Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイ「この木なんの木」は何という名前?場所と行き方は?

ハワイで一番有名な木と言えば「この木なんの木」

子どもの頃、誰もが一度は口ずさんだ「この木なんの木・・・」ではじまる日立グループのCMソング。

でも、もしかしたら知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、念のために動画でおさらいです。笑

こんなに有名な木ではあるものの、なにしろ「名前も知らない木ですから」場所も行き方も知らない、という方もいらっしゃることと思います。

というとで、今回はハワイに行ったら一度はこの目で見てみたい!「この木なんの木」についてご紹介します。

 

この木なんの木の正体は?

この木なんの木の正式な名前はモンキーポッド(別名アメリカネムノキ)と言います。

サルがこの木に生るインゲン豆のさやを大きくしたようなカタチの実を好んで食べたのが、モンキー(サル)のポッド(=さや)という名前の由来だそうです。

この木なんの木

 

ハワイの在来種のように思えますが、元々は中南米が原産のマメ科の植物です。

年に2回、5月と11月頃に、このようなピンク色のきれいな花を咲かせます。

モンキーポッドの花

 

実はハワイではモンキーポッド自体は特に珍しいものでもなく、

ワイキキの東側にあるカピオラニ公園などにもあります。

そのため、カピオラニ公園のモンキーポッドを見て

「これがあのこの木なんの木、なのかな?」

と思う方もたくさんいるようです。

 

でも本物のこの木なんの木は別の場所にあるんです。

それはのちほど詳しくお伝えするとして、まずは本家「この木なんの木」の大きさをご案内したいと思います。

この木なんの木は巨大だった!

温暖な気候のハワイでは、大きな木をよく見かけます。

モンキーポッドもそんな大きな木のひとつですが、本家「この木なんの木」はとにかく巨大です!

どのくらい巨大かというと、日立さんのホームページにデータがありました。

  • 樹齢:約130年
  • 高さ:約25メートル
  • 幅:約40メートル
  • 胴回り:約7メール

数字で見てもピンと来ないかもしれませんが、こちらの写真で近くにいる人の大きさと比較すると一目瞭然ですよね!

この木なんの木

 

実際にこの木を目のあたりにして、そのオーラというか偉大さにパラ子もヒデキも圧倒されてしまい、感動すら覚えました。

そして7mの幹にそうっとタッチしてパワーを分けてもらいました。

実はこの木なんの木はハワイに数ある神聖なパワースポットのひとつなのです。

確かにそれだけの威厳は十分に感じられました。

モアナルア・ガーデンへの行き方

さて「この木なんの木」はどこにあるのか?というと、ワイキキから車で20分ほどの公園モアナルア・ガーデン内にあります。

敷地内にはいくつものモンキーポッドの木があるのですが、この木なんの木(日立の樹)は王者の堂々たる風格が漂っているのですぐにそれとわかります。

そんなモアナルア・ガーデンに行くにはレンタカーや路線バス(ザ・バス)などの方法もあります。

が、なにしろワイキキから結構離れたちょっと行きにくい場所にあるので、初めての方にはホテル送迎付きで迷わず行かれるオプショナルツアーがおすすめです。

サクッと行かれる半日ツアー

ハワイでの限りある時間を有効に使いたい、という方にはサクッと主要な観光スポットを周れるオアフ島半日観光!名所めぐりツアー(ハナウマ湾・イオラニ宮殿・この木なんの木)がお薦めです。

半日ではあるものの、全米No.1ビーチに2度も受賞経験のあるハナウマ湾、カメハメハ大王像など有名なスポットがしっかり含まれています!

カメハメハ大王像

 

ワイケレに無料行かれる特典付き!

このツアーは正午に終了するのですが、もし午後にワイケレプレミアムアウトレットへ行きたい場合には往復無料で送迎してくれる特典が付いています!

ワイケレプレミアムアウトレットへのシャトルバスは通常往復20ドル弱はかかりますので、これはかなりお得ですよ!!

オアフ島半日観光の詳細を見る≫

 

ノースショアにも行かれる1日ツアー

もう少し時間が取れるなら、サーファーの聖地とも呼ばれるオアフ島の北に位置するノースショアまで行かれるツアーがおすすめです。

モアナルアガーデンに立ち寄った後は、パイナップル農園「ドールプランテーション」や、TV番組で有名になった「ソープファクトリー」、ノースショアの素朴な町「ハレイワタウン」、

子宝・安産のパワースポットとも呼ばれる「クカロニコ・バースストーン」、そして私たちも大好きなマラサダの人気店「レナーズ」に寄って14:30にワイキキへ戻るツアーです。

ハレイワストアロッツ

ノースショアはなかなか個人では行きにくい場所なので、時間があればこちらのツアーが断然おすすめです!

ノースショア 人気スポットツアーを見る≫

ザ・バスで行く方法

モアナルアガーデンには路線バス「ザ・バス」でも行くことができます。

ザ・バスで行くには、まずは8番などでワイキキからアラモアナ・センターまで行き、そこから3番ソルトレイク行き(3 Salt Lake)に乗って20~30分です。

ただ、もちろん社内のアナウンスは英語ですので、英語がまったくダメという方や、ハワイが初めての方にはちょっとハードルが高いかもしれません。

それでも挑戦してみたい!という場合は日立グループのホームページにザ・バスでの行き方が詳しく載っていますので確認してみてくださいね。

日立の樹オンライン(路線バスでの行き方)»

◆モアナルア・ガーデンの場所

■モアナルア・ガーデン

住所:2850 Moanalua Road A, Honolulu, HI 96819
営業時間:8:00am~5:00pm  ※日没30分前まで
TEL:(808)834-8612
入場料:大人3ドル ※12歳以下は無料

モアナルア・ガーデンの入場料について

この公園は、古くはカメハメハ王家の所有地で、その後、王家と関わりのあったサミュエル・デーモンさんという方に譲られた私有地となっています。

モアナルア・ガーデン

 

サミュエル氏は、これまでこの場所を誰からも愛される憩いの場所に、という思いから入場料無料で広く開放してきました。

しかし、枝の剪定や公園の維持に毎年膨大な費用がかかっており、日立グループの多額の援助があってもなお赤字運営が続いていました。

そこで2015年4月からやむなく入場料(大人3ドル)を徴収することにしたそうです。

 

緑豊かなこの公園は、この木なんの木が見られるだけでなく、小川(モアナルア・ストリーム)が流れていたり、ローカルにも愛されているのどかなヒーリングスポットです。

3ドル以上の価値は絶対にありますので、ぜひ、ハワイに来たら訪れてみてくださいね。

 

この木なんの木の壁紙が入手できます!

日立グループのホームページでは、この木なんの木の壁紙が無料でダウンロードできます!

パソコンの各解像度に合わせたもののほか、スマートフォン用も用意されており、カレンダー付きのタイプは毎月更新されます。

壁紙ダウンロードはこちら»

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ