Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイ、日焼け止め販売禁止の影響は?おすすめの日焼け止めは?

日焼け止め販売禁止法案でハワイがザワザワ!旅行者への影響は?

日焼け止め

世界有数のリゾート地であるハワイでは、このたびサンゴ礁を劣化させる有害な化学物質「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売を禁止する法案が成立しました。

これらの化学物質は有名ブランドのコパトーンをはじめとする3,500種類以上もの日焼け止めに含まれているそうで、今ハワイで波紋を呼んでいます。

 

この法案が成立したことで、私たち旅行者にはどんな影響が出るのでしょうか。

日本からの日焼け止めの持ち込みはOKなのか?

どんな日焼け止めがおすすめなのか?

気になる疑問についてお答えします。

 

日焼け止めの販売禁止はいつから?ハワイのどこで禁止に?

サンゴ礁に有害な化学物質であるオキシベンゾンオクチノキサートを含む日焼け止めの販売は、2021年1月からハワイ州の全土で禁止となる予定です。

これにより処方箋がある場合を除き、これらの成分を含む日焼け止めの販売や購入がハワイではできなくなります。

ハワイではもう日焼け止めを付られないのか?

ハワイで特定の日焼け止めの販売が禁止されることで、私たち旅行者が一番心配となるのが、

「ハワイでは日焼け止めを一切付けてはいけなくなるのか?」

ということですが、そんなことは決してありません!

 

この法案はあくまでも有害な化学物質を含む日焼け止めの「販売」を禁止する法案となっており、使用については特に規制はされないのです。

 

もともと日差しの強いハワイでは、紫外線による皮膚ガンなどの健康被害の予防には日焼け止めは一年中なくてはならないものです。

だからハワイで日焼け止めの使用を禁止するというわけではなく、あくまでも販売に規制が入るだけです。

日本からの持ち込みはどうなるのか?

2021年から施行される法律では、日本からの日焼け止めの持ち込みについての規制はありません。

つまり日本からの持ち込みは今までどおりOKなのです。

 

ただ、おそらくいずれは諸外国からの持ち込みなどにも規制がかかるのではないか?とパラ子は考えています。

そうでなければ環境保護の観点で考えれば不十分ですからね。

有害成分を含まない日焼け止めはどれ?

ハワイではこれまでもレジ袋(ビニール袋)の使用が条例で禁止されるなどの取り組みを積極的に進めてきました。

レジ袋も日焼け止めも、すべてはハワイの豊かで美しい自然を守るために決められたことです。

それならハワイが大好きな私たち観光客だって協力しないわけにはいきませんよね。

そこで、そもそもサンゴ礁への有害成分とは何なのか?その成分を含まない日焼け止めはあるのか?について調べました。

人間の肌にも刺激となるオキシベンゾンとオクチノキサート

日焼け止めに含まれる、サンゴ礁にとっての有害成分オキシベンゾンオクチノキサートの正体ですが、これらは紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤とは、文字どおり肌の上で紫外線を吸収し、それを熱などのエネルギーに換えて放出することにより皮膚に紫外線が届くのを防ぐ成分です。

加工しやすい化学物質であるため多くの日焼け止めに使用されてるものの、実は紫外線による化学反応が起こりやすいため肌への負担がかかるというデメリットもあるのです。

つまり紫外線吸収剤はサンゴ礁にだけでなく、私たち人間の肌への負担もかかりやすいため、敏感肌の方や赤ちゃんにはちょっと心配な成分でもあります。

肌への負担が少ない日焼け止めの成分は?

紫外線吸収剤に代わる役割をはたすのが酸化亜鉛や酸化チタンなどの「紫外線散乱剤」です。

紫外線散乱剤は物理的に紫外線を防ぐことができるため、肌への負担が少なく、敏感肌用や赤ちゃん用の日焼け止めに使われることが多い成分となっています。

最近は、この紫外線散乱剤の方が配合されたノンケミカル、天然由来成分100%の日焼け止めも増えてきました。

パラ子は今までそんなに成分を深く考えて日焼け止めを選んでいませんでしたが、これからはサンゴ礁にも肌にもやさしいノンケミカル、天然由来成分100%の日焼け止めを選ぶことにしました!

天然由来成分100%のおすすめ日焼け止め

さて、人にもサンゴ礁にも優しい天然由来成分100%にはどういったものがあるのでしょうか?

敏感肌の方にもおすすめの日焼け止めをご紹介します!

おすすめ:1 ヴェレダ「エーデルワイスUVプロテクト」

ヴェレダはスイス生まれのオーガニックコスメブランドで、日本でも愛用者が多いことで知られています。

私もよくマッサージオイル(ホワイトバーチ ボディオイル )を手足のマッサージをするときに使っていて気に入っていたので、日焼け止めもヴェレダを買ってみました!

歌にもなっているスイスの国花「エーデルワイス」のエッセンスを配合した日焼け止めは、スッキリとした心地よい香りで、しっとりとした付け心地です。

ヴェレダ日焼け止め

 

色はうっすらと肌色(ベージュ?)なので、私はこれを化粧下地にしてエトヴォスのミネラルファンデーションを薄く付けるだけで十分でした!

ヴェレダ日焼け止め

 

紫外線吸収剤、合成保存料、合成香料、鉱物油不使用の肌に優しい処方ですので、私のような敏感肌の方にもおすすめですよ!

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト(50ml) 

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト(90ml)

おすすめ:2 エバーピンク 欲ばりサンスクリーンα

エバーピンク 欲ばりサンスクリーンαは、日焼け止めやコンシーラー、化粧下地、美容液などを兼ね備えた多機能CCクリームです。

紫外線吸収剤フリーであるのはもちろん、パラベンフリー、鉱物油フリー、合成着色料フリー、合成香料フリーという5つのフリーで、肌に優しい処方となっています!

ベージュカラーのクリームが透明感のあるツヤ肌に導く仕様となっており、くすみやすいお肌の方にもおすすめです。

エバーピンク 欲ばりサンスクリーンα(35g)

 

男性や赤ちゃんへのおすすめ日焼け止めは?

日焼けしたくないのは、何も女性に限りませんよね。

最近は美肌ケアに気を使う男性も増えています。

また、赤ちゃんの肌は大人と比べて弱いため、ママとパパがちゃんと気を付けてあげる必要があります。

そこで、男性と赤ちゃんにおすすめのノンケミカルな日焼け止めもご紹介します。

男性用 ZIGEN UVクリームジェル 

日焼けが恐ろしいのは、何も肌が焼けて黒くなるだけでなく、ダメージを受けることによりシミやシワなどの肌の老化につながってしまうところです。

男性だって若々しい肌をキープしたいですよね。

ZIGEN UVクリームジェルは、皮脂量の多い男性の肌でもテカらず、ベタつかないサラッとした使い心地の日焼け止めです。

もちろん、紫外線吸収剤不使用!しかも石鹸で簡単にオフできます。

ZIGEN UVクリームジェル(50g) 

 

赤ちゃん用 アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト

アロベビーは、新生児から使えてお湯で落とせる天然由来成分100%の日焼け止めです。

動き回るお子様にも使いやすいミストタイプとなっています。

蚊が嫌う成分であるレモングラスや、殺菌力のあるローズマリーを含むため、お出かけ対策がこれ1本でできます。

多くのアウトドアスプレーに使われている化合物の「ディート」も不使用となっているため、刺激に敏感な赤ちゃんにも問題なく使えます!

アロベビー UV&アウトドアミスト(80ml) 

日焼け止めに代わるものを活用しよう!

何も日焼け防止=日焼け止めクリームだけ!というわけではなく、塗らなくてもいい日焼け予防策だってありますよね。

私たちが日焼け予防のためにハワイに行く際に必ず持っていくアイテムがラッシュガードです。

ご存じかもしれませんが、ラッシュガードとはUVカット効果のあるウェアで、シュノーケリングやプールなどにはもちろん、ハイキングやお散歩にも便利な水陸両用のスグレモノです。

顔は日焼け止めを塗るしかありませんが、ラッシュガードを着用すれば体には塗る必要がなくなるので、日焼け止めの使用量も塗る手間も半減するんです。

ちょっと肌寒いときにも手軽に羽織れるので、1枚あるとホントに便利ですよ。

ラッシュガード(レディース)

手の甲まで隠れるサムホール(指穴)つきがおすすめです。

私はプールやビーチだけでなく、マカプウトレイルなどのトレッキングにも着用しましたが、手の甲まで隠せたため、上半身の日焼け対策にとても役立ちました。

また、ビーチやプールでの日焼け対策なら、水着とセットになったオシャレなタイプもあります。


水着 ラッシュガード レディース 4点セット

ラッシュガード(メンズ)

もちろんメンズ用だってあります。

あの美しいハナウマ湾も環境破壊の危機に?

豊かなサンゴ礁が広がるハナウマ湾(ハナウマベイ)はオアフ島で人気のシュノーケリングスポットで、毎年100万人以上の観光客が訪れています。

ハナウマ湾

 

そんなハナウマ湾でも観光客が使用している日焼け止めに含まれる化学物質により、サンゴ礁が白化したり、エビ、ウニ、貝などの海洋生物に悪影響を及ぼす事態となっているそうです。

これにより、一時はハナウマ湾を守るために観光客の立ち入りを禁止すべきでは?という案もあったようですが、今のところ日焼け止めの規制のみで落ち着く気配です。

 

そういえば、少し前にオーストラリアの世界遺産であるグレートバリアリーフのサンゴの白化現象が進み、すでに日本の国土の3分の2に近い規模に広がっているというニュースを耳にしました。

美しいハナウマ湾がそんなことにならないためにも、有害物質を含まない日焼け止めとラッシュガード等の活用が必要不可欠と言えます。

自然とともにある美しいハワイを、私たち観光客も大切にしながら楽しんでいきたいものですね。

ハナウマ湾シュノーケリングツアーを見る» icon

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ