイ!メール講座の登録に進む

目指せ0円ハワイ!メール講座

ANAビジネスクラス往復 → 無料!
シェラトンワイキキ6泊 → 無料!

そんな究極の格安0円ハワイ旅行を実現した私たちが そのノウハウを余すことなくお伝えします!!

↓ ご登録はこちら ↓目指せ0円ハワイ!メール講座の登録に進む

サブコンテンツ