ハワイでサンゴ礁に有害な日焼け止めが禁止へ!いつから?

ハワイで日焼け止めの販売を禁止する法案が可決!

世界有数のリゾート地であるハワイでは、これまでもレジ袋(ビニール製)の使用が条例で禁止されるなど、美しい海や自然環境を保護するための取り組みを積極的に進めています。

そんな中、今度はサンゴ礁を劣化させる有害な化学物質「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売を禁止する法案が2018年5月1日に可決され、知事の承認が得られれば施行されることとなります。

これらの化学物質は有名ブランドのコパトーンをはじめとする3,500種類以上もの日焼け止めに含まれているそうで、今ハワイで波紋を呼んでいます。

いつから法案が施行されるのか?

オキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止めの販売をハワイ州の全土で禁止する法案はハワイ州のイゲ知事に承認されれば2021年1月1日から施行される予定です。

処方箋がある場合を除き、これらの成分を含む日焼け止めは販売・購入ができなくなります。

ハワイで日焼け止め禁止へ

 

ハワイではもう日焼け止めを付られなくなるのか?

この法案の成立により私たち旅行者が一番心配になってくるのが、

「ハワイでは日焼け止めを一切付けてはいけないのか?」

「ハワイで日焼け止めは一切買えなくなってしまうのか?」

ということですが、そんなことは決してありません。

 

実はこの法案は対象の化学物質を含む日焼け止めの「販売」を禁止する法案となっており、使用については言及されていないのです。

日焼け止め自体は紫外線による皮膚ガンなどの健康被害の予防にもつながるので、日差しの強いハワイでは一年中なくてはならないものです。

だから、ハワイで日焼け止めの使用を全面禁止する、ということで決してありません。

ただ、おそらく日本からの持ち込みなどにもいずれ規制がかかるのではないか?とパラ子は考えています。

そうでなければ環境保護の観点で考えれば不十分ですからね。

 

そしてハワイで販売される日焼け止めは、今後は有害な化学物質を含まない自然素材のみを使用したタイプに置き換わることが予想されます。

また、すでにそういった日焼け止めのサンプルが現地で配布されていたりするようですので、あまり心配しなくても良さそうです。

日焼け止めに代わるものを活用しよう!

何も日焼け防止=日焼け止めクリームだけ!というわけではなく、塗らなくてもいい日焼け予防策だってありますよね。

私たちが日焼け予防のためにハワイに行く際に必ず持っていくアイテムがラッシュガードです。

ご存じかもしれませんが、ラッシュガードとはUVカット効果のあるウェアで、シュノーケリングやプールなどにはもちろん、ハイキングやお散歩にも便利な水陸両用のスグレモノです。

※ラッシュガード(レディース)

もちろんメンズ用だってあります。

私はプールやビーチだけでなく、マカプウトレイルなどのトレッキングにも着用しましたが、手の甲まで隠れるサムホール付きだったため、上半身の日焼け対策にとても役立ちました。

顔は日焼け止めを塗るしかありませんが、ラッシュガードを着用すれば体には塗る必要がなくなるので、日焼け止めの使用量も塗る手間も半減するんです。

ちょっと肌寒いときにも手軽に羽織れるので、1枚あるとホントに便利ですよ。

 

あの美しいハナウマ湾も環境破壊の危機に?

豊かなサンゴ礁が広がるハナウマ湾(ハナウマベイ)はオアフ島で人気のシュノーケリングスポットで、毎年100万人以上の観光客が訪れています。

ハナウマ湾

 

そんなハナウマ湾でも観光客が使用している日焼け止めに含まれる化学物質により、サンゴ礁が白化したり、エビ、ウニ、貝などの海洋生物に悪影響を及ぼす事態となっているそうです。

これにより、一時はハナウマ湾を守るために観光客の立ち入りを禁止すべきでは?という案もあったようですが、今のところ日焼け止めの規制のみで落ち着く気配です。

 

そういえば、少し前にオーストラリアの世界遺産であるグレートバリアリーフのサンゴの白化現象が進み、すでに日本の国土の3分の2に近い規模に広がっているというニュースを耳にしました。

美しいハナウマ湾がそんなことにならないためにも、有害物質を含まない日焼け止めとラッシュガード等の活用が必要不可欠と言えます。

自然とともにある美しいハワイを、私たち観光客も大切にしながら楽しんでいきたいものですね。

ハナウマ湾シュノーケリングツアーを見る» icon

知って得する記事ベスト4


円からドルへの両替はどこがお得?

海外旅行に無料で入れるってホント?

あのsheratonに格安で泊まるには?

ハワイでスマホを安く&快適に使いたい

関連する記事はこちら

サブコンテンツ