ハワイで電話をかける方法はいろいろ!お得な方法は?

ハワイの公衆電話

 

ハワイで電話をかける機会は少ないようで実は意外とあります。

たとえば、レストランやオプショナルツアーの予約したり、タクシーを呼んだり・・・など。

また、日本にいる家族や友達に連絡したいこともありますよね。

 

「でも、どうやってかけたらいいのだろう?」

とお悩みの方も少なくないのでは?

 

そこで今回はスマホや公衆電話、ホテル客室の電話からの電話のかけ方と、そしてどの方法が一番割安なのか?

などについてご案内したいと思います。



 

ハワイでスマホから→日本へ電話をかける場合

ハワイから日本のスマホでかける

 

スマホならLINEやSkypeが断然おすすめ

いつも日本で使っている自分のスマホで日本へ電話をかけるなら、LINEやSkypeなどの無料通話機能を使うのが断然おすすめです。

電話回線と比べると多少音質の問題(タイムラグ)はあるものの、なんと言っても無料でかけられます!

ただしその場合、ネット環境(Wi-Fi)が必要になりますので、ホテルやカフェ、ショッピングモールなど無料Wi-Fiを利用するか、または日本でWi-Fiルーターをレンタルするのがおすめです。

やっぱりレンタルWi-Fiが便利!

無料のWi-Fiスポットは誰でも使える反面、速度やセキュリティ面で心配があり、またかけたいときにいつでもかけられない不便さがあります。

そこでおすすめなのがWi-Fiルーターのレンタルです。

アロハデータ

出典:ALOHA DATA

 

レンタルWi-Fiのネット環境があれば、いつでも好きな時にお店や地図の検索、SNSなどができてとても便利ですよ!

料金も決して高くなく、たとえばハワイ専用の高速Wi-Fiレンタルのアロハデータ(ALOHA DATA®)なら、無料でルーターを自宅に届けてくれるうえ1日わずか690円から借りられます。

1つ借りれば同じ場所にいる家族や友達とも一緒に使えて便利ですよ。

電話回線を使って日本にかける場合

ハワイで電話回線を使って自分のスマホから日本へかけることもできます。

でも気になるのが料金ですよね。

大手キャリアの場合、ハワイや日本に電話をかけるとそれぞれ次の通話料金がかかります。

ハワイで電話をかけた場合の1分ごとの通話料(2019年12月時点)
キャリア ハワイ内 日本向け その他の国向け 着信
NTTドコモ» 125円 140円 265円 175円
au» 120円 140円 210円 165円
ソフトバンク» 125円 140円 210円 175円

 

キャリアによって多少の違いはあるものの、国際ローミング(契約中のキャリアのサービスエリア外で、提携先の事業者のエリア内にでサービスを利用すること)となるため、やっぱりそこそこ高いですよね。

やむを得ずかけるとしても要件のみで済ませるのが良さそうです。

仕事などで頻繁に電話をかける予定の場合は、利用中のキャリアの海外通話定額プランなども調べてみてはいかがでしょうか。

スマホから日本へ電話をする方法
  1. 「0」ボタンを長押しして「+」を入力します。
  2. 81(日本の国番号)を入力します。
  3. 相手の電話番号から先頭の「0」を除いた番号を入力します。

例)固定電話045-123-4567にかける場合 → +81-45-123-4567

例)携帯電話090-1234-5678にかける場合 → +81-90-1234-5678

でも実は、ハワイから日本の固定電話や携帯電話に無料でかけられる方法があるんです!

固定電話へも無料でかけられる「LINE Out Free」

LINEの音声通話機能を使えば無料で通話ができますが、これは相手もLINEユーザーの場合に限られますよね。

でもLINEが提供する関連アプリ「LINE Out Free」(IP電話サービス)を使えば、ハワイから日本の固定電話やガラケー(フィーチャーフォン)にも無料で電話がかけられるんです!

 

LINE Out Freeの特長

  • はじめに30秒間の動画広告を見ると「1日最大5回」使用できる
  • ハワイから日本の「固定電話に1回3分」まで無料でかけられる
  • ハワイから日本の「携帯電話に1回1分」まで無料でかけられる
  • 制限時間20秒前にリンという音で合図され、制限時間になると通話が切断される
でも、使い方が分かりづらい・・・。

LINE Out Freeは専用アプリを追加するわけではなくLINEアプリ内から利用できます。

ただ、LINEとしては積極的に使って欲しくないサービスのようで、かなり奥底にあります。

しかもサービス開始以来その場所もコロコロ変わっていますので、利用時にまた変わっていたら自力で見つけてください。苦笑

1.LINEのホーム画面上部で[サービス]アイコンをタップする

LINE OUT Freeの場所

2. 次にサービス画面内の右下にある[その他のサービス]をタップする

LINE OUT Freeの場所

3. LINE OUT Freeのアイコンを見つけてタップする

LINE Out Freeは無料通話できる

 

また無料で使えるLINE Out Freeのほかに、有料でもっと長時間通話ができるLINE Outもあります。

有料と言ってもとても格安で、たとえば30日プランの場合、日本の固定電話&携帯電話に120分かけられるプランが720円となっており、1分あたり6円でかけられます。

上でご紹介したキャリアの国際電話料金と比べてたら、ウソみたいな安さです!

 

もちろん、ハワイから日本にかける場合だけでなく、日本国内や他の国向けの通話にも利用できます。

詳しい利用方法や料金についてはLINE Outの公式サイトで確認してみてください。

≫LINE Outとは?(公式サイト)

ハワイでは「着信」にも要注意!

実は、ハワイでもっとも気をつけたいのが「着信」です。

ハワイ(海外)では電話をかけた方だけでなく、電話を受けた方にも「着信料」として料金負担が発生するのです。

 

聞いた話ではローミング事業者によっては、電話に応答をしなくても一定時間呼び出しただけでも着信料が課金されることもあるそうです。

そのため、ハワイでは飛行機を降りてからもなるべくなら機内モードのままにしておき、着信が来ないようにすることをおすすめします。

機内モード設定

歩きスマホにご注意!

ホノルルでは道路横断中の歩きスマホが2017年10月25日から違法となりました。

スマホ(タブレット含む)を見ながら、あるいは操作しながら横断歩道を渡るのはNG行為です!

違反すると罰金が科せられることになりますので十分ご注意くださいね。

ハワイと日本の時差にも気を付けよう

ハワイと日本では大きな時差があり、日本の方が19時間進んでいます。

たとえばハワイが1月1日の朝9時だとすれば、日本は1月2日の早朝4時です。

かける時間を間違えると、日本ではまだ就寝中!なんてことになりますので十分気を付けてくださいね。

ハワイの公衆電話から→日本への電話のかけ方

ハワイの公衆電話から日本へかける

 

携帯電話(スマホ)を利用せずに、ハワイの公衆電話からダイレクト通話(011+81+相手の電話番号)で日本にかけるのはかなり高額なのでおすすめしません

もし日本にかける機会が多いなら、割安で電話ができるKDDIスーパーワールドカードなどプリペイドカードを使った通話がおすすめです。

 

KDDIスーパーワールドカードは国際電話専用のプリペイドカードとなっており、ハワイから日本へは、たとえば固定電話向けなら1分60円、携帯電話向けなら1分110円でかけられます(※)

(※)昼間(8~19時)にかけた場合。3分以上の通話でさらに割安になります。

 

KDDIスーパーワールドカードはコンビニなどでも買えますが、アマゾンなら3600円券が2千円台で手に入るのでお得ですよ!

購入するときは、販売されているカードの有効期限をお確かめくださいね。

 

KDDIスーパーワールドカードの使い方などの詳細は公式サイトでご確認ください。

KDDIスーパーワールドカードの公式サイト≫

ハワイの公衆電話から→ハワイ内への電話のかけ方

ハワイ内の通話

 

ハワイ滞在中にレストランやオプショナルツアーの予約などで電話をするなら、安くかけられる公衆電話がおすすめです。

硬貨を投入して使うのが一般的で、5¢、10¢、25¢の3種類のコインが使用できます。

お釣りは出ませんので、気をつけてお金を投入してくださいね。

アメリカ硬貨

公衆電話で市内通話(オアフ島内)をする方法

オアフ島内の市内通話料金(ローカルコール)はわずか50¢!

しかも通話時間の制限はナシ!なんです。

市内通話(オアフ島内)の方法
  1. 受話器を取って発信音がすることを確認します。
    (もし発信音がしない場合、その電話は壊れています)
  2. 50¢分のコインを入れます。
  3. 相手の電話番号をプッシュします。(市外局番にあたるエリアコードは不要)
    例)808-123-4567の場合 →123-4567をプッシュする。日本の市内通話と同じ要領です
  4. 通話が終わったら受話器を元に戻します。

※ハワイ島からハワイ島内、マウイ島からマウイ島内へなどの通話も同様です。

 

なお、スマホ→ハワイ内の無料通話にも上でご案内したLINE Out Freeが利用できますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

≫LINE Outとは?(公式サイト)

公衆電話で市外通話(ハワイの離島やアメリカ本土)をする方法

オアフ島からマウイやカウアイなどの離島へ、およびアメリカ本土への電話は、日本でいう「市外通話」となり、かけ方がちょっと変わります。

公衆電話からの市外通話(離島や米国本土)の方法
  1. 受話器を取って発信音がすることを確認します。
  2. 初めに1を押してから、相手の電話番号を市外局番(エリアコード)からプッシュします。
    例)808-123-4567の場合 →1-808-123-4567をプッシュする。
  3. 「Please deposit ○ cents 」(プリーズ・ディポジット・○センツ=○セント入れてください )と、音声ガイダンスで料金が案内されるので、指定された料金を投入します。
  4. 通話が終わったら受話器を元に戻します。

※ハワイ島からオアフ島へ、マウイ島からハワイ島へなどの通話も同様です。

ハワイのホテルからの通話

 

ホテルの客室に設置されている電話からは市内通話(オアフ島内)、市外通話(離島など)、および国際電話ができます。

便利なので気軽に使いたくなってしまいますが、通話料とは別に1回あたり1~2ドル程度の手数料が加算されます。(滞在するホテルにより異なります。)

 

このため、なるべくなら公衆電話(あるいはLINE Out)の利用がおすすめです。

電話のかけ方は、まずはそのホテルが指定する外線発信番号(7や9が多いです)に続けて、相手の番号をプッシュすればOKです。

なお、ホテル客室の電話の場合もKDDIスーパーワールドカードを使って日本へかけることができます。

まとめ

さて、ハワイでの電話の使い方のポイントをおさらいすると次のようになります。

  • ハワイから日本へ電話をかけるならLINEやSkypeなどの無料通話がおすすめ
    アロハデータなどでWi-Fiルーターをレンタルしておくと便利
  • スマホから電話回線を使って日本へかける場合、大手キャリアでは1分ごとに140円の通話料がかかる
  • スマホプリ(IP電話サービス)LINE Out Freeを使えば、ハワイから日本の固定電話や携帯電話(ガラケー)に数分間無料でかけられる
  • ハワイの市内通話(オアフ島内)は制限時間なしで50セントでかけられる
  • ハワイの公衆電話やホテル客室の電話から日本へ普通にかけるのはかなりの高額になるため、割安でかけられるKDDIスーパーワールドカードなどのプリペイドカードの利用がおすすめ
  • ホテル客室の電話を使用すると1~2ドル程度の使用料が加算されるのでなるべく使わない方がいい

 

いろいろ書いてありますが、スマホをお持ちならやっぱり

Wi-FiルーターをレンタルしてLINEやSkypeなどを使うのがベスト

です。

 

もちろん通話だけでなく、フツーにLINEなどでメッセージをやりとりすることも可能です。

私たちもWi-Fiルーターをレンタルしたのですが本当に便利でした。

というか、これだけ毎日スマホを使っていると、ハワイでも日本と同じようにスマホが使えないととても不便に感じてしまうものです。

 

やっぱり現地でもいろんな調べ物をしたり、Googleマップを見てナビ代わりにしたりなど、使う機会はとても多いからです。

Wi-Fiルーターのレンタルは各社ありますが、アロハデータの690円を筆頭にどこも1日1,000円以下で借りられますので、下記ページも参考にして検討されてみてはいかがでしょうか。

ハワイ旅行でレンタルWi-Fi(ワイファイ)は必要?|アロハデータがおすすめな理由