Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイ、日焼け止め販売禁止の影響は?おすすめの日焼け止めは?

2019年6月10日更新

日焼け止め販売禁止法案でハワイがザワザワ!旅行者への影響は?持ち込みはOK?

日焼け止め

世界有数のリゾート地であるハワイでは、このたびサンゴ礁を劣化させる有害な化学物質「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売を禁止する法案が成立しました。

これらの化学物質は有名ブランドのコパトーンをはじめとする3,500種類以上もの日焼け止めに含まれているそうで、今ハワイで波紋を呼んでいます。

 

この法案が成立したことで、私たち旅行者にはどんな影響が出るのでしょうか。

日本製の日焼け止めの持ち込みと使用は可能なのか?

どんな日焼け止めがおすすめなのか?

気になる疑問についてお答えします。

 

日焼け止めの販売禁止はいつから?ハワイのどこで禁止に?

ハワイでの日焼け止め販売に制限がかかる時期などは次のとおりです。

  • 販売禁止となる日焼け止めの種類は?
    オキシベンゾンオクチノキサートという紫外線吸収剤を含む日焼け止め
    (サンゴ礁に有害な化学物質であるため)
  • 販売禁止が始まる時期は?
    2021年1月1日から
  • 対象地域は?
    ハワイ州全土で販売禁止

これにより処方箋がある場合を除き、対象の成分を含む日焼け止めの販売や購入がハワイではできなくなります。

ハワイではもう日焼け止めを付られないのか?

ハワイで特定の日焼け止めの販売が禁止されることで、私たち旅行者が一番心配となるのが、

「ハワイでは日焼け止めを一切付けてはいけなくなるのか?」

ということですが、そんなことは決してありません!

 

この法案はあくまでも有害な化学物質を含む日焼け止めの「販売」を禁止する法案となっており、使用については特に規制はされないのです。

 

もともと日差しの強いハワイでは、紫外線による皮膚ガンなどの健康被害の予防には日焼け止めは一年中なくてはならないものです。

だからハワイで日焼け止めの使用を禁止するというわけではなく、あくまでも販売に規制が入るだけです。

日本からの持ち込みはどうなるのか?

2021年から施行される法案では、日本からの日焼け止めの持ち込みについての規制はありません。

つまりたとえサンゴ礁に有害な成分が含まれているものでも、日本からの持ち込みは今までどおりOKなのです。

 

ただ、おそらくいずれは諸外国からの持ち込みなどにも規制がかかるのではないか?とパラ子は考えています。

そうでなければ環境保護の観点で考えれば不十分ですからね。

有害成分を含まない日焼け止めはどれ?

ハワイではこれまで豊かで美しい自然を守るために、今回の日焼け止めの規制のほか、レジ袋(ビニール袋)の使用を禁止するなどの取り組みを積極的に進めてきました。

だから日本からの持ち込みや使用の制限がないとはいえ、私たちもサンゴ礁に有害な成分を含まないReef Safeな日焼け止めをできるだけ使いたいものです。

そこで、そもそもサンゴ礁への有害成分とは何なのか?その成分を含まない日焼け止めはどれなのか?について調べました。

人間の肌にも刺激となるオキシベンゾンとオクチノキサート

日焼け止めに含まれる、サンゴ礁にとっての有害成分オキシベンゾンオクチノキサートの正体ですが、これらは紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤とは、文字どおり肌の上で紫外線を吸収し、それを熱などのエネルギーに換えて放出することにより皮膚に紫外線が届くのを防ぐ成分です。

加工しやすい化学物質であるため多くの日焼け止めに使用されてるものの、実は紫外線による化学反応が起こりやすいため肌への負担がかかるというデメリットもあるのです。

つまり紫外線吸収剤はサンゴ礁にだけでなく、私たち人間の肌への負担もかかりやすいため、敏感肌の方や赤ちゃんにはちょっと心配な成分でもあります。

肌への負担が少ない日焼け止めの成分は?

紫外線吸収剤に代わる役割をはたすのが酸化亜鉛や酸化チタンなどの「紫外線散乱剤」です。

紫外線散乱剤は物理的に紫外線を防ぐことができるため、肌への負担が少なく、敏感肌用や赤ちゃん用の日焼け止めに使われることが多い成分となっています。

最近は、この紫外線散乱剤の方が配合されたノンケミカル、天然由来成分100%の日焼け止めも増えてきました。

パラ子は今までそんなに成分を深く考えて日焼け止めを選んでいませんでしたが、これからはサンゴ礁にも肌にもやさしいノンケミカル、天然由来成分100%の日焼け止めを選ぶことにしました!

天然由来成分100%のおすすめ日焼け止め

さて、人にもサンゴ礁にも優しい(=Reef Safe)天然由来成分100%の日焼け止めにはどういったものがあるのでしょうか?

そこで敏感肌の方にもおすすめの日焼け止めをいくつかご紹介します!

おすすめ:1 ヴェレダ「エーデルワイスUVプロテクト」

ヴェレダはスイス生まれのオーガニックコスメブランドで、日本でも愛用者が多いことで知られています。

私もよくマッサージオイルヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイルを手足のマッサージをするときに使っていて気に入っていたので、日焼け止めもヴェレダを買ってみました!

歌にもなっているスイスの国花「エーデルワイス」のエッセンスを配合した日焼け止めは、スッキリとした心地よい香りで、しっとりとした付け心地です。

ヴェレダ日焼け止め

 

色はうっすらと肌色(ベージュ?)なので、私はこれを化粧下地にしてエトヴォスのミネラルファンデーションを薄く付けるだけで十分でした!

ヴェレダ日焼け止め

 

紫外線吸収剤、合成保存料、合成香料、鉱物油不使用の肌に優しい処方ですので、私のような敏感肌の方にもおすすめですよ!

SPF38 / PA++

 

≫ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト (90mL)を見る

≫ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト(50mL)を見る

 

おすすめ:2 エバーピンク 欲ばりサンスクリーンα

エバーピンク 欲ばりサンスクリーンαは、日焼け止めやコンシーラー、化粧下地、美容液などを兼ね備えた多機能CCクリームです。

紫外線吸収剤フリーであるのはもちろん、パラベンフリー、鉱物油フリー、合成着色料フリー、合成香料フリーという5つのフリーで、肌に優しい処方となっています。

ベージュカラーのクリームが透明感のあるツヤ肌に導く仕様となっており、くすみやすいお肌の方にもおすすめです。

ノンケミカルなのにSPF50+ / PA++++を実現しているのは、なかなかほかにありません。

SPF50+ / PA++++

≫エバーピンク 欲ばりサンスクリーンα(35g)を見る

 

おすすめ:3 生活の木 シトロネラ サンブロックミルク

ハワイだけでなく日本の夏にも活用したい人におすすめの日焼け止めがあります。

それが、生活の木のシトロネラ サンブロックミルクです。

シトロネラはレモンのように爽やかな香りのするハーブで、蚊などの虫が嫌う香りとしても有名ですが、このほうかにユーカリ、ティートゥリーなど天然の精油を含んでいます。

日焼け止めの効果としてはあまり高くありませんのでハワイで使うなら何度か塗り直しをした方が良さそうですが、1歳の赤ちゃんから使用できるというがうれしいですね。

SPF28 / PA+++

 

≫生活の木 シトロネラシリーズ サンブロックミルクを見る

 

日焼け止めとラッシュガードを併用しよう!

“塗る”日焼け止めとぜひ一緒に活用したいのが、”着る”日焼け止めラッシュガードです。

私たちもハワイに行く際に必ず持っていくアイテムのひとつです。

ラッシュガードとはUVカット効果のあるウェアで、シュノーケリングやプールなどにはもちろん、ハイキングやお散歩にも便利な水陸両用のスグレモノです。

顔は日焼け止めを塗るしかありませんが、ラッシュガードを着用すれば体には塗る必要がなくなるので、日焼け止めの使用量も塗る手間も半減するのでとても便利です。

ちょっと肌寒いときにも手軽に羽織れるので、1枚あるとホントに重宝します。

ラッシュガード(レディース)

手の甲まで隠れるサムホール(指穴)つきがおすすめです。

私はプールやビーチだけでなく、マカプウトレイルなどのトレッキングにも着用しましたが、手の甲まで隠せたため、上半身の日焼け対策にとても役立ちました。

また、ビーチやプールでの日焼け対策なら、水着とセットになったオシャレなタイプもあります。

≫ラッシュパーカー 水陸両用水着を見る

日焼け後のアフターケアもしっかりとする

紫外線の強いハワイでは、たとえ日焼け止めを塗っていても汗や海水などで流れてしまって少し日焼けしてしまった・・・

あるいは、それほど焼けたようには見えないけれど紫外線をたっぷり浴びて肌が乾燥している気がする・・・

ということも十分あり得ますよね。

そんなときはシミなど色素沈着してしまう前に対処するのが肝心です。

まずは冷たいシャワーなどで火照った部分を冷やしてから、早めに専用のスキンケア化粧品でしっかりとケアをしてあげましょう。

日焼け止めと一緒に次のようなアフターケア用化粧品を持参すれば安心ですね!

アフターケア: アンプルール トライアルキット

アンプルールは、シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケア化粧品です。

使用するには医師の処方箋が必要だった美白成分「ハイドロキノン」を安定化させ、世界で初めて化粧品に配合したそうです。

なんとなく美白化粧品は乾燥しやすい、というイメージを持っている方も少なくないと思いますが、アンプルールはそんなイメージを払拭する保湿力を実現します。

こちらのトライアルキットは、スポット集中美容液(3g)、化粧水(20ml)、薬用美白美容液(8ml)、美容乳液ゲル(10g)、クレンジング(パウチ2包)、洗顔(パウチ2包)の6点に、次回購入する場合に使える割引クーポンが付いて1,890円(税込・送料無料)です。

アンプルールトライルキット

出典:アンプルール公式サイト

小さめのトライアルキットなので旅行に持っていくのにピッタリのサイズですよ!

今なら7月5日までの期間限定で1,500円(税込・送料無料)にて購入できるようです!

≫【アンプルール】ラグジュアリーホワイト トライアルキットを見る

あの美しいハナウマ湾も環境破壊の危機に?

豊かなサンゴ礁が広がるハナウマ湾(ハナウマベイ)はオアフ島で人気のシュノーケリングスポットで、毎年100万人以上の観光客が訪れています。

ハナウマ湾

 

そんなハナウマ湾でも観光客が使用している日焼け止めに含まれる化学物質により、サンゴ礁が白化したり、エビ、ウニ、貝などの海洋生物に悪影響を及ぼす事態となっているそうです。

これにより、一時はハナウマ湾を守るために観光客の立ち入りを禁止すべきでは?という案もあったようですが、今のところ日焼け止めの規制のみで落ち着く気配です。

 

そういえば、少し前にオーストラリアの世界遺産であるグレートバリアリーフのサンゴの白化現象が進み、すでに日本の国土の3分の2に近い規模に広がっているというニュースを耳にしました。

美しいハナウマ湾がそんなことにならないためにも、有害物質を含まない日焼け止めとラッシュガード等の活用が必要不可欠と言えます。

自然とともにある美しいハワイを、私たち観光客も大切にしながら楽しんでいきたいものですね。

≫ハナウマ湾シュノーケリングツアーを見る

目指せ0円ハワイ!無料メール講座を開催中!

 

私たちは2018年秋に飛行機もホテルも無料でハワイ旅行をたっぷり楽しんできました!

そんな楽しい旅の様子と0円旅行を実現できた理由をハワイ0円格安旅行!総額100万円を無料で実現するには?≫の記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

またハワイの極意をメールで少しずつお教えする『目指せ0円ハワイ!無料メール講座』を好評開催中です!

無料メール講座でしっかりと学んで一緒に0円ハワイを目指しませんか?
ご登録お待ちしております!!

ご登録特典
メール講座ご登録特典として、私たちがいつも実践しているノウハウ&裏技満載のマイル&ポイント獲得情報コンテンツ』を進呈します!!
(詳細はメール講座の途中でご案内します)

 

無料メール講座

無料メール講座を希望

メールアドレスはGmail、Yahooメール等を推奨します。
※docomo、au、SoftBankなどのキャリアメールはパソコンからのメール受信が可能な設定にしておいてください。
※@icloud.com、@me.comの場合は迷惑メールフォルダに入りやすいのでご注意ください。

 

サブコンテンツ